ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

SundaeSwap Presents: 「Taste Test」

これまでSundaeSwapはSundaeトークンの初期価格は、市場に任せると説明しており、今回ブログ記事『SundaeSwap Presents: 「Taste Test」』でその方法について説明しています。

SundaeSwapは、分散型の倫理観に沿って、最も有用な分散型交換プロトコルを構築することに集中しており、DAO(Decentralized Autonomous Organization)を設立し、Sundaeトークンはその組織内での投票権を表しています。DAOが投票する内容には、機能アップグレードの提案、スクーパの選択、助成金の提案などがあると説明しています。

Sundaeトークンの最初の流通量は、自動化された価格発見メカニズムを使用して、DAOによって直接販売されます。

以下はSundaeSwap Labsに掲載された記事「SundaeSwap Presents: The Taste Test」を翻訳したものです。

SundaeSwap Presents: 「Taste Test」

By SundaeSwap Labs 2021年12月13日

Sundaeトークンの初期価格はいくらになるのかという質問がよく寄せられます。私たちの答えは一貫して、初期価格は市場に任せるつもりだというものでしたが、今日はその方法について説明したいと思います。

まず、Sundaeトークンとは何かを改めて説明します。Sundaeトークンは、SundaeSwap DEXの健全な運営の中心となるユーティリティー・トークンです。

私たちは、私たち全員が信じている分散型の倫理観に沿って、最も有用な分散型交換プロトコルを構築することに集中しています。その一環として、このプロトコルはソフトウェアを書いた会社である我々のものではなく、SundaeSwapコミュニティ全体のものであると強く信じています。

その精神を具現化するために、このプロトコルは道しるべとなるDAO(Decentralized Autonomous Organization)を設立し、Sundaeトークンはその組織内での投票権を表しています。Sundaeトークンの保有者は、プロトコルの未来をオンチェーンで形作ることができます。DAOが投票する内容には、機能アップグレードの提案、スクーパの選択、助成金の提案などがあります。

そのため、そのコミュニティのたった一人のメンバーであるSundaeSwap Labsがトークンを販売したり、価格を設定したりすることは適切ではないと考えています。代わりに、トークンの最初の流通量は、自動化された価格発見メカニズムを使用して、DAOによって直接販売されます。

最初のセクションでは、平均的なエンドユーザーにとってこれがどのようなものか、基本的なレベルで説明します。そして、この機能がもたらすと思われるメリットを説明します。付録では、興味のある方のために、仮想的な例の背後にある数学を説明します。

仕組み

プロトコルの開始時に、コミュニティに供給されるトークンの7%がDAOによって「Taste Test(味覚テスト:試食会)」と呼ばれるスマートコントラクトにロックされます。

「Taste Test」が開始されてから10日間、コミュニティのメンバーはISOリワードからADAまたはSundaeを同じコントラクトに預けることができるようになります。ADAとSundaeの比率は変動しますが、流動性プールとは異なり、スワップは発生せず、投入したトークンしか引き出すことができません。

この10日間の終わりに、これらのトークンはすべてADA/Sundaeの流動性プールを作るために使われ、トークンの初期価格が確立されます。ADAまたはSundaeを預けた全員(DAO自身を含む)は、その後、プールのシェアを追跡する流動性提供者トークンを請求することができますが、これらのLPトークンは、プール内の両方の資産の所有権を表しています。あたかも参加者全員が、預かった資産の半分をもう一方の資産と、まとめて同じ価格で交換したようなものです。

メリット

これにはいくつかの利点があると考えています。

第一に、これは私たちの分散型の理念に沿ったものです。最初の流動性はDAO自身からもたらされ、DAOが所有し、コミュニティの皆さんが決めた通りに使用することができます。

第二に、合法的なプロジェクトでもよくあるのが「pump and dump(パンプ&ダンプ)」というサイクルです。新しいトークンは最初に非常に低い価格で販売され、価格修正が勢いを増します。経験の浅いトレーダーはこれを見て、乗り遅れることを恐れ、劇的に高い価格になるまでコインを買い続けます。やがて誰かがそれが持続不可能であることに気付き、bank run(バンクラン:取り付け騒ぎ)を始めます。私たちのモデルでは、不健全な価格発見の多くが安全な環境で行われ、その結果を皆で共有することで市場を確立します。

最後に、他のプロジェクトもこのモデルを借りることができます。新規プロジェクトが資金調達に苦労するのは、資本へのアクセスが少ないためにトークンの価格が最初から低く設定されているか、大手マーケットメーカーと不利な取引をしている場合が多いです。これにより、資本へのアクセスは少ないが、独自のコインが大量に供給されているプロジェクトは、効果的かつ容易に資金調達を行い、トークンの価格を公正に設定することができます。

結論

SundaeSwapのビジョンは、金融サービスへのアクセスだけでなく、コアビジネスモデルそのものを分散化することです。今回の「Taste Test」は、その旅のエキサイティングな一歩であり、私たちがとても誇りに思っていることの一つです。私たちと同じように皆さんにも興奮していただき、プロトコルが開始されたら、この新しい味を試すのに協力していただきたいと思います。

付録 技術的に興味のある方へ

では、実際にどのような仕組みになっているのか、例を挙げて説明します。
*こちらはあくまでも例です。

ある仮想プロジェクトが、新しいコイン「RBERRY」を発行しようとしているとします。彼らは供給量から1億トークンを価格発見に充て、「Taste Test」のスマートコントラクトにロックします。これにより、1億枚のttRBERRYコインが鋳造され、彼らのトークンの貢献度を追跡することができます。

そのコミュニティは、ADAを預けて価格の設定を始めます。最初の人はADAを1枚入金するだけで、誰も参加しなければ5,000万RBERRYトークンを受け取ることができます。この可能性を知った他の人たちは、この比率が自分にとって公平な結果をもたらすと信じる限り、入金を続けます。その代わりに、彼らはそれぞれ自分の預金を表すttADAを1対1の交換レートで発行されます。

ある時点で、比率は初期の参加者が適正価格だと信じるものよりも高くなり、彼らはADAを引き出すことを選択し、ADAと引き換えにttADAを燃やすことになるかもしれない。

そして、最終的な比率は、1億ベリー対2,000万ADAとなり、「Taste Test」は終了します。これらの資産はSundaeSwapプロトコルに預けられ、RBERRY/ADAプールを設立し、約4470万の流動性トークンを作成します。

1億RBERRYはプール内の資産の50%に相当するため、各ttRBERRYは次のように換金可能です。

そして、各ttADAは次のように換金可能である。

例えば、600ADAを預けたユーザーは、約670LPトークンを得ることができ、これは約1500RBERRYと300ADAの所有権を表す。あたかも、300ADAを1500SBERRYと交換したかのようです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。