ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏:Vasilハードフォークを前にADAネットワークが活発化する中、”Cardano Is Getting Too Big,”

カルダノネットワーク上の活動レベルは急上昇し、次のブルフェーズに備えてレイヤー1ネットワークに数百のプロジェクトが乗り込んでいるとZyCryptoが、ホスキンソン氏のツィートを交えて伝えています。

以下はに掲載された記事「“Cardano Is Getting Too Big,” Says Hoskinson As ADA Network Flares With Activity Ahead Of Vasil Hardfork」を翻訳したものです。

ホスキンソン氏:Vasilハードフォークを前にADAネットワークが活発化する中、”Cardano Is Getting Too Big,” by ZyCrypto

By Newton Gitonga 2022年5月23日

ADAエコシステムが大規模な活動で燃え上がる中、約1000のプロジェクトが今カルダノ上で構築されている

暗号市場は過去7ヶ月ほどの間に残忍な売りに突き落とされたにもかかわらず、カルダノネットワーク上の活動レベルは急上昇し、次のブルフェーズに備えてレイヤー1ネットワークに数百のプロジェクトが乗り込んでいます。

4月18日現在、900以上のプロジェクトがカルダノ上に構築されており、3月の500から増加し、IOHKがTwitterの投稿で明らかにしたように、その数は毎日急増しています。この成長は加速しており、Plutusのアップグレード後、2,783以上のスマートコントラクトがブロックチェーン上に展開されています。

先週、カルダノはアクセラレータープログラムであるGenius Xを立ち上げ、Initial Stake Pool Offering (ISPO) に1億500万ドル相当以上のADAを集めました。このプールは、ADAをステークする人のプロジェクトに資金を提供するため、資金不足の開発者を惹きつける存在となっています。

カルダノで構築されるプロジェクトの数は、ネットワークの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏でも追いつかないほど多かったようだ。「この件に関しては知らなかった。カルダノは大きくなりすぎている」と、Genius Xのローンチ後にツイートしています。

ADAウォレットの数も急増し、過去1カ月で10万個以上が新たに作成された。Cardano Blockchain Insightsのデータによると、毎日平均2000の新しいウォレットが開設されている。5月23日時点の総数では、4月19日時点のウォレットがわずか320万であるのに対し、334万ウォレットに達しています。

1日あたりの取引件数も好調を維持しており、月初に8万件台まで減速したものの、11万件以上に戻っています。10万ドル以上の取引件数も2022年第1四半期以降急増しており、機関投資家の強い需要を示している。先週、カルダノのクジラ取引は、深いポケットを持つエンティティが0.40ドルでディップを購入したため、4ヶ月の最高値を記録したとZyCryptoは報告しています。

Vasilハードフォークが迫っており、カルダノ・ネットワークが活況を呈している理由がわかる。ハードフォークは2022年6月に予定されており、カルダノのトランザクションスループットを高め、ボリュームと流動性の急増をもたらすと予想されています。

また、このアップグレードにより、Solana、Avalanche、Tezos、Polkadotなどの「Eth Killer」に指定されているリストの中で、カルダノをより高くスロットルすることが期待されています。ホスキンソン氏は自身のYouTubeチャンネルで最近公開したビデオで、Vasilのアップグレードはスマートコントラクト機能だけでなく「カルダノに大規模なパフォーマンス向上」をもたらすと述べています。

本稿執筆時点では、カルダノは0.5473ドルで取引されており、過去24時間で2.07%上昇している。取引量と時価総額もそれぞれ36.19%と2.03%上昇している。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。