ニュース, 投稿記事, ...

Kiayias教授:カルダノがユニークなのは、相互運用性を念頭に置いて作られているから

IOGのチーフサイエンティストであるAggelos Kiayias教授が、「Cyber Protection Magazine」のインタビューの中で、ブロックチェーンの相互運用性、エネルギー消費、セキュリティについて語り、特にBitcoin、Dogecoin、Cardano、量子暗号について議論した内容をCryptoglobe.com伝えています。

07Jun 2021:「Cyber Protection Magazine」のインタビュー、ブロックチェーン技術の安全性と未来について

以下はCryptoglobe.comに掲載された記事「Professor Kiayias: ‘Cardano Is Unique Because It Was Built With Interoperability in Mind’」を翻訳したものです。

Kiayias教授:カルダノがユニークなのは、相互運用性を念頭に置いて作られているから

By Siamak Masnavi 2021年6月6日

ブロックチェーン技術企業IOHKのチーフサイエンティストであるAggelos Kiayias教授が、ブロックチェーンの相互運用性、エネルギー消費、セキュリティについて語り、特にBitcoin、Dogecoin、Cardano、量子暗号について議論しました。

Kiayias教授のコメントは、「Cyber Protection Magazine」(サイバーセキュリティについて「C-suiteやビジネスリーダーが理解できる言葉で」論じている出版物)のインタビューの中で述べられたもので、6月4日(金)に記事として掲載されました。

既存のブロックチェーンのセキュリティ問題について

…イーロン・マスク氏はDogecoinのスピードアップについて語っていますが、サイバー通貨のブロック生産がもろくなりすぎる前に、どのくらいのスピードで生産できるのでしょうか?

私たちが最近の研究で示したように、ネットワークが所定の長さで生成するブロックの数は、各ブロックが予測可能な時間でネットワークを移動し、敵対者は確立されたプロトコルに従うマイナーによって食い止めることができます。

しかし、プロトコル設計に根本的な変更を加えることなく、Musk氏が提案するように、その移動時間をあえて一桁増やすと、それに伴って敵からの防御力が低下します。

ブロックチェーン・コンセンサス・メカニズムのエネルギー消費について

ビットコインは、エネルギーを大量に消費する「プルーフ・オブ・ワーク」プロセスから安全性を引き出しています。プルーフ・オブ・ワークとは、ビットコインの採掘者が自分の計算能力を使って、ランダムで複雑な暗号パズルを解こうと競い合い、最初にパズルを解いた者が、ビットコイン台帳の次のブロックのデータを採掘する権利を得るというものです。

これに対する答えとして、私たちはエネルギー効率の高い「プルーフ・オブ・ステーク」プロトコルを開発しました。また、このようなシステムを正式に提案し、主要な暗号学会議で発表することを認められたのは私たちが初めてでした。

ブロックチェーンの相互運用性について

…ブロックチェーン企業は、共に働くことができるソリューションを構築する必要があります。カルダノがユニークなのは、相互運用性を念頭に置いて構築されているからであり、私たちの仕事の多くは、相互運用性に関する私たちの仕事を通じて、ブロックチェーンシステムを相互に機能させることに焦点を当てています。

量子暗号について

しかし、テキサスA&M大学およびエジンバラ大学の研究者との共同研究により、ビットコインの設計が量子後の回復力に適応できることをすでに示しており、今後の研究では、これらの結果をウロボロス(Ouroboros)のようなプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)プロトコルのより困難な設定に拡張する予定です。

ディスクレーマー

筆者または本記事で言及している人物が表明している見解や意見は、情報提供のみを目的としており、金融、投資、その他のアドバイスを行うものではありません。暗号資産への投資や取引には、経済的損失のリスクが伴います。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。