ニュース, ブログ, ...

カルダノ、主要なブロックチェーンガバナンス特性に関する新しい研究論文を発表

カルダノブロックチェーンの研究・エンジニアリング会社IOHKのブロックチェーン研究者、Aggelos Kiayias氏とPhilip Lazos氏によって、ブロックチェーンガバナンスに関する研究論文『SoK: Blockchain Governance』が発表されました。

この研究では、ビットコインやイーサリアムのような分散型プロトコルが、そのシステムの進化を高めるために意思決定を行う際に活用できる多くの基本的な特性について、またブロックチェーンがそのガバナンスを向上させるために採用できる4つの重要なプロパティのクラスについて概説しています。

これをCoinfomaniaが詳しく伝えています。

ブロックチェーンガバナンスに関する研究論文『SoK: Blockchain Governance』:https://arxiv.org/pdf/2201.07188.pdf

以下はCoinfomania.comに掲載された記事「Cardano Publishes New Research Paper on Key Blockchain Governance Properties」を翻訳したものです。

カルダノ、主要なブロックチェーンガバナンス特性に関する新しい研究論文を発表 by Coinfomania

by By Chimamanda Marcel 2022年5月18日

ブロックチェーンプロジェクトの代表格であるカルダノは、分散型ブロックチェーンガバナンスの特性に関する新しい研究論文を発表しました。

カルダノ、ブロックチェーンガバナンスに関する論文を発表

この研究は、カルダノプロジェクトで知られるブロックチェーンの研究・エンジニアリング会社であるIOHKのブロックチェーン研究者、Aggelos Kiayias氏とPhilip Lazos氏によって行われたものです。

カルダノの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏が最初に共有したこの論文は、ビットコインやイーサリアムのような分散型プロトコルが、そのシステムの進化を高めるために意思決定を行う際に活用できる多くの基本的な特性について概説しています。

各ブロックチェーンは、特定の機能や性能で異なるように構築されていますが、この研究では、ブロックチェーンがそのガバナンスを向上させるために採用できる4つの重要なプロパティのクラスについて概説しています。

ブロックチェーンの投票システムとセキュリティ

最初のクラスは、意思決定に使用される投票システムを扱います。アップグレードや提案に対するユーザーの投票資格、暗号化サイバーセキュリティ、インセンティブといった問題を扱います。

論文では、ブロックチェーンプラットフォームは、意思決定プロセスにおいて誰に参政権が与えられるかを常に考慮する必要があると指摘しています。研究者は、ブロックチェーンの開発者は常に1人のユーザーにのみ投票の提出を許可する一人投票の仕組みを実装すべきであると助言しています。

また、同研究では、ブロックチェーン・プラットフォームが投票システムを改善するために使用できる手法の1つとして、パレート効率を挙げています。パレートは、収集した個々のデータを特定のアクションに分析することで、ブロックチェーンの意思決定を改善するのに役立ちます。

2つ目のクラスは、セキュリティの問題に焦点を当てました。研究者たちは、ブロックチェーンガバナンスにおけるセキュリティを向上させるための技術として、機密性と検証可能性に言及しました。

ビットコインの中核的な要素である機密性(プライバシー)は、投票者の現実のアイデンティティの保護を扱い、機密性を補完する検証可能性は、ブロックチェーンの投票システムが意思決定の前に投票を正当化することを可能にするものです。

インセンティブと適時性

論文で議論された3つ目のクラスは、説明責任と持続可能性をカバーするインセンティブであった。研究者によると、コミュニティのガバナンスに基づいて承認された決定は、エコシステムのすべてのメンバーに影響を与えるため、投票者は自分の投票に対して説明責任を負う必要があるとのことです。

この点をさらに裏付けるために、研究はPolkadotネットワークで使用されている説明責任のメカニズムに言及しました。

研究者は次のように書いています。

ブロックチェーン空間における例としては、Polkadotのガバナンスシステムがあり、提案に賛成票を投じた投票者は、その提案が「制定」または展開されるまで、そのステークをロックされます 。

持続可能性の観点から、ブロックチェーンのガバナンスの変化は、アプリケーションを作成し変更を提案する開発者と、変更を実装するかどうかを決定するコミュニティという、業界の2つの重要なプレーヤーに依存していると論文では述べられています。研究者によると、これらの重要なプレーヤー間の貢献はプラットフォームの進化を助けるため、報われるに値するという。

論文で取り上げられたブロックチェーンガバナンスシステムの最後のクラスは、livenessの領域をカバーするtimelinessです。同研究では、ブロックチェーンのプロトコルは、攻撃など緊急の意思決定が必要な場合に、最短時間で意思決定に到達できることが望ましいと指摘されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。