ニュース, ブログ, ...

2021年第4四半期に注目すべきカルダノのトッププロジェクト

Investing.comに掲載された記事「Top Cardano Projects to Watch Out for in Q4 of 2021」は、2021年第4四半期に注目すべきトッププロジェクトについて伝えています。

カルダノのスマートコントラクト機能は、DeFiで最もホットなプロジェクトを引き寄せており、すでに100のDeFiプロジェクトがブロックチェーン上に存在し、さらに2,300以上のプロジェクトがデプロイされるのを待っていると伝えています。

カルダノは、より多くのプロジェクトがブロックチェーンに展開することで、再び大規模な動きを見せようとしており、その価格は将来的に5ドルになる可能性があると伝えています。

以下はInvesting.comに掲載された記事「Top Cardano Projects to Watch Out for in Q4 of 2021」を翻訳したものです。

2021年第4四半期に注目すべきカルダノのトッププロジェクト

By 2021年10月21日

  • カルダノのスマートコントラクト機能は、DeFiで最もホットなプロジェクトをブロックチェーンに引き寄せている。
  • すでに100のDeFiプロジェクトがブロックチェーン上に存在し、さらに2,300以上のプロジェクトがデプロイされるのを待っているカルダノは、ホットスポットになりつつある。
  • カルダノの分散型取引所であるSundaeswapは、そのCortexやLiquidと並んで、UniswapやPancakeSwapと戦うことになりそうだ。
  • カルダノは、より多くのプロジェクトがブロックチェーンに展開することで、再び大規模な動きを見せようとしている。その価格は将来的に5ドルになる可能性がある?

第3世代のブロックチェーンは、ビットコインやイーサリアムに対抗するために開発されました。カルダノは第三世代ブロックチェーンの中でもトップクラスで、ETHキラーと呼ばれています。バイロンの開発段階から、カルダノは堅牢なロードマップと機能的なユーティリティーを備えているため、開発者の目を引いている。

スマートコントラクトを最初に取り入れたことでDeFiの波をリードしてきたイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンには、3,500以上のDeFiソリューションが存在する。しかし、同チェーンのスケーラビリティの問題から、開発者は他のチェーンに乗り換えるようになっており、アロンゾ(Alonzo)の登場により、カルダノはついにイーサリアムに挑戦する舞台を整えたと言えるでしょう。

スマートコントラクトの機能は、人々の人気を集めていたカルダノにとって大きな意味を持っています。スピード、分散化、グローバルな展開、そして一流のセキュリティを備えたカルダノは、ETH 2が遅延に直面している中、イーサリアムに対抗し、DeFiのハブとなることを目指しています。

アロンゾの時代はすでに始まっており、約100のdAppsが現在カルダノ上に展開されており、さらに多くのdAppsが保留されています。第4四半期には、分散型取引所やNFTソリューション、ゲームなど、多くの素晴らしいプロジェクトがカルダノ上で立ち上げられるでしょう。

NFTブームは昨年、世界を席巻しましたが、今年はさらに進んでいます。CNFTは、他のチェーンに対抗するカルダノのNFTハブとなります。すでにOpenSeaと比較されているが、2021年7月にローンチしたCNFTは、カルダノのエコシステムを束ねることになる。このプラットフォームは、カルダノのアップグレード前からローンチしており、スマートコントラクトを使わずに資産が取引されている。

CNFTは17万以上のアセットをプラットフォームに載せており、100万ドル以上の売り上げを記録しています。CNFTプラットフォームは、ユーザーに多くの力を与える成長中の分散型エコシステムです。ユーザーはNFTを鋳造して取引すると同時に、プラットフォームに投資することができます。

SundaeSwap

プラットフォームの分散型取引所は、そのチェーンの形を変え、人気を集めることができます。SundaeSwapは、カルダノブロックチェーン上の分散型取引所で、現在、プラットフォーム上で最も注目されているプロジェクトの一つです。

すでに、EthereumとBSCをベースにしたDEXの第1位と第2位であるUniswapとPancakeswapと比較されていますが、SunddaeswapはDEXの中でも力を発揮することが期待されています。

このプラットフォームは、ユーザーフレンドリーなシステムで、暗号資産のピアツーピア取引を可能にします。ユーザーは、このプラットフォーム上で、資産の取引、ステーク、貸し借りを行うことができます。

Ardana

Ardanaは、カルダノのオンチェーン・バックのステーブルコインです。Ardanaのユーティリティには、ミント、トランスファー、ステーク、レンディングなどがあります。さらに、Danaのユーザーは、Ardanaと互換性のあるウォレットに暗号通貨を保管し、安定コインプールのための分散型取引所であるDanaSwapの可能性を利用することができます。

ユーザーはADAに担保を置くことで、簡単にDUSDのローンを組むことができます。他のDeFiローンのプロトコルと同様に、担保はローンよりも多く、ベンチマークを下回ることは不可能です。Danaトークンはプラットフォームのネイティブトークンであり、ユーザーがADAを獲得するためにステークすることができます。

OccamFi

OccamFiは、DeFiのソリューションを横断的に包含しているため、ユニークなプロトコルです。カルダノブロックチェーン上の新しいDeFiプロジェクトの貸し借りや資金調達を強化します。Occam Razorは、このプラットフォームのローンチパッドであり、カルダノ上のdAppsに分散型の資金調達をもたらします。

OccamFiは、コミュニティを中心に、プロジェクトがキックオフできる多くの方法を提供しています。つまり、Occam Razorを介してスタートするプロジェクトは、すでにコミュニティが結集しているため、市場で優位に立つことができます。OccamFiは、将来的にDEXを立ち上げ、エコシステムにさらなる価値を加えることを計画しています。

逆に言えば

プラットフォーム上にDEXが多数存在すると、ブロックチェーン上で不健全な競争が起こり、成長が制限される可能性があります。

これらのdAppsの大量導入は、他のチェーンのより大きなdAppsやETH 2に脅かされている。

カルダノの今後について

カルダノは第3世代のブロックチェーンで、Alonzoのアップグレードにより、ようやくETHキラーの名に恥じないようになってきました。現在、ADAは時価総額で第3位の暗号通貨として鎮座しており、Alonzoのローンチ後に3ドルの大台に乗りました。

スマートコントラクトの開始、そしてdAppsの展開により、ADAの価格は大幅に上昇し、ADAの普及が進めば、ブルは5ドルを視野に入れているほどだ。来年には、カルダノがNFT、ステーブルコイン、DEXなどの主要なプロトコルを持つDeFiハブになる可能性は十分にあります。
なぜ気にする必要があるのか?

カルダノ・ネットワーク上の新しいdAppsのユーティリティは、コミュニティの参加を促す革新的なものです。これらのdAppsが十分な人気を得ることができれば、ブロックチェーンの価値は急上昇し、カルダノのブロックチェーンはすでにスケーラブルであるため、増加する取引に対応することができます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。