ニュース, ブログ, ...

IOGブログ:Oasis Proとのパートナーシップにより、DeFiとRealFiがカルダノで出会う

以下はIOGブログに掲載された記事「Oasis Pro partnership is where DeFi meets RealFi for Cardano」を翻訳したものです。

Oasis Proとのパートナーシップにより、DeFiとRealFiがカルダノで出会う

Oasis Proとのパートナーシップは、DeFiとRealFi for Cardanoの融合を意味します。
発展途上国における金融サービスの民主化と資本へのアクセスを約束する新たなパートナーシップ

By Anthony Quinn 2021年10月16日

Oasis Proのパートナーシップは、DeFiとRealFiがCardanoのために出会う場所

Cardano Summitで発表されたCardanoとOasis Pro Marketsの提携は、一見すると、ブロックチェーン技術を金融という稀少な世界に専門的に応用したもののように聞こえるかもしれません。銀行員には興味があるかもしれませんが、一般の人には関係ありません。しかし、これは世界中の何百万人もの人々にとってのゲームチェンジャーになる可能性があります。

多くの国では、橋やダム、鉄道網などの大規模なインフラプロジェクトの資金調達に苦労していますが、その一方で、優秀な国民は他国に移り住み、母国への貢献は毎月の小切手のみという状況です。

外国の家族にお金を送っている人がいれば、それは送金の世界に遭遇したことになります。小額ではありますが、それは大きなお金の流れとなります。送金額がGDPの30%を超える国もあり、国全体が成り立っています。

2020年以降、英国などが援助予算を削減したこともあり、世界の送金額は、中国を除く海外直接投資と富裕国からの政府援助の合計額を上回っています。IOHKのプロダクトマネージャーであるニック・カファロは、この状況を「かなり驚くべきこと」と表現しています。

つまり、21世紀に入って初めて、海外で働く外国人労働者が自国に送金している金額が、国や企業から低・中所得国への投資額や公的援助の総額を上回っているのです。

しかし、このような巨額の資金は、必要とされているにもかかわらず、自国ではあまり効果を発揮しません。「政府はそれらの資金をプールして、より多くの人々に恩恵をもたらすような大規模なインフラプロジェクトに回すことができないのです」とカファロは言う。また、入ってきた資金は均等に分配されないため、国内の不平等を助長することにもなりかねません。

さらにカファロは、このような状況の第三の欠点として、送金を継続するためには、人々は仕事のために海外に移住しなければならず、家族やより広いコミュニティを捨てなければならないということを挙げていますが、これは「誰もが起こりたくないこと」です。

より良い方法

送金された資金を、必要な場所で最大の効果を発揮できるように活用する方法を想像してみてください。対象となる国の生活水準を実際に向上させ、貧しい国から豊かな国への優秀な人材の「頭脳流出」を食い止めることができる方法です。あなたのソリューションが、海外で働いている人にも投資収益をもたらすことを想像してみてください。

ブロックチェーンはこれを可能にします。

各国は通常、ソブリン債と呼ばれる債券を発行してインフラプロジェクトの資金を調達しています。ソブリン債は、資本市場の中でも特に大きく、威圧的な存在であり、一般の個人投資家が気軽に手を出せるものではありません。政府系国家が債券を発行すると、銀行はしばしばシンジケート団を結成して、その債券をすべて買い占めます。ソブリン債は低リスクで固定収入が得られるため、銀行は自分たちのために購入します。また、ソブリン債は規制が厳しい投資分野なので、参加するには膨大な専門知識が必要です。できれば、いい仕事をしたいものです。

分散化が進む金融の未来では、この巨大な負債のクラスと、送金資金の巨大なポットが一緒になっていくでしょう。カルダノとオアシス・プロ・マーケッツの関係は、そのための大きな一歩となります。

カルダノは以前からこのような提携を望んでおり、ブロックチェーンファーストのプラットフォームと規制に関する専門知識を持つオアシス・プロを選んだと、先月のカルダノサミットでこの取引を発表したカファロは述べています。

「このようなシンジケートの銀行が運営するネットワークでは…そのような取引の流れを処理することはできません。ですから、単一のプラットフォームを通じて、何万人もの個人と発行者を結びつける方法を考えなければなりません。良いニュースは、カルダノブロックチェーンがこの種の問題を解決するための素晴らしいツールであるということです。

IOHKのプロジェクトマネージャー、ニック・カファロ氏はこう語っています。

私たちは、この “リアルフィ “の製品をCardanoブロックチェーンに導入するためのパートナーを見つける必要がありました。そのためには、資本市場とブロックチェーンの専門知識を持ち、適切な規制当局の許可を得ている企業でなければなりませんでした。

Oasis Pro Marketsに参入した金融会社の最高責任者であるPat Lavecchia氏は、「私たちは、カルダノとIOHKとの長期的なパートナーシップを非常に楽しみにしています。私たちのクラス最高の技術、つまり国や規制環境に応じて私たちのマッチングエンジンや取引所を活用して、さまざまな国に金融サービスの民主化を提供していきます」と述べています。

ラヴェッキアは、小口投資家である「その国の国民やディアスポラ」にソブリン債市場へのアクセスを拡大するだけでなく、発行国政府に「効率性とコスト削減」をもたらすと述べました。

ラヴェッキアは、Oasis Proのアプローチを「デジタル証券のためのデジタルキャッシュ」と表現していますが、これは実質的に、安定コインを使用することを意味し、各国の規制に応じてCBDCを使用する可能性もあります。

ソブリン債は、ブロックチェーンの分野では実際に分数化される可能性のある証券であり、その分数化は民主化と密接に関係しています。発行体のリスク管理にも役立ちますし(笑)、投資家の数も増え、その結果、流動性もシームレスに向上するはずです。私たちが開発したデジタル取引所のトレーディングシステムやオーダーマッチングエンジンは、レガシーソリューションからブロックチェーンへの移行点となります。ブロックチェーンへの移行点であり、そのメリットは非常に大きい」と述べています。

ラヴェッキア氏によると、発行者にはいくつかのメリットがあるという。マネーロンダリング防止規定により、発行者は「どの機関や個人がソブリン債を所有しているかをいつでも知ることができる」のです。政府はもはや、投資家の住所を調べたり、利息を郵送したりする必要はありません。「そのようなアセットサービスはすべて、とてつもなく時間の無駄であり、不要なものです。ブロックチェーンはその問題を解決します。その節約効果は、発行額の25~50ベーシスポイント(0.25~0.5%)と見積もっています」。

発行国は、スマートコントラクトのイノベーションからも恩恵を受けることができます。「スマートコントラクトは証券自体に組み込まれており、証券の条件、例えば元本や利息の支払い、デフォルト条項がある場合はその条項、あるいは投資家だけでなく、発行者である主権国家のために組み込まれたその他のアクションや保護が含まれています。文書化の不備がなくなり、また、現在2日から10日かかっている決済期間も短縮されます。ブロックチェーンとデジタルキャッシュを活用すれば、その決済時間はほぼゼロになります』。

カルダノ/オアシス・プロのシステムを導入した国は、株式や資産担保証券、その他の種類のプロジェクト・ファイナンスなど、他の資産クラスにも金融取引を拡大することができます、とラヴェッキアは言います。「この技術は今日から利用可能であり、私たちはそれをIOGとともに、あらゆる分野で立ち上げる準備をしています。5年から10年後には、この技術はどこにでもあるものになるでしょう。ですから、今日、私たちと一緒に仕事をした主権国家は、かなり先を行くことになるでしょう」。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。