エポックな日々, ニュース, ...

成長し進化を続けるProject Catalyst:Found9ガイドライン:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック361

成長し進化を続けるProject Catalyst:Found9ガイドライン

Project Catalystとは?

9月6日よりカルダノのProject Catalyst Fund9の投票がスタートしました。9月19日まで投票受付中となります。

Project Catalystの目的は、カルダノの未来を創造し、資金を提供します。 Project Catalystは、最高レベルのコミュニティイノベーションを生み出すことを目的とした一連の実験です。

カルダノロードマップの最後の天蓋となるVoltaire(ボルテール)により、Cardanoネットワークが自給自足型システムとなるために必要とされる最後のパーツが組み込まれます。投票システムとトレジャリーシステムの導入により、ネットワーク参加者はステークと投票権を使って、ネットワークの将来の開発に影響を及ぼすことができるようになります。この投票システムとトレジャリーシステムにあたるものがProject Catalystです。

Project Catalystは、2020年9月17日よりスタートし、これまでにFoud8を数えています。現在世界最大の分散型イノベーションファンドの1つにまで成長しており、カルダノコミュニティが推進するエコシステム開発とイノベーションの中心的存在となっています。

カルダノコミュニティが解決してほしい課題とそれを解決する提案の両方について投票できるようにすることで透明性を確保し、流動的な分散型民主主義の確立を目指しています。

カルダノネットワークが真に分散化されるために、Project Catalystでは、ネットワーク参加者にカルダノの改良案を提示する能力が付与されます。提案は、ステーキングや委任に使用される既存のプロセスを活用した、ステークホルダーによる投票システムにより実行の可否が決定されます。

Catalystの資金調達は、資金調達として既に割り当てられている新規発行のADA、ステーキングによってもたらされた報酬及び取引手数料の20%、寄付によるものから調達されており、投票プロセスに従って決定される開発のための資金を提供します。

現時点でカルダノ・トレジャリーの残高は、10億ADA(ONE BILLION)の大台に乗っており、現在の為替レート(2022年8月29日)ではほぼ4億3700万ドルに相当する額となっています。

カルダノ・コミュニティによる分散型民主主義の実現

カルダノが真に分散化を果たすということは、その将来はIOHKの管理下から離れてコミュニティの手に100%委ねられることを意味しています。

Catalystは、コミュニティが成長のための優先順位を自己決定できるようにすることで、カルダノ・ブロックチェーンにオンチェーンガバナンスを導入しています。また、参加者は、カルダノのライフサイクルで発生する課題に取り組み、その機会を活用する提案に資金を投入することができます。

このため、Project Catalystは、6週間ごとに展開される一連のファンドに分割されています。これらのファンドは、参加者から提案という形でアイデアを募ります。

各提案は、Project CatalystチームまたはProject Catalystコミュニティによって出された課題を中心に行われます。提出された提案は、コミュニティの洗練されたプロセスを経て、実現可能性、監査可能性、インパクトについて、インセンティブを与えられた提案評価者グループによって吟味されます。最終決定後、コミュニティによる投票が行われ、当選したプロジェクトにADAという形で資金が分配されます。

Fund9は1,600万ドル相当のADAが配布

今回のFund9では1,000件以上の提案が提出され、カルダノコミュニティから1,600万ドル相当のADAが配布される予定です。

ちなみにSIPOもアドバイザーとして参加しているSymons Labのイザナミ(Aプラン)もFound8に参加し、資金を獲得しています。

今回、Project Catalyst Found9について、reddit.comに掲載された記事「Cardano’s Project Catalyst: Fund9 – Voting is OPEN. Cast your votes until Sep 19」を中心に翻訳・編集し、まとめましたのでご参考ください。

また、有用なその他のガイドとして、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

Catalyst登録・投票方法
Catalystプロジェクトについてよくある質問
Project Catalystから獲得した報酬を確認する方法

Project Catalyst Found9の提案はどこでみれるか?

最新のシリーズCatalyst Project Fund9の提案についての詳細は、下記のサイトでチェックできます。

Ideascale
TG announcements channel 
TG catalyst chat (現在英語のみ)

また、Fund9の投票とアップデートについて語った8月31日のタイムスタンプ付きタウンホールスライド&レコーディングについても、英語ですが下記のURLから閲覧することができますのでご参考ください。

📅Found9タイムライン

Fund9の投票者タイムライン下記の通りです。

CatalystプロジェクトFund9 (日本時間)Fund10 (日本時間)
登録期間 *1スナップショット日まで登録可
登録終了日 (スナップショット日) *22022年8月4日20:002022年11月4日20:00
投票開始日 *32022年9月6日00:00未定
投票終了日2022年9月20日00:00未定
報酬付与日 *4未定未定
⚙️ 投票登録が可能な方

基本的にADAホルダーは、下記の条件を満たすことで誰でも参加することが可能です。

投票が初めての方で、2022年8月4日20:00までに有権者登録を済ませていない方は、Fund9ではもう投票に参加することはできませんのでご注意ください。今登録すると、最短でFund10からの登録になります。

ただし、Fund4もしくは以降に登録した場合、同じQRコードとPINコードを引き続き使用することができ、再度登録する必要はありません。

登録は継続的に行われ、いつでも新しいQRコードとPINコードを生成することができます。

重要なことは、ファンドごとに行われるスナップショット日に注意し、現在のアクティブな投票ラウンドに参加できるかできないかを知ることです。このスナップショットは通常、投票期間の1~2週間前に行われ、あなたの投票権の重さを決定します。

*投票権スナップショットは、8月4日午前11時(UTC)にFUND9に対して既に行われました。

参加資格

  • Daedalus/Yoroウォレットを委任しておく必要があります(ステークプールに委任する方法を参照)
  • Fund4もしくは以降に登録した場合、同じQRコードを引き続き使用することができます。再度登録する必要はありません。
  • 議決権(Voting Power)のスナップショットはFund毎に行われます。スナップショット時にウォレット残高が500ADA以上ある必要があります。
  • 投票開始時にはQRコードとPINを使用する必要があります。QRコードとPINがない場合投票には参加することはできません。
  • 報酬の分配:報酬が支払われると、ウォレットのトランザクション履歴にトランザクションは表示されません。報酬は支払い(受け取り)アドレスではなく、報酬アカウントに送信されるため、報酬の残高が増加します。
  • CLIで生成されたウォレットの場合、ステークキーを登録する必要があります。詳細については、ProjectCatalystから獲得した報酬を確認する方法を参照してください。

重要:以前のファンドで登録し、投票することができた場合、あなたの登録は自動的に次のファンドのラウンドで有効になります。新しいQR/PINコードを取得する必要はありません。QRコードを再スキャンするだけで、ウォレットに再ログイン/接続することができます。アプリをアンインストールし、新しいアプリをインストールした後、QR/PINコードを使用してウォレットをスキャンし、再び接続する必要があるかもしれません。この段階では、新しいコードは生成しないでください。

🗳️登録・投票の方法:Project Catalystの投票アプリ

登録および投票方法の詳細は、『Catalyst登録・投票方法』がわかりやすいのでご参考ください。

投票を行うには、Project Catalystの投票アプリをインストールし、投票する必要があります。投票の際は、⚠️必ず最新版を再インストールまたはアップデートしてください。⚠️

投票におけるいくつかの注意点

  • QRコードやPINコードがないと、投票できません。
  • QRコードとPINコードはアプリにログインする際に必要です。
  • PINコードは、ログイン後の投票確認に必要です。
  • 必ず両方のバックアップをとってください。

Project Catalystの投票アプリ(公式アプリのみ使用可)

iOS版
v0.1.21 – https://apps.apple.com/app/id1517473397
iPhone7以降のみ対応

アンドロイド
v0.1.21 – https://play.google.com/store/apps/details?id=io.iohk.vitvoting

アップデート後、QRコードで再ログインできない場合は、古いアプリをアンインストールする必要があるかもしれません。現在のファンディングに役立たないので、この段階で新しい QR コードを生成しないでください。

🥳 今回の投票アプリの新機能は?

登録とオンボーディング

検索とフィルター

注意:現在の検索バージョンでは、提案全体を端から端まで検索することはできません – 投票アプリ内で表示されるフィールドのみです。

ナビゲーション&投票

プライバシーモード


マイウォレットID

  • トラブルシューティングの際にコピー機能でサポートデスクに簡単に共有できます。
  • ウォレットIDは、登録時にカルダノ・ブロックチェーン上に公開されるメタデータの一部です。これにより、あなたのウォレットが正しく登録されているかどうかを確認したり、あなたの投票権を照会したりすることができます。資金を移動したり、投票に使用することはできません。あくまでサポート目的です。

今後のアプリのアップグレードの予定

今後のファンドの主な目的は、エンゲージメントを促進し、フラストレーションを軽減し、オンボーディングを合理化するために、ファンドサイクル全体にわたってアプリをより使いやすくすることです。

現在進行中の開発は以下の通りです。

  • QR/PIN専用の既存パスの次のイテレーションとして機能するWallet dAppコネクター
  • デスクトップ体験を可能にするウェブアプリケーション/dApp
  • スナップショット/投票以外の毎日の投票権更新
  • 投票とdRepsの委譲
  • メッセージングと全体的なUXフローを強化するための継続的な作業
⚡ 投票力について

投票権は、2022年8月4日@11AM UTCに行われたスナップショット時に保有・登録していたadaの量を表しています。

  • 500 ada = 500 投票権
  • 5,000 ada = 5,000の議決権
  • 50,000 ada = 50,000の議決権
🤓いくつかの重要なFAQ

投票権がウォレットに表示されている値より少ないのはなぜですか?

  • 未請求の報酬は投票権に含まれないため、このような違いが生じます。
  • ステーク(賭け金)は投票権の妨げになりませんが、その逆も同様です。
  • 1つの提案にだけ投票することも、すべての提案に投票することも、その中間の提案に投票することも可能です。制限はありません。
  • 投票することで自分のadaを使ったり、どこかに送ったりすることはありません。
  • 投票権はあなたの実際のadaのCOPYで、CatalystのサイドチェーンJormungandrでやりとりされます。


あなたの投票は、以下の通りです。

  • YES票(賛成)、NO票(反対)、ABSTAIN(何もしない)。
  • ブロックチェーンに投票しない限り、締め切りまでいつでも投票内容を変更することができます(「My Selection」セクションに表示されます)。
    一旦ブロックチェーンに票を投じると、もうこれらの議案に対する票を変更することはできません。
  • 一度「はい」または「いいえ」で投票すると、「棄権」に戻すことはできません。
  • あなたが投票するたびに、あなたが選んだ議案にあなたのすべての投票権が適用されます(バッグをパンチするときのあなたのパンチ力の合計をイメージしてみてください)。
    あなたの投票権が500adaで、あなたがYESに投票した場合、500adaが正投票に加算されます。
    あなたの投票力が500adaで、あなたがNOに投票した場合、500adaが反対票に加算されます。
    あなたの投票権が500adaで、あなたが投票を選択しなかった場合、何も起こりません。
    あなたが投票したときに、あなたの投票力が差し引かれることはありません。常に同じです。
  • 最終的に、すべてのマイナス票をすべてのプラス票から差し引き、最終的な投票数を算出します。
    参加投票権の少なくとも1%が提案に投票しなければなりません。
    賛成票が反対票を上回り、15%以上の賛成票を獲得した提案のみが資金提供の対象となります。
    投票数が上位の提案は、次の提案に要求された金額の資金を提供するのに十分な投票数がなくなるまで、資金の利用可能性に基づいて資金が提供されます。
  • この間、投票にかかる取引手数料は無料です。
    投票はメインネットではなく、サイドテストのブロックチェーン「Jormungandr」で行われる
    現在の形式では、ライブ投票の進行状況を確認することはできない
💰投票者リワード
  • 総ファンドの13%-208万ドルのADAを参加する全投票権者に分配(個人のada保有量との相対関係)。
    投票者報酬を受け取るには、投票を行う必要があります。
  • 投票がなければ、報酬はありません。
  • 分配額はウォレットごとではなく、ADAごとに決定され、すべての投票が行われるまでわかりません。
  • Fund9 リワードの配布は、10月中旬に登録したウォレットに戻される予定です。
  • 投票者の報酬を受け取るためには、遅くとも報酬配布時までにウォレットにステーク(賭け金)が設定されている必要があります。
  • 過去のファンドリワードとその見方について不明な点があれば、こちらの投稿をチェックしてみてください。
🔎 今回のFund9ではどのようなプロジェクトに投票しますか?

カルダノのエコシステムの将来の方向性を決定するため、時間をかけて自分の投票の選択肢を理解することが重要です。

Catalystプロジェクト(提案については)の詳細下記のサイトでチェックできます。
ideascale
TG announcements channel 
TG catalyst chat (現在英語のみ)

またプロポーザル(提案)がどこから来るのかを理解したい場合はこちら(英語のみ)もご参考ください。
https://bit.ly/Catalyst-Proposal-Journey

🛠️ コミュニティ投票ツール

多くの提案が存在し、あなたの注意と票を競い合っていることを知ることは、威圧的なタスクとなり得ます。幸いなことに、これらの選択をする際に役立つコミュニティツールがあります。ここでは、そのいくつかを紹介する。

注)投票には、公式の投票アプリが必要です。上記のツールではできません。

スコアリング/ランキング

注:各提案には、1~5個の星が付けられたランク付けがされています。この評価は、提案評価者(PA)が全提案をレビューした結果を表しています。PAは各提案を検討し、IMPACT、AUDITABILITY、FEASIBILITYの3つのカテゴリーについて、以下のスケールでランク付け/採点するよう求められました。

(1)強く反対する
(2)そう思わない
(3) 賛成でも反対でもない
(4)そう思う
(5)強くそう思う

このスコアは、3つのカテゴリから平均化され、現在アプリ内で有効なすべての参加PAの最終スコアになります。これらはガイドラインであり、あなた自身の理解や調査に基づいて提案を自由に選択できることを心に留めておいてください。投票者の意思決定を支援する有用なツールとして考えてください。より詳細な情報は、「課題申請者ガイドライン」をご覧ください。

もしプロポーザルツーアーについてもっと詳しく知りたい場合は、Proposal Assessor Guidelines.をご覧ください。

また、監査/監督に参加したい場合は、このCall to Actionをチェックして、申し込んでください。

💡 12の定期的な資金調達のカテゴリー/テーマ

約1,166件の提案が、それぞれ独自のカテゴリーに分類され、あなたの承認を求めています。その中には61の課題設定型と36のCardashift – Catalyst Natives型が含まれています。

📌 チャレンジセッティング部門

12,800,000円の資金を用意。Fund10期間中に61のチャレンジが提案されています。


注:これらは実際のプロジェクトの提案ではなく、Fund10期間中に誰でも実際の提案を提出することができる、コミュニティ主導のテーマ選択です。これにより、Cardano コミュニティは、資金分散の方向性について投票することができます。

Fund9 🏠ゴール

どのようなガイダンスを使えばいいのか気になりますか?以下のスクリーンショットにあるように、Catalyst Fund9 Strategic goalsを検討することができます。これらは、現在のファンドの最終的な形を形成するのに役立った公開投票によって、コミュニティのセンシングを通じて起草されたものです。

👀 wenNext Fund10?

10月下旬〜11月上旬に暫定的にインサイトステージを開始する予定です。

Project Catalystについて便利なリンク

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック361

カルダノ(ADA)Vasilハードフォークの公式日程が9月22日に決定!
カルダノ(ADA)のDeFiエコシステムは、競合に対する一つの大きな優位性を持っている:コミュニティ

分散型アプリケーション(dApps)のカルダノ(ADA)エコシステムは、主要なライバルに対して1つの大きな優位性を持っているとカルダノ・コミュニティが伝えています。

VCの影響を受けないDeFisを構築しており、カルダノ(ADA)のdAppsファミリーが日々急増しています。

カルダノ(ADA)競合他社を凌ぐ大きな強みはコミュニティ。Vasil前に振り返りたい活発な開発と功績の数々…!
Vasilのビッグアップグレード後にCardano(ADA)に来るものはこれだ:創設者チャールズ・ホスキンソン

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏は、自身の動画『Vasil is Coming September 22nd, 2022』で、Vasilは本当に始まりに過ぎないとし、将来、カルダノは世界の「金融オペレーティングシステム」に変貌すると、Vasil後に起こるカルダノについて述べています。

カルダノが世界最大のDAppストア『DappRadar』に登場

リトアニアに拠点を置く世界最大のDAppストアであるDappRadarが、Cardanoブロックチェーンをサポートすることを発表しました。

Vasilメインネットの立ち上げに先立ち、Cardanoがネットワークパフォーマンスのピークに到達

Cardanoコミュニティメンバーであり、ステークプールの運営者でもあるRick McCracken DIGI氏のツィートによると、Cardanoノード1.35.3は、400以上の報告ノード全体で99.77%であり、非常に高性能なネットワークを実証しており、Rick氏の観測では、通常97~99%だったと伝えています。

カルダノ(ADA)、ソーシャルボリュームとマーケットアクティビティが高い暗号として3870件中1位にランクイン

ツィッターで28万のフォロワーを誇るLunarCrushが、ソーシャル+マーケットの相対的な複合アクティビティに基づき、Cardanoはマーケット全体のトップ3870コインのうち、AltRank™ 1を達成したと伝えています。

カルダノADAここ一週間で12.31%の上昇、CoinMarketCapの時価総額トップ10に含まれるすべての競合他社を上回る
Vasilハードフォークを前にDEXがTVLで2,525%の成長を記録し、カルダノの総価値が上昇にロックオン

Cardano Dailyが行ったツイートでは、Vasilメインネットの立ち上げ日が発表されて以来、CardanoのTVLがプラスの伸びを示していると報告しています。

また、Vasilハードフォークのニュースは、Cardanoの様々な側面にポジティブな影響を与えており、ADAの価格は順調に伸びており、投資家は今後数日で資産価格がさらに急騰すると予想しています。

カルダノ(ADA)3870銘柄のうちソーシャルボリュームと市場活動で第1位を獲得!!

ステーキング状況 in エポック361

エポック362開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック361ステーキング報告
SIPOエポック361ステーキング報告
SIPO2エポック361ステーキング報告
[SIPO2]は4600個目のブロック生成に成功
SIPO3エポック361ステーキング報告

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。