ニュース, ブログ, ...

アロンゾ・ハードフォーク後のカルダノ、何が変わったのか? by Dailycoin.com

Dailycoin.comは、スマートコントラクト機能を獲得したカルダノは、まだ「Ethereum-Killer」の状態には達していないが、カルダノの研究指向の開発と実装のアプローチは人気を博していると伝えています。

さらに、スマートコントラクトが前面に出てきたことで、2021年のカルダノサミットで約束された、NFTやDeFiなどの新製品が間もなく実現することが期待されているとしています。

また記事では、IOHKのCTOであるRomain Pellerin氏は、アフリカはネットワークにとって「新しいシステムを設計する」チャンスであり、未開発のアフリカ市場でステーブルコインやその他のブロックチェーン製品とともにカルダノネットワークを使用できるようになると述べたことを伝えています。

以下はdailycoin.comに掲載された記事「Cardano Post-Alonzo Hard Fork, What Has Changed?」を翻訳したものです。

アロンゾ・ハードフォーク後のカルダノ、何が変わったのか?

by Vlad Hatze 2021年10月20日

スマートコントラクト機能を獲得したカルダノのen-fanfareプロトコルのアップグレードは、まだ「Ethereum-Killer」の状態には達していないが、カルダノの研究指向の開発と実装のアプローチは人気を博している。スマートコントラクトが前面に出てきたことで、2021年のカルダノサミットで約束された、NFTやDeFiなどの新製品が間もなく実現することが期待されている。

アフリカの夢

ネットワークの開発が研究主導のペースで進む中、カルダノは進行中のプロジェクトに注意を向けている。チャールズ・ホスキンソン氏は、アフリカをツアーして、カルダノで構築されているスタートアップ企業と会うことを発表しました。

さらに言えば、カルダノはアフリカを、長期的なDeFiの戦いでカルダノが勝利するための触媒として捉えている。Insiderは、ホスキンソン氏が、すでに財務省(これは不確かな情報。エチオピアは教育省と協力)と協力していた後に、未開拓の市場でカルダノを推し進めており、金融セクターへの動きは、カルダノがまだ必要としている高需要のボリュームを追加する可能性があると指摘している。

IOHKのCTOであるローマン・ペラン(Romain Pellerin)氏は、アフリカはネットワークにとって「新しいシステムを設計する」チャンスであり、未開発のアフリカ市場でステーブルコインやその他のブロックチェーン製品とともにカルダノネットワークを使用できるようになると指摘しています。

注目すべきメンション

カルダノがイーサリアムを退けたという考えは、ブロックチェーンの風景の中でカルダノにとってユーザビリティが適用可能な特徴である場合にのみ可能になる。Alonzoのアップグレード以前にも、ユーザーはスマートコントラクトなしでカルダノ上でNFTを鋳造して取引することができ、10月3日にはSpaceBudzがカルダノで初めて100万ドルのNFTを販売しており、カルダノはNFTの候補になりつつある。

アロンゾ以前の議論の中心であったeUTXO問題を解決しようとするカルダノプロジェクトでは、議論、報告、ネットワーク提案が圧倒的に多い。ErgoDEXは、同時実行問題を回避できる新しいボットをテストしていることを発表しました。さらに、カルダノ上のDEXプロトコルであるSundaeSwapは、Alonzo以前にこの問題の可能性について議論しました。しかし、今日に至るまで、eUTXOの議論には決定的な解決策が報告されていません。

Pooltoolのデータが示すように、カルダノは高度に分散化されたネットワークである。報告によると、現在72.01%以上のユーザーがネットワーク上でADAをステークしていることが明らかになっています。つまり、ADAトークンが市場から差し引かれることでネットワークは利益を得ることができ、それによって供給不足が生じ、価格が上昇し、長期的には最終的に価格が目標の20ドルに達する可能性があるからです。

さらに、Outlier Venturesのレポートによると、Cardanoは最も活発に開発が行われているブロックチェーンです。同レポートでは、月に701回以上のGithubリポジトリのコミットが行われていることが指摘されています。一方、月間のリポジトリの平均コミット数は107回(CPM)です。

変わらないものがある

カルダノは、スマートコントラクトプラットフォームのリリースを延期したにもかかわらず、存在感を維持している最も優れたネットワークであることは間違いない。Google Trendsのデータによると、カルダノの世界的な関心度はEthereumよりも3倍低いものの、ADAは時価総額で3位に到達することに成功した。

2021年のカルダノサミットでは、ChainLinkやERGOなどの提携や、セキュアなカルダノdAppストアの開発などが相次いで発表されたが、開発面ではほとんど動きがなかった。ネットワークdAppが運用されるためには、カルダノはPlutus Application Backend、dApp connector、ERC-20 converterの3つの要素を解決する必要があるが、これらはまだ最終的に決定されていない。

Alonzoのアップグレードが成功した後、投資家が「ニュースを売った」ためにカルダノの価格は暴落し、ADAの価値は史上最高値の3ドルから下落した。その後、ビットコインが勢いを増して6万ドルの大台を突破すると、ADAの価格は低迷し、時価総額で5番目のトークンにまで落ち込んだ。

なぜ気にする必要があるのか?

カルダノのゆっくりとした安定した開発プロセスは、ニュースのほとんどが非常に期待されているにもかかわらず、ネットワークにとって意味のないこともあるため、誤解を招く恐れがあります。注目すべきは、カルダノのコミュニティの献身的な活動がプロジェクトの成功を助け、フリップペニングにつながる可能性があるということです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。