ニュース, ブログ, ...

カルダノのホスキンソン氏:ルナ崩壊は暗号のスローダウンの必要性を示す

カルダノ創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏は最近のコインデスクとのインタビューで、Lunaで起きた事件、そして昨年の105億ドルのハッキングで見たように、金融インセンティブと市場の設定が、質よりスピードという方法で構成されている空間の危険性が浮き彫りになったと述べています。

これをnasdaq.comが記事で伝えています。

以下はnasdaq.comに掲載された記事「Cardano’s Hoskinson: Luna Collapse Shows Need to Go Slow in Crypto」を翻訳したものです。

カルダノのホスキンソン氏:ルナ崩壊は暗号のスローダウンの必要性を示す By nasdaq.com

Sage D. Young CoinDesk 2022年5月27日

LUNAとUSTの破綻は、多くの人にとって暗号通貨にとって黒歴史となった。しかし、チャールズ・ホスキンソン氏にとっては、ブロックチェーン開発における彼の “ゆっくり “したアプローチの有効性を示すものでした。

「Lunaで見たように、そして昨年の105億ドルのハッキングで見たように、あまりに早く動きすぎると、実際に動かなくなるまで動かすことができ、動かなくなると壊滅的な失敗となり、誰もがお金を失うことになります」と、カルダノ創業者は最近のコインデスクとのインタビューで述べています。

チャールズ・ホスキンソン氏は、テキサス州オースティンで6月9日から12日まで開催されるCoinDeskの今年の祭典、Consensus 2022に登壇しています。詳細はこちら

対照的に、彼と彼の会社IOG(旧IOHK)は、カルダノネットワークの構築において、数週間や数カ月ではなく、数年から数十年単位で計測する「ロングアークゲーム」を行い、慎重に動いていると語りました。

私たちはいつも、成功するのは最初ではなく、門外不出だと言っています」とホスキンソン氏は言う。「生き残るのは、ストレスの中で試され、回復力を発揮する人たちだ。

来月テキサス州オースティンで開催されるCoinDeskのConsensus 2022で講演するホスキンソン氏は、10年近くこの業界で働いており、暗号の年数で言えば生涯のようなものです。イーサリアムの創設チームのメンバーであり、同ブロックチェーンの生みの親であるヴィタリック・ブテリン氏と対立したことは有名な話だ。

ホスキンソン氏は論争好み、カルダノの開発は長期化しているが、このプロジェクトは暗号業界で最も注目されており、ネットワークのネイティブ通貨であるADAは金曜日の時点で159億ドルの時価総額を持ち、市場第8位です。

ホスキンソン氏は、カルダノの開発プロセスが他のプロジェクトに比べて「少し遅い」ことをあっさり認めました。実際、カルダノがスマートコントラクトを実行できるようになったのは、ネットワークが稼働してから4年後の昨年で、イーサリアムや他の汎用ブロックチェーンに大きく遅れをとっている。

今月、UST(担保なしで対ドルの価値を維持するように設計された、いわゆるアルゴリズムステーブルコイン)とその仲間であるトークンLUNAが解明され、世界の暗号市場は大きく揺れ動いた。ホスキンソン氏は、この大失敗により、「金融インセンティブと市場の設定が、質よりスピードという方法で構成されている空間」の危険性が浮き彫りになったという。

長期的には、ゆっくりしたアプローチが勝つとホスキンソン氏は言う。短期志向のプロジェクトは「崩壊し続け」、やがて市場も賢くなる。

エチオピアのカルダノ

昨年4月、IOGはエチオピア政府との提携を発表し、ブロックチェーン技術に基づき、地元の学校の生徒の成績を追跡するシステムを構築することを発表しました。

続きを読む アフリカのカルダノ:IOHKのエチオピア・ブロックチェーン案件の内幕

近況を聞かれたホスキンソン氏は、”2歩進んで1歩下がる “と答えた。10月、IOGとの取引を行った大臣の後任に、新しい教育大臣が就任した。翌月にはエチオピアで内戦が勃発し、事態はさらに複雑化した。

カルダノにとって幸運だったのは、IOGが新しい教育相と会い、「前の大臣のもとでの取り決めを継続することに署名したことを確認したことだ」とホスキンソン氏は述べました。「我々は、現在、組織的な展開があるところまでたどり着きました。運が良ければ、今年中に100万から200万人の生徒がこのシステムに参加できるはずです」。

以上のことから、ホスキンソン氏は、「これだけの苦労がありながら、実際に軌道に乗ったというのは、かなり驚異的なことです。最終目標は500万人です。このままの速度で行けば、2023年には到達できると思います」と語りました。

そうなれば、「さらに1500万人に展開するのは非常に簡単で、そうなれば、首相が2025年までにやりたいと考えている”デジタルエチオピア”のアイデアにこれらのアイデアを統合することも可能かもしれません。」と述べています。

ブロックチェーンとESG

今月、ホスキンソン氏

はロサンゼルスで毎年開催されるミルケン研究所グローバルカンファレンスに出席し、ブロックチェーン構築者にとって縁起の良いシグナルを拾いました。

トピックAは、ESG(環境、社会、ガバナンス)の頭文字で知られる、環境に配慮したビジネス慣行でした。

「彼らが話していた第一のことは、石油会社の観点から、バッテリー駆動の自動車会社(の観点から)、政府の観点から、ESGの部分をどのように行うか、ということでした。」 とホスキンソン氏は述べています。

この技術のポイントは、「すべての人の間で統一されたビジネス基準を作り、そこに何らかの形で強制力を持たせて、監査、追跡、追跡ができるようにできないか」ということだからです。

(ビットコインのエネルギー集約的な採掘プロセスは、公平かどうかは別として、気候変動の大きな原因としてしばしば揶揄されるが、ブロックチェーン・ネットワークの参加者が、どの記録が真実であるかのコンセンサスを得ることができる唯一の方法というわけではない。例えば、カルダノはプルーフ・オブ・ステークを採用しており、ビットコインのプルーフ・オブ・ワーク方式よりも計算能力や電力が少なくて済むが、安全性が同じかどうかは議論の余地があります。

さらに、ホスキンソン氏は「ESGで最も重要なのは(中略)メタデータとIDの要素です。誰がどこで何をしているかを把握し、事実や状況に関する豊富なメタデータを持つ必要があります。そうすれば、監査体制やESGスコアリングについて話し始めることができるからです」。

昨年、カーネギーメロン大学に2500万ドルを寄付したホスキンソン氏は、引退してワイオミング州のバイソン牧場で暮らすこともできるが、このような社会的問題を解決したいから続けているのだ、と語った。彼は、かつての同僚に優しい言葉を投げかけ、その点を強調しました。

「Vitalikのような偉大な起業家は……彼らが解決したいと深く思っていることがある」とホスキンソン氏は言います。「彼らは、その問題を解決するまで、引退するつもりはないのです」。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。