ニュース, ブログ, ...

カルダノの究極のガイド:Web3における最も謎めいた重要なブロックチェーンの1つを解明する

カルダノについて最も客観的な立場から、二週間におよび深くカルダノをリサーチした記事のご紹介です。カルダノの現状について知りたい方はぜひご一読を。

以下はWeb3 Pills by Alex Valaitisに掲載された記事「The Ultimate Guide to Cardano」を翻訳したものです。

Web3 Pills by Alex Valaitis:カルダノの究極のガイド

Web3における最も謎めいた重要なブロックチェーンの1つを解明する

by Alex Valaitis2022年5月27日

カルダノ・ブロックチェーン。このプロジェクトについて触れるだけで、まったく正反対の立場からさまざまな意見が寄せられることだろう。

カルダノの支持者は、現存するブロックチェーンの中で最もよく研究され、最もよく設計されたブロックチェーンの1つであると主張するだろう。また、このゆっくりとした慎重なアプローチの結果、展開が遅れたとしても、長い目で見れば十分に価値があるとも言うだろう。

一方、懐疑論者は、2017年にローンチされたにもかかわらず、カルダノはDApps(分散型アプリ)エコシステムと開発者の活動の面で、いくつかの新しいL1(レイヤー1)に遅れをとっていると主張するでしょう。

このようにスタンスの極端な二極化を考えると、カルダノは私が次に探求すべきブロックチェーンとして完璧だと感じました。

私の使命は、Web3空間における「レイヤー1最大化主義」の排除を支援することです。つまり、オープンマインドで各レイヤー1ブロックチェーンにアプローチし、その基本をすべて理解した上で発言することを心がけています。

この15日間、私はカルダノを深く研究しました。何十もの論文やビデオ説明書を消費し、カルダノDAppsやNFTエコシステムを探求し、TwitterやDiscordでカルダノ・コミュニティのメンバーと知り合うことができたのです。

以下は、その時の私の研究と経験のすべてをまとめたものです。私が望むのは、カルダノをよりよく理解し、単に(どちらかの)群衆に従うのではなく、情報に基づいた視点からあなた自身の評価を下すことができるようになることです。

注:私がどのようにレイヤー1ブロックチェーンを探求しているかについての洞察は、こちらの記事をご覧ください。

カルダノの技術+プロトコル⚙️について

カルダノが明らかに力を入れている分野があるとすれば、それはその技術の背景にある研究と哲学に関してです。

カルダノのコミュニティは研究を誇りにしており、自らを「ピアレビューされた研究、証拠に基づく手法で開発された」最初のブロックチェーンと呼んでいます 。(*1

IOHKのウェブサイトでは、彼らの139以上の論文に目を通すことができます。この記事では、ブロックチェーン技術とプロトコルの最も重要な側面に焦点を当てることを試みます。

カルダノの技術やプロトコルの詳細については、Tecmeupによるこちらの記事を強くお勧めします。

簡単に言うと、カルダノとは何か?

カルダノ・ブロックチェーンネットワークは、Proof-of-Stake(PoS)に基づくオープンソース、パーミッションレス、レイヤー1ブロックチェーンです。スマートコントラクトを実装しながら、スケーリング、相互運用性、持続可能性といった第2世代ブロックチェーンが抱える根本的な問題を解決している点で、「第3世代ブロックチェーン」(*2)と考えられています。

カルダノが競合他社よりも解決しようとしているユニークな問題は何ですか?

カルダノの創業チームは、ビットコインとイーサリアム(最も人気のある2つのブロックチェーン)の実装方法に大きな欠陥があると考えました。具体的には、ビットコインにはスマートコントラクト機能がないため、さまざまなユースケースに対応できないこと、イーサリアムの初期実装にはスケーラビリティとそれに伴う高い手数料に関する明確な問題があることを感じていた。(*3

カルダノは、第1世代と第2世代のブロックチェーンの良いところを取り入れつつ、上記のようなデメリットを修正しようとするものです。


カルダノ・ブロックチェーンプロトコル(Ouroboros)はどのように実装されているのでしょうか?

ウロボロスの分散化への道 – IOHKブログ

カルダノは、その基礎となるプロトコルを「Ouroboros」という名前で呼んでいます。ウロボロス(Ouroboros)プロトコルとその後のアップデートには様々な意味があるので、時間があれば読んでみることをお勧めします。

Ouroborosの最も重要な点は、Nakamotostyleコンセンサス、つまりネットワーク内のノードが台帳に新しいトランザクションを追加する際に最も長いチェーンに従うことを活用する上でビットコインを踏襲していることです。

しかし、Ouroborosがビットコインをのコンセンサスメカニズムと異なる点は、誰がリーダーであるかを決定するために計算能力を使用するのではなく(すなわちProof of Work)、Proof of Stakeを活用する点です。一般的なPoSコンセンサスでは、参加者は台帳を更新する権利のためにネイティブアセットを賭け、選ばれる確率は、バリデータによって賭けられたアセットの量(と時間)に基づきます。

また、参加者のインセンティブを高めるために、バリデータは母国通貨で報酬を受け取ることができる。カルダノの場合、母国通貨である「ADA」は、ステークされる通貨であると同時にバリデーターに付与される通貨でもあります。

カルダノがPoSを実装する方法には、いくつかの特殊な側面があり、それも指摘しておく価値があると思う。

  • ADAをステーキングするとき、あなたの資産は実際にはロックされておらず、賭けを解除するときに「クールオフ期間」が設けられることもない。
  • カルダノのPoSは「スラッシング」を実装しておらず、言い換えれば、ステークプール・オペレーター(SPO)が悪さをした場合、デリゲーターが罰として資産を失うことはない。
  • カルダノのステーキング要件は、わずか1ADA(UTXOの最低額をカバーするため)です。
  • デリゲーターはスマートコントラクトの中でADAを活用し続けることができます(つまり、デリゲーターでありながらDappsで資産を使用することができます)。

最後に、ステーキングプールはカルダノのPoSモデルの重要な部分ですが、後ほど説明するように、これはカルダノのサブコミュニティの原動力となっているため、コミュニティのところで説明します。

ノードのハードウェア要件は何ですか?ネットワークはどの程度分散化されていますか?

ノード」という用語は、カルダノ・ブロックチェーン・ネットワークに関して様々な意味を持つことに注意することが重要です。(*4

  • ノード(一般的に):カルダノのトランザクションの検証に参加するソフトウェアを実行するデバイスのこと。
  • ステークプール:信頼性の高いカルダノノード(稼働時間が長いなど)の集合で、人々がADAを委ねることができる。ネットワーク上のトランザクションを検証するだけでなく、新しいブロックを生成する機能も持っています。
  • ブロックプロデューサーノード:プロデューサー・ノードは、ブロックが実際に鋳造されるステークプール内のノードです。各ステークプールは少なくともプロデューサーノードを持つ必要があります。
  • リレーノード(Relay node) :鍵を持たず、ブロックを生成することができないノード。リレーノードは、コアネットワークノードとインターネット間のプロキシとして機能し、コアとなるブロック生成ネットワークノードの周囲にセキュリティ境界を確立します。

IOHKのウェブサイトによると、SPOの最低要件は以下の通りである5。(*5

ハードウェアとステーキングの要件が低いため、カルダノは現存する最も分散化されたブロックチェーンの1つであり、3,193以上のステークプールがあり、単一のステークプールがADA総ステークの12%以上を持っていません(これは現在流通総量の70%以上である)。(*6

$ADAの実用性+トークノミクス

カルダノネットワークのネイティブトークンは$ADAです。ネットワークを維持するためにバリデーターにインセンティブを与えるために使用される以外に、以下のような様々な活動に使用することができます。取引手数料の支払い、CNFTの購入、さまざまなDeFiアプリでの利用などです。

カルダノがコミュニティから強い支持を受けている主な理由の1つは、他のLayer-1ブロックチェーンよりも初期トークンの割り当てが「公平」であったことに起因しているようです。具体的には、259億ADAの初期供給量の80%以上が、2015年から2017年にかけてパブリックセールで配布されました。(*7

メッサリのツイッター

新しい経済システムをゼロから設計すると想像してみてください、あなたはどのように設計しますか?アーキテクチャーはその際、自由、機会、公平といった社会が共有する理想を満たそうとします。

これは、チーム&VCのための大規模なインサイダーラウンドを見ている多くの最近のL1とは全く対照的であり、しばしば高い価格でのみアクセスできる個人投資家にダンピングされています。

ADAの供給は450億が上限で、現在の流通量は約338億、ネットワークインセンティブのために約110億が残ります。(*8

コアブロックチェーンは何語で書かれているのですか?EVMと互換性があるか?

カルダノは、コアブロックチェーンの開発にHaskellと呼ばれる関数型プログラミング言語を使うことにしました。

関数型プログラミング言語は、Java、Python、Rustなどのオブジェクト指向のプログラミング言語とは異なります。FP言語とOOP言語の違いの完全な内訳は、こちらの記事をご覧ください。

カルダノチームは、ブロックチェーンネットワークにとって重要であると主張する、より安全でセキュアになる不変のデータを使用するため、FP言語を選択した。このアプローチの欠点は、引き出せる開発者のプールが小さくなってしまうことです。例えば、Githubのソースリポジトリのアクティブユーザーの1%以下しか使用していません。(*9

a16z State of Cryptoより
Web3開発ではイーサリアムが依然トップだが、開発者の関心ではカルダノがトップ5

以上のように、カルダノは2021年9月のAlonzoハードフォークでスマートコントラクトのサポートを開始しました。カルダノは自社のスマートコントラクトプラットフォームをPlutusと呼んでおり、Marloweという金融契約用のノーコードスマートコントラクトオプションも開発中だそうです。

最後に、カルダノはMilkomeda EVMサイドチェーンを通じてEVM互換になったとされており、これによりイーサリアムとカルダノの間でスマートコントラクトの相互運用が可能になる。(*10)これは、現在イーサリアムがWeb3開発者コミュニティ全体を掌握していることを考えると、採用のための大規模なものとなるでしょう。しかし、この記事を書いている時点で、このサイドチェーンがどれだけ広く採用されているかは不明です。

技術的なまとめ

もうお分かりかと思いますが、Cardano Foundation(カルダノ財団)はブロックチェーンとプロトコルをどのように構築するかについて、一切の妥協を許さない姿勢で臨んでいます。

この記事では、Cardanoのロードマップの5つの時代ステーキング分布の細かい詳細エポックを含む)、EUTXOモデル、ネイティブトークン、サイドチェーンなど、多くの側面を割愛させていただきました。

意図的に深入りしないことにしたのには、いくつかの理由があります。1つ目は、99%の人が(まだであれば)興味を失っているだろうということです。これは、私がカルダノに対して持っている数少ない非難の一つで、財団/コミュニティは時として不必要に難解な言葉に傾きがちで、彼らの技術を説明する際にパレートの原理を活用しようと苦心しているということです。

別の言い方をすれば、カルダノ財団は、彼らの技術やプロトコルが競合他社よりはるかに優れている主要な要素をもっと強調する必要があると考えています。私の目には、上記の比較的簡単な概要よりもさらに簡潔にまとめることができるように思います。

カルダノのdapp + NFTエコシステム 📱

歴史的に、カルダノに対する批判のほとんどは、その技術の背後にある研究や哲学についてではなく、むしろその技術を適用/実装することができないことについてでした。

いくら言葉を並べても、論文を書いても、それを活用するアプリとユーザーのエコシステムがなければ意味がない。

数四半期前まで、カルダノはダンプが稼働していないという点で、ある程度「ゴーストチェーン」であるという正当なケースもありました。しかし、開発努力が急速に進んでいることに、私はとても驚きました。

カルダノがDappsパーティーに出遅れたことは問題ではないようです。なぜなら、多くの開発者とコミュニティメンバーが傍観していたため、いったん門戸が開かれると、あっという間に多くの地盤が築かれたからです。

私はカルダノ上で既に稼働している様々なDAppsとNFTコレクションを探索するのに時間を費やしました。そこから学んだハイレベルな洞察をいくつか紹介します。

カルダノウォレット

Eternl:The Eternl wallet interface is really touch on the eyes
Eternlウォレットのインターフェースは目に優しいです。

カルダノはすでにネットワーク上で様々なウォレットプロバイダを利用できるようになっているのは嬉しいことです。Twitterでどのカルダノウォレットを使うべきかという質問を投げかけたところ、最もよく言及されたウォレットは3つでした。NamiEternl、そしてGeroWalletです。

いろいろなウォレットを設定するのは面倒なので、私はNamiとEternlでウォレットを設定した。全体的に、これらのウォレットは私の基本的なニーズのほとんどを満たしている一方で、UX/ユーザビリティに関してはどちらもひどく欠けていました。

Namiのウォレットエクスペリエンスを改善する方法についてTwitterでスレッドを立てましたが、Phantom、MetaMask、Coinbase walletなどのウォレットに匹敵するカルダノウォレットをまだ見つけていないというだけの話です。

The Nami wallet is solid, but still behind the top wallets on other blockchains
Namiウォレットは堅実だが、他のブロックチェーンのトップウォレットに比べるとまだ遅れている

例えば、他のチェーンのトップウォレットの多くは、本当に洗練されたインターフェースを持っているだけでなく、iOSのネイティブモバイルアプリをサポートしています(注Eternlはネイティブモバイルサポートですが、そのUXは荒いです)。

私は、近い将来、A+のカルダノウォレットプロバイダーが出現し、大衆がそのDAppsエコシステムに乗ることを容易にすることが非常に重要であると信じています。このウォレットは、個々の開発者だけでなく、フルチームによってサポートされなければなりません(どんなに優秀であっても)。

Cardano DAppsエコシステム

Solana(ソラナ)のようなブロックチェーンとは対照的に、カルダノはウェブサイト上でそのDApps エコシステムにあまり重点を置いていないようです。これはエコシステムの分散化を促進するためだと聞いていますが、しかし、検索体験に摩擦を与えています。

私が非常に有用だと感じたリソースの1つは、Cardano Cubeで、カルダノ・エコシステムのすべてのDappsをハイライトするウェブサイトです。

私はカルダノで作られた様々なDappsを使う機会があったのですが、その結果、以下のようなものがありました。

DeFiアプリ

DeFiアプリに関して、私がエンドユーザーとして本当に気になることは数少ないです。ユーザビリティ/UX、利回り、そして信頼です。

多くの初期のDappエコシステムと同様に、カルダノのDappはこれらの面でまだ多くの不満がありますが、初期の進歩の強い兆候もあります。

例えば、SundaeSwapMinswapは、私がWeb3全体で見てきたトップDEXと同等のUXを持っています。 これらのアプリが現在直面している最大の問題は、彼ら自身のせいではなく、プールを作るための多くの有名なカルダノプロジェクトのトークンがないことと、イーサリアムなどのブロックチェーンよりもTVLがずっと低いことなのです。

TVLは流動性の深さを提供し、ユーザーにとってボラティリティの低い体験となるため、重要なのです。これを踏まえて、SundaeSwapのトッププールのTVLは~$5Mに過ぎず、Uniswap(*11)の50位のプールのTVLの半分に過ぎないのです。

注:多くの人が、カルダノはDeFillamaをベースにした他のブロックチェーンよりもTVLが少ないが、これはプロトコルに賭けられた70%以上のADAを考慮していないと指摘しています。

また、カルダノが素晴らしいDeFi体験のために必要な重要なツールは、まだいくつかあります。例えば、カルダノは現在、ネットワーク上で著名なステーブルコインを欠いています。確かに、Djedは進行中であり、多くの可能性を持っています。しかし、最近のUSTの崩壊を考えると、彼らがアルゴリズムステーブルコインを使用しているという事実に、私はいくつかの懸念を抱いています。私の希望としては、カルダノがLuna Foundationよりも慎重なアプローチを取れることですが、私は依然として慎重です。

同様に、Cardano mixerは、カルダノに必要なプライバシーの角度を提供できるかもしれませんが、やはりこのプロジェクトはまだ開発中で、生産はまだです。

他にも多くの DeFi アプリで遊んでみましたが、私が上に書いたコアピースが今後数四半期に渡ってロールアウトまたは改善され続けることで、それらすべてが恩恵を受けると信じています。

Web3アプリ

多くのブロックチェーンはまだDeFiアプリに超集中していますが、個人的にはWeb3ソーシャル、メタバース、DAOs、ゲームなど、将来登場する他のユースケースにもっと興味があります。

私の知る限り、カルダノにはSolanaのStepNやHIVE/WAXのSplinterlandsのようなブレイクするWeb3アプリはありませんが、それを主張できるブロックチェーンはほとんどありません。言うまでもなく、これらの人気アプリがユーザーに対して真の持続力を持つかどうかは未知数です。

全体として、Cardano Web3アプリに関する私の現在の見解は、それらについて強い意見を形成するにはまだ少し早すぎるということです。Cardano VillagePeepsuleのようなソーシャル、ゲーム、メタバース系の有望なプロジェクトの多くは、まだ開発中です。

Vasilハードフォークの後、どのDappsが単なる紙の上のコンセプトから、真に粘着性のあるアプリに生まれ変わるのか、興味深いところです。

NFTコレクション+マーケットプレイス

カルダノがユーザーから強い支持を受けているように見える分野の1つは、NFT(またはCNFT)エコシステムである。これは、多くのブロックチェーンネットワークが最初のアクティブユーザーベースをブートストラップした方法であり、カルダノにとって有望な傾向であると言えます。

この1週間の時点で、カルダノはすでにレイヤー1ブロックチェーンの中で3番目に大きなボリュームを出しており、カルダノ上のNFTがまだ比較的新しいことを考えると、これは印象的なことです。

私はYummi UniverseClaypezを含むいくつかのCNFTを自分用にピックアップし、現在私のPixl Pageで表示しています。

私は、カルダノの情熱的なコミュニティがより多くの資金をこれらのコレクションに移動させるため、Cardano NFTが今後数四半期で飛躍的に成長することを期待しています。OpenSeaやCoinbase NFTとの統合が実現すれば、NFTの価格が急上昇する可能性があります。

しかし、これらの統合がなくても、Jpg.store(私のお気に入り)、CNFT.ioCardahubなど独自の強力なNFTマーケットプレイスによって、カルダノは有利な立場にあるようです。

CardanoのDAppエコシステムのまとめ

全体的に、私はカルダノ上ですでにローンチした、または現在開発中のさまざまなプロジェクトにとても驚きました。

私はまだ彼らのコンシューマーエコシステムをこの分野の他の企業に遅れをとっていると思いますが、私はカルダノがユーザーと開発者の強力なコミュニティによって、今後1年間で大きく前進することを期待しています。

最後に、カルダノは、Wolfram、Dish network、Rivalといった企業とのパートナーシップにより、商業的な面でも大きな進歩を遂げたことをお伝えしておきます。

カルダノコミュニティ 🤝

私は、カルダノブロックチェーンの秘密のソースは、そのコミュニティだと感じています。これは、カルダノが何年もDappsが稼働していないにもかかわらず、MCによるトッププロジェクトの1つであり続けていることを考えると、理にかなっていると思います。

この点を証明するために、逸話的な証拠と定量的な証拠の両方を提供したいと思います。

個人的には、Twitterでつぶやいた内容に対するエンゲージメントが非常に高く、質問や意見に対してコミュニティがすぐに反応してくれることです。これは、見せかけや「ボット」によるものではありません。DMやTwitterスペースで多くの魅力的な会話をしましたし、Consensus 2022などのイベントでコミュニティのメンバーに会う予定です。

今、$ADAの袋を受け取って、@NamiWalletをセットアップしたところだ。
さて、最初のカルダノNFTを買いに行く時間だ 🖼️。

5月12日 2022年
65件のリツイート 1,067件のリツイート


これは、他の人を教育する/助けることを深く気にするコミュニティです。彼らの多くは、他者から大量のヘイトやFUDを受けながら残ってきたので、カルダノがもっと勢いを取り戻し始めても、それは変わらないと思います。

ネットワークの採用

私の主観はさておき、ブロックチェーン上には、カルダノコミュニティが継続的に傾倒し関与していることを証明する多くのハードデータがあります。

Cardano.fanのデータによると、ネットワーク上にはすでに330万以上のウォレットが作成され、110万以上のユニークなデリゲーターが存在し、ネットワークは通常1日に10万以上のトランザクションを処理しているとのことです。

ステーキングとガバナンス

先に述べたように、カルダノはそのステーキングプログラムで大規模な普及を遂げ、流通量の70%以上がステーキングされています。

このほとんどは、カルダノのステーキングプールを中心に推進されている。私がカルダノの魅力に感じたことの一つは、ステーキングプールが実は非常に共同的な性質を持っていることです。

ステーキングプールの中には、独自のミッションやトークンを持つものもあり、多くはメンバー同士が交流するための独自のTwitterハンドルやDiscordサーバーまで持っています。

ステークされたADAの利回りを稼ぎ、コミュニティを形成する以外に、メンバーはカルダノ・ブロックチェーンのガバナンスに参加することもできる。Project Catalystやideascaleのような新しいツールでは、ADA保有者が実際にネットワークの方向性を決定する手助けをすることができます。これと同じレベルでガバナンスに注目しているブロックチェーンはほとんどありません。

カルダノチーム

カルダノのコアチームについて短く言及しないのは、不注意と言わざるを得ない。カルダノは現在、3つの主要な組織で構成されています。Cardano Foundation、IOG、EMURGOの3つの組織があり、それぞれがユニークな目的を担っています。

これらの組織はすべて、実績のあるオペレーターとこの分野で最高の頭脳を持つ強力なチームを持っています。

My entire ADA net worth is in the hands of this guy
私のADAの純資産は、すべてこの人の手にあります。

言うまでもなく、カルダノコミュニティの中心的役割を果たすEthereumの共同創設者であり、IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、この分野における力を持っています。彼はおそらく誰よりもカルダノの文化を体現しているので、カルダノに興味がある人は彼の講演をいくつか聴くことを強くお勧めします。言うまでもなく、彼はブロックチェーンネットワークのほぼすべての角度について明らかに考えてきた人です。

結論

1週間ほどカルダノを研究するつもりだったが、結局2週間以上かけてこのプロジェクトについて学び、関わってきました。その理由の多くは、カルダノが全分野の中で最も複雑で多面的なブロックチェーンの1つであるという事実と関係しています。

多くの新しいチャレンジャーであるLayer-1とは異なり、カルダノはその背後に何年もの歴史があり、それを紐解き、探求する価値があるのです。この間、カルダノは多くの新しいアイデアやコンセプトを導入し、自分たちのブロックチェーンだけでなく、より広いWeb3空間全体に恩恵を与えることに貢献してきました。

長年にわたるこの勤勉な作業の見返りとして、カルダノは保有者、開発者、そして現在アクティブなユーザーからなる強力なコミュニティを構築してきました。

今後、カルダノの明確なアルファは、その研究指向のルーツから少し離れて、エンドユーザーとそのブロックチェーン上のアプリケーションにもっと焦点を当てることだでしょう。

さらに、カルダノはそのテクノロジーとエコシステムを一般的にもっと親しみやすいものにすることで利益を得ることができるでしょう。この記事は、実は今現在のカルダノがいかに複雑であるかを示す好例です。

研究者として、私はあまりにも多くのコンテンツや情報にさらされ、どれがカルダノについて知るべき最も重要な情報なのか、ふるいにかけて見極めるのが困難な時もありました。

とはいえ、カルダノの魅力は間違いなく理解できました。研究から、芽生えつつあるDappsエコシステム、そして情熱的なコミュニティまで、この分野の誰もがいつかは飛び込んでみるべきブロックチェーンです。

このプロセスの結果、私はブロックチェーンとWeb3についてより深く知ることができ、カルダノの次のフェーズがどのようなものになるのか、エンゲージメントの観点から楽しみです。

カルダノのピースはすべて揃ったので、あとは大衆に届けるだけです。

-アレックス・ヴァライティス

私のコンテンツには一切お金はかかりませんが、もしあなたが私をサポートしたいのであれば、以下の3つの方法があります。

1)私のADAハンドルにADA、トークン、NFTでチップをください(すべてCardanoエコシステム内で管理することを約束します)👇。

$AlexValaitis

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。