未分類

この記事の原文より誤報との報告がございました。:エチオピア、カルダノに基づく国家の身分証明書システムを開始

UPDATE: IOGのパートナーから連絡があり、”現在、平和省とは連携していないことが確認できた “とのことです。アフリカ関連のニュースは控えていますが、現時点では準備の整った発表はありません。記事の根拠やRedditスレッド、現地での報道は、あくまでも憶測に基づくものであり、情報を得た上でのものである。アタラPRISMはデジタルアイデンティティシステムの根拠ではありません。

ついに”「Coming Birds」の第1号がエチオピアに上陸した。”とビッグニュースを下記のCRYPTO NEWS FLASHの記事は報じています。システムは「ATALA PRISM」を採用、エチオピア政府はこれをFacebookで投稿。ただし、IOGとCEOのチャールズ・ホスキンソン氏からの確認はまだ保留されているようだ。

またこの重大な国家が証明する個人情報のは下記のようにプライバシーについて次のように語っている。

主権者のアイデンティティは政府が発行するものではありません。むしろ自分自身に与えられるものである。携帯電話を使って(携帯電話のカメラで撮影した写真を使って)登録すれば、すでにシステムに登録されており、あとは政府機関があなたの主張を証明するだけである。

これは紛れもないビッグニュースだ。現在エチオピアの人口は、2018年の統計で1.092億 とされている。


以下の記事はCRYPTO NEWS FLASHの記事「Ethiopia launches national identification system based on Cardano」を品訳したものです。

エチオピア、カルダノに基づく国民識別システムを開始

エチオピア平和省は、国家の身分証明書システムの立ち上げを発表した。
現地の報道によると、このシステムはカルダノの「アタラPRISM」をベースにしたものであることが確認されている。

チャールズ・ホスキンスン氏の「Coming Birds」の第1号がエチオピアに上陸した。ここ数日、カルダノの発明家は、今後の発表に鳥の例えを何度も使ってきた。そして、エチオピア平和省が昨日フェイスブックを通じて発表したように、国家の識別システムが最初の “ビッグニュース “となるようだ。

CNFが報じたように、IOGのアフリカ事業部長ジョン・オコナー氏は2週間前、世界最大規模のブロックチェーンのアフリカ展開について仄かした。オコナー氏によると、IOGはエチオピアで数百万人のユーザーをカルダノブロックチェーンに乗せるための政府契約の最終段階にあるという。また、以前にリークされたのは、それがデジタルアイデンティティソリューションであるということでした。

Facebookの投稿は、メッセージがエチオピアの公用語であるアムハラ語で書かれているため、言葉の壁があり、最初はIOGとカルダノについて言及していなかったが、今ではこのニュースを確認しているように見える。

カルダノのAtala PRISMがベース技術

平和省によると、“One Man is One “をスローガンに今週、初のパイロットテストが成功した。このシステムには、基本的な個人情報(フルネーム、生年月日、性別、国籍、現住所)のほか、生体情報(写真、指紋、眼球)が保存されている。“このシステムは、カードだけでなく、デジタル技術を駆使した生体認証システムでも本人確認が可能です。”と発表では述べています。

また、同省は「様々なサービス事業者が、安全かつ迅速に顧客にサービスを提供できるよう、自社のシステムをこの基本システムに統合する」と発表している。国レベルでのシステム導入に必要な資源をさらに動員するために、利害関係者との協議が進められている」と発表している。

アフリカの国の市民は、スマートフォンで写真を撮り、必要なデータを端末に入力するだけで登録できるようです。エチオピア政府は、インセンティブとして、登録のための金銭的な報酬を提供している。あるコメンターは次のように述べている。

主権者のアイデンティティは政府が発行するものではありません。むしろ自分自身に与えられるものである。携帯電話を使って(携帯電話のカメラで撮影した写真を使って)登録すれば、すでにシステムに登録されており、あとは政府機関があなたの主張を証明するだけである。

しかし、この認証作業は市民に先送りすることができます。それは、市民がケベル、イディール、教会、友人や家族を介して、お互いに認証するためのものです。市民の認証プロセスをインセンティブを与えることによって(つまり、各正しい検証のために少額を支払い、ミスリードしようとする試みを罰することによって)、カメラを装備した携帯電話を持っている人は誰でも、携帯電話を持っていない他の人をオンボードすることによってお金を稼ぐことができます。

現地取材のFacebook投稿の下にある多くのコメントで確認されているように、このシステムの基盤となっているのはカルダノをベースにしたソフトウェアAtala PRISMである。IOGの技術は、人々が個人データを所有し、シームレスに、プライベートに、そして安全に組織と対話することを可能にする分散型のアイデンティティソリューションです。

ただし、IOGとCEOのチャールズ・ホスキンソン氏からの確認はまだ保留されている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。