ニュース, ブログ, ...

機関投資家は価格低迷の中、カルダノとXRPへのアロケーションを増加させる

CoinSharesのデジタル資産月次ファンドマネージャー調査により、投資家はイーサリアムの投資配分を減らして、その代わりカルダノ、XRP、ポルカドットへのデジタル資産の配分を増やしていることが明らかになりました。

これについてZycryptoが詳しく伝えています。

以下はZycrypto.comに掲載された記事「Instutional Investors Boost Allocation to Cardano and XRP Amid Price Weakness」を翻訳したものです。

機関投資家は価格低迷の中、カルダノとXRPへのアロケーションを増加させる by Zycrypto

by Erie Maxwell 2022年6月15日

機関投資家、価格低迷の中、カルダノとXRPへの配分を強化

CoinSharesのデジタル資産月次ファンドマネージャー調査により、投資家はイーサリアムを犠牲にしてカルダノ、XRP、ポルカドットへのデジタル資産の配分を増やしていることが明らかになりました。

投資家は、デジタル資産をポートフォリオに追加する主な理由として、投機的な理由、優れた価値、分散型台帳技術の成長を挙げています。

イーサリアムと比較してカルダノとXRPへの投資家の関心が高まった背景には、投機や投資家心理から、それぞれのブロックチェーンにおける最近の開発者の活動まで、様々な要因が考えられます。

イーサリアムと比較して、カルダノとXRPの史上最高値の潜在的上昇幅が大きいことは、投機家にとって、長期的ではあるが、資産配分をこれらのデジタル資産に向ける動機になり得る。

イーサリアムは、設計上、他のアプリケーションをその上に構築できるオープンソースのプラットフォームとして構築されました。イーサリアムはスマートコントラクトの先駆者であり、他のブロックチェーンに対して先発者としての優位性を持っていました。その結果、イーサリアムのプラットフォームは、取引件数の増加とともに年々急成長を遂げました。しかし、このプラットフォームのスケーラビリティの課題は、特にネットワークのピーク時にガス料金の上昇を招く結果となりました。ブロックチェーンプラットフォーム間の相互運用性の欠如も、イーサリアムネットワークの欠点でした。

上記の課題の解決は、最終的にいわゆる「イーサリアム・キラー」ブロックチェーンの概念につながった。競合するブロックチェーンは、イーサリアムプラットフォームが直面する課題を克服するために、すぐに開発されました。これらのブロックチェーンには、カルダノ、ポルカドットなどが含まれます。これらのブロックチェーンでは、さまざまな開発が行われました。

2021年9月のカルダノ・ネットワークにおけるAlonzoアップグレードは、完全に機能するスマートコントラクト機能を提供し、NFT(Non-Fungible Token)の鋳造と複数の分散型アプリケーション(DApps)の実行を可能にしました。高速化と取引コストの低減により、カルダノのエコシステムはイーサリアムネットワークの直接の競合相手となりました。取引費用の高さとスケーラビリティの課題が、投資家の資金をイーサリアムを犠牲にしてカルダノに流入させる一因となった可能性がある。

Electric Capital Developer Report 2021によると、ポルカドット・エコシステムは最大かつ急速に成長しているエコシステムの1つであり、毎月250人以上のアクティブな開発者がいたとのことです。Polkadotのエコシステムは、同じ時点で、イーサリアムネットワークよりも速く成長していると報告されました。これは、イーサリアムネットワークと比較して、ポルカドット・エコシステムへの投資家資金の流れに影響を与えた可能性があります。

リップル社は、2020年後半から米国証券取引委員会(SEC)との間で、SECがリップル社がXRPトークンの販売を通じて違法な証券募集を行ったと主張する法廷闘争を続けています。最初の裁判の判決は、SEC に対する勝訴に向けてリップル社の潮流に乗っているように見えます。投機筋は、リップル社が SEC に勝訴した場合、XRP の価格が上昇することを期待しています。したがって、XRP に対する投資家の信頼が強化されます。

イーサリアムからカルダノ、ポルカドット、XRPへのさらなる資金流出を期待すべきでしょうか?さて、好まれるブロックチェーンになるための競争は加熱する一方です。開発者の活動は、ブロックチェーンをより効率的で安全なものにするために、ブロックチェーン全体で激化することが予想されるだけです。

2022年5月、イーサリアムの平均送金ガス料金は、1取引あたり3ドルを下回る10カ月ぶりの低水準に落ちました。これはイーサリアムネットワークのユーザーにとって歓迎すべきニュースでしたが、このガス料金の水準がいつまで維持されるかは依然として不明です。暗号の専門家の中には、ガス料金の低下は、最近の暗号市場の低迷により、イーサリアムネットワーク上の取引数が減少したことに起因すると考えている人もいます。

イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin氏は、待望のイーサリアムマージアップグレードが2022年8月に設定されていることを明らかにしました。このアップグレードは、イーサリアムがProof of WorkからProof of Stakeのコンセンサスメカニズムに移行することを意味します。イーサリアム・マージ・アップグレードは、イーサリアムネットワークが競合ブロックチェーンに対する先行者利益を拡大するために必要な火種となる可能性が高いです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。