ニュース, ブログ, ...

カルダノNFTマーケットプレィス『epoch.art』の開発による、Vasilハードフォークの日程と、そのメリットについて

https://epoch.art

カルダノNFTマーケットプレィス・プロジェクトであるepoch_artの開発者であるglneto氏が、自身のTwitterのスレッドで、間も無くやってくるVasilハードフォークの日程と、そのメリットについて詳しく伝えています。

glneto氏は、Vasilハードフォークがもたらす下記の4つの変更点によるメリットについて、下記のように述べています。

1:リファレンスSCスクリプト(CIP33) https://cips.cardano.org/cips/cip33/

これが一番インパクトのある変更点

  • オファーとショッピングカートの機能を持つ新しいスマートコントラクトの観点から (これは複雑で 10k バイト以上ある。)
  • Vasil以前:スマートコントラクトを使った取引はスクリプト全体を持ち歩く必要があるため、我々の取引はすでに10kバイト = ~1.18₳の手数料で始まることになる。
  • Vasilの後:トランザクションはスクリプトへの参照を使用できる(サイズは10kバイト以下)=手数料は〜0.75₳で。
  • 手数料が安いだけでなく、最大取引サイズ(16384バイト)を超えるリスク、つまり悪名高い「クジラ警報」が劇的に減少する。この状況を防ぐために、我々のコードはすでにコイン選択を改良していたにもかかわらず。


2:インラインデータム (CIP32) https://cips.cardano.org/cips/cip32/

新しいショッピングカート機能の観点から

  • Vasil以前:ショッピングカートに含まれる全ての出品情報を送信する必要があった。
  • Vasil導入後:全ての出品情報がオンチェーンで読み取れるので、余分なバイトが必要ない = 手数料が安いまた、サードパーティが我々のデータフォーマットを知らなくても、我々のSCと対話することが容易になりました。

下記の二つは@epoch_artにはあまり影響しませんが、特筆すべき点

3:リファレンス入力 (CIP31)https://cips.cardano.org/cips/cip31/

  • オンチェーン情報を消費することなく簡単に読める – @epoch_artにはインパクトはそれほどない
  • 私たちは通常、インプットを消費するので、他の2つほどインパクトはありませんが、私たちの@epoch_artの@MutantNFTsの配布では大きな役割を果たすと思われます。

4:コラテラルアウトプット (CIP40)https://github.com/cardano-foundation/CIPs/pull/216/files

  • 取引を成功させるために担保をリセットしなければならなかったことがありますか?今回の変更で担保がより確定的になり、dApp側で設定されるようになるため、この問題はなくなるはずです。エターナルウォレット(@eternlwallet)はおそらくこれを好むでしょう。

また、これらの変更がメモリ消費にどのように影響するかを確認するために、Testnetを楽しみにしています。私たちのショッピングカートはスクリプトを複数回実行する必要があるので、消費するメモリが少なければ少ないほど、カートに追加できるアイテム数が増えます。テスト段階では、3つのアイテムに制限しています。

全体的にとても気に入っています。
@InputOutputHKはトランザクションの構築を簡素化することで、dApp開発者の体験を向上させることに関心を持っているようです。

これについてCrypto-economy.comが記事で伝えています。

以下はCrypto-economy.comに掲載された記事「These are the Dates and Benefits of the Vasil Cardano Hard Fork According to a Developer」を翻訳したものです。

開発者に聞く、Vasil Cardanoハードフォークの日程とメリットはこれだ by Crypto-economy

by Afroz Ahmad 2022年5月24日

開発者に聞く、Vasilカルダノハードフォークの日付と利点はこれだ

カルダノVasilハードフォークが(パブリックテストネットで)利用可能になる予定日は6月2日で、その後メインネットが利用可能になる予定です。カルダノの親会社であるIOHKによるロードマップの提供に基づいて、5月末のクローズドなパブリックテストネットフェーズが明確に記載されています。さらに、これらの詳細は、glnetoがTwitterのスレッドで共有したものです。

カルダノVasil ハードフォークは6月2日にパブリックテストネットで利用可能になり(メインネットは6月29日予定)、その利点を @epoch_art の観点から見てみます🧵。
glneto (@glneto_) 2022年5月23日

https://mobile.twitter.com/glneto_/status/1528704338922807304

続いて、6月第1週にカルダノTestnetの下でVasilがローンチされる予定です。これに加えて、メインネットハードフォーク実施の底値は同年6月29日に設定されている。専門家は、このカルダノのアップデートがADAの価格にポジティブな影響を与えるのに役立つと考えている。

カルダノVasilハードフォークのタイムラインと開発者にとっての重要性

全体のプロセス、およびその実装のタイムラインは、以下の通りです。

  1. クローズド公開テストネット
  • 5月上旬 ファーストノートメインネット候補
  • 5月中旬 クローズド・パブリック・テストネットの公開、およびDAppsのテスト開始
  • 5月下旬 バジル・コンポーネント準備完了
  1. カルダノテストネット
  • 6月上旬 カルダノテストネットへの移行
  • 6月中旬 オフネットコンポーネント準備
  • 6月下旬 メインネットハードフォーク提案の提出

これに加えて、間もなく行われるVasilのアップデートでは、IOHKが述べているように4種類のCIPの導入からスタートする予定です。その内容は以下の通りです。

  • CIP-31 (リファレンス入力)
  • CIP-32 (インラインデータ)
  • CIP-33(リファレンススクリプト)
  • CIP-40(コラテラルアウトプット)

リファレンス(参照)入力は、複数のDAppsを複数のデータムから同時に読み込むために大きな役割を果たします。そのため、必然的に全体的な同時並行性の向上につながります。これに加えて、ハッシュではなくチェーンでデータを保存する場合、インクラインデータが大きな役割を果たします。これは、今現在のカルダノが行っていることと似ています。

さらに、スクリプトにデータを含める必要性が完全になくなったため、開発者がこれらのスクリプトを最大限に活用しやすくなっています。それとは別に、これらのリファレンススクリプトの主な目的は、取引コストを最低限に抑えることです。現在のところ、すべての取引にこのような新しいスクリプトを含めることが義務付けられています。

リファレンス・スクリプトは、基本的にこれらのスクリプトをチェーンに押し込むものです。また、他のスクリプトとやりとりする際にも、スクリプトは手を貸してくれる。このプロセスの結果、スマートコントラクトの相互作用が著しく減少していることが確認されました。カルダノのテストネットは、これらの変更が全体のメモリ消費量にどのような影響を与えるかを確認するためにも利用されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。