ニュース, ブログ, ...

Input Output Global(IOG):カルダノVasilハードフォークの詳細なロードマップを公開 by TheCryptoBasic

カルダノの研究開発を担当するInput Output Global(IOG)が共有した最新動画Mid Month Development Update』の更新では、来るVasil Hard Forkイベントの詳細なロードマップが発表され、チームは2022年6月29日までにメインネットを立ち上げることを確信していると伝えています。TheCryptoBasicがこれについて詳しく伝えています。

以下はTheCryptoBasic.comに掲載された記事「Input Output Global (IOG) Publishes Detailed Roadmap for Cardano Vasil Hard Fork」を翻訳したものです。

Input Output Global(IOG):カルダノVasilハードフォークの詳細なロードマップを公開

by Mark Brennan 2022年5月17日

チームは2022年6月29日までにメインネットを立ち上げることを確信している。

カルダノのコミュニティは、アップグレードによってブロックチェーンに重要な機能が導入されることが期待されているため、Vasilハードフォークのローンチを熱望しています。

カルダノの強化は、ネットワークの大規模な導入に貢献し、また、ネイティブ暗号通貨であるADAの価格を高騰させることになるでしょう。

Vasilハードフォークロードマップ

カルダノの研究開発を担当するInput Output Global(IOG)が共有した最近のYouTubeの更新では、来るVasil Hard Forkイベントの詳細なロードマップが強調されています。

Image source: Twitter

6分間のビデオの中で、IOHKチームは、今後のアップグレードの仕上げを実施しており、今月末までにクローズドなパブリックテストネットの立ち上げに備えることを指摘しました。

5月中旬

  • クローズド・パブリック・テストネット
  • Dappsのテスト開始


5月下旬

  • DBテスト


クローズド・パブリック・テストネットでは、来月までにハードフォークが実施された際に、ほとんどのdAppsが新しい環境で動作して不具合が生じないことを確認するために、選択した分散型アプリケーション(dApps)のテストも実施される予定です。

チームによって開示されたように、クローズドなパブリックテストネットフェーズに関するすべてが今月終了し、2022年6月初旬までに実装される予定のカルダノテストネットへのVasilの移行のための余地が生まれることになる。

VasilがCardanoのテストネットに移行されると、取引所統合を含む一連の開発が行われる予定だ。6月中旬までには、すべてのオフチェーンコンポーネントの準備が整い、ハードフォークはメインネットのローンチに向けた準備がほぼ整うだろうとチームは指摘する。

チームがアップグレードに問題がないことを確認したら、2022年6月29日までにメインネット上でVasil Hard Forkが実行される予定です。IOHKチームは、アップグレードの進捗に100%の自信を持っているため、別の日に予定されることはないでしょう。

6月上旬

  • CardanoTestnetへの移行
  • VasilがCardano testnetでライブ配信される
  • 取引所の統合開始

6月中旬

  • オフチェーンコンポーネントの準備完了


6月末

  • メインネットハードフォーク提案書を提出
  • メインネットVasil時代


Vasilハードフォークの期待される機能

既報の通り、Vasil Hard Forkは2022年のCardanoの最大のイベントの1つである。このアップグレードでは、IOGのCEOであるCharles Hoskinson氏が、より多くの開発者をネットワークの利用に誘い込むと考えるスマートコントラクトプラットフォーム「Plutus」など、ネットワークのさまざまな側面に大きな機能強化が展開されると予想されます。

彼は、Vasilハードフォークが稼動すれば、カルダノのトータルバリューロック(TVL)は驚異的に急増すると付け加えています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。