ニュース, ブログ, ...

グレイスケール・ファンドがカルダノの出資比率を引き上げ

グレースケール・デジタルラージキャップファンドとグレースケール・DeFiファンドが四半期ごとのファンドのリバランスを発表しました。

スマートコントラクトプラットフォーム「Solana」と分散型取引所「Uniswap」が「グレースケール・デジタル・ラージキャップ・ファンド」に追加されました。

デジタル・ラージ・キャップ・ファンドの構築基準に従い、グレースケールは、既存のファンド・コンポーネントをそれぞれのウエイトに応じて一定額売却し、その現金収入でソラナ(SOL)およびユニスワップ(UNI)を購入することにより、デジタル・ラージ・キャップ・ファンドのポートフォリオを調整しました。

今回の発表は、2021年7月にグレースケール社がデジタル・ラージ・キャップ・ファンドのポートフォリオを調整し、カルダノ(ADA)を購入したニュースに続くものであり、ソラナ(SOL)がグレースケール社の投資ビークルに含まれるのは初めてのことです。

今回のリバランスで、カルダノはポートフォリオの4.26%から5.11%となり、約1%増加しています。

以下はグレイスケール・インベストメントに掲載された記事『Grayscale® Digital Large Cap Fund and Grayscale® DeFi Fund Announce Quarterly Rebalancing of Funds』を一部翻訳・抜粋したものです。

Solana

SOLは、Anatoly Yakovenko氏が2017年のホワイトペーパーで初めて考案したスマートコントラクトプラットフォームであるSolanaネットワークのネイティブトークンです。イーサリアムネットワークと同様に、Solanaネットワークは、ブロックチェーンの利用を単なるピアツーピアのマネーシステムを超えて拡大することを目的とした数多くのプロジェクトの1つです。Solanaプロトコルは、Ethereumのような純粋なProof-of-Stake(PoS)やProof-of-Work(PoW)ブロックチェーンに代わるものとして、Proof-of-History(PoH)コンセンサスメカニズムを導入しました。PoHは、ブロックの逐次生産に依存し、検証者の確認による遅延が発生しやすい従来のPoWやPoSネットワークに比べて、取引処理の速度や容量の面で優位性を持たせることを目的としています。

Uniswap

UNIは、Ethereumの生みの親であるVitalek Buterin氏が2016年に発案し、その後2018年にHayden Adams氏とUniswap Labsが開発した分散型取引所であるUniswapネットワークのネイティブトークンです。Uniswapは、スマートコントラクトを用いてデジタル資産の取引ペアを集約することで、中央のオーダーブックなしにデジタル資産の取引を可能にします。Uniswapでは、ユーザーは、リクイディティプロバイダーと呼ばれる独立したマーケットメーカーに取引手数料を支払うことで、デジタル資産を相互に交換します。UNIのホルダーは、Uniswapネットワークの機能を調整する改善案を提案し、投票することができます。

2021年10月1日の一日の終わりに、デジタル・ラージ・キャップ・ファンドのファンド・コンポーネントは、以下の資産とウエイトのバスケットでした。

ビットコイン(BTC)、62.19パーセント
イーサリアム(ETH)、26.08パーセント
カルダノ(ADA)、5.11パーセント
ソラナ(SOL)、3.24パーセント
ユニスワップ(UNI)、1.06%)
チェーンリンク(LINK)、0.82
ライトコイン(LTC)、0.77
ビットコインキャッシュ(BCH)、0.73

DeFi Fundでは、新たなトークンの追加や削除はありませんでした。2021年10月1日の終業時、DeFi FundのFund Componentsは、以下の資産とウエイトのバスケットでした。

ユニスワップ(UNI)、45.20
アーヴェ(AAVE)、14.11
MakerDAO(MKR)、7.84
SushiSwap (SUSHI)、7.18%。
Compound (COMP), 6.73
シンセティックス(SNX), 6.29% ←ここをクリック
ヤーン・ファイナンス(YFI)、3.92%)
カーブ (CRV), 3.53%)
バンコール・ネットワーク・トークン(BNT), 3.04%)
UMAプロトコル (UMA), 2.16%)

グレースケール・デジタル・ラージ・キャップ・ファンドおよびグレースケール・デファイ・ファンドは、いずれも収益を上げておらず、継続的な費用の支払いのためにファンド・コンポーネントを定期的に分配しています。したがって、各ファンドの株式で表されるファンド・コンポーネントの量は、時間の経過とともに徐々に減少します。

ソース:2021年10月01日 17:57 ET|ソース グレイスケール・インベストメント『Grayscale® Digital Large Cap Fund and Grayscale® DeFi Fund Announce Quarterly Rebalancing of Funds

詳細については、grayscale.comをご覧ください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。