IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:DISH、Input Output Global(IOG)技術で構築された分散型IDおよびロイヤルティコインシステムを発表

IOGは、昨年のカルダノサミット2021で提携を発表していた米国の通信サービス会社であるフォーチュン250企業の「DISH NETWORK」とともに、自社(IOG)技術であるAtala PRISMのIDサービスとカルダノのネイティブアセット機能を通じて構築した、分散型IDおよびロイヤリティコインシステムを立ち上げたことを発表しています。

以下はIOGブログに掲載された記事「DISH launches decentralized identification and loyalty coin system built on Input Output Global (IOG) technology」を翻訳したものです。

DISH、Input Output Global(IOG)技術で構築した分散型IDおよびロイヤリティコインシステムを立ち上げ

この取り組みは、DISHとIOGの長期的な協力関係の一環であり、DISHのエコシステムへの分散型技術の採用を促進するための革新的なブロックチェーンソリューションを創出するものです。

by Fernando Sanchez 2022年6月7日

DISH Network Corporationは、Input Output Global(IOG)が設計・開発したブロックチェーン技術をベースにした分散型IDおよびロイヤリティコインシステムの立ち上げに向けた最初の一歩を踏み出しました。この最初のステップは、Atala PRISMのIDサービスとカルダノのネイティブアセット機能を通じて、DISHのインフラでブロックチェーン機能を実現するものです。

このコラボレーションの最終目的は、カルダノ・ブロックチェーン上に最初に構築された、堅牢で完全にデジタルかつ分散化された識別とロイヤリティのフレームワークを作成することです。

DISHは、米国コロラド州に本社を置く衛星テレビ会社です。2021年カルダノサミットにおいて、IOGのチャールズ・ホスキンソンCEOは、両社が協力して斬新なブロックチェーンソリューションを作成し、分散型台帳技術の採用を推進すると発表しています。

今回のMVPは、IOGとDISHの長期的かつ革新的なコラボレーションであるCRONUSプロジェクトの一環で、ブロックチェーンをDISHのエコシステムと今後の消費者戦略全体の中核に据えることを目的としています。

CRONUS MVPはどのように機能するのですか?

MVPは、ブロックチェーン技術に支えられたバックエンドトークンベースのロイヤルティシステムの構築に向けた旅の始まりを意味します。その旅の最初のステップは、DISHのロイヤルティプログラムBoostOneのロイヤルティコイン残高を複製する、カルダノブロックチェーン上のロイヤルティトークンの鋳造を可能にすることです。

カルダノは、顧客が獲得したロイヤルティコインまたはBoostcoin™の残高を追跡し、それに応じてロイヤルティトークンを鋳造または焼却します。ロイヤリティ・トークンの残高は、DISHが管理するウォレットを使用して、毎晩のバッチ処理で調整されます。IOGはこのウォレットにアクセスすることはできません。個人を特定できる顧客情報が含まれないようにするため、MVPはAtala SDKライブラリを活用して未発表の分散型識別子(DID)を生成しています。

MVPのコア機能

MVPは、ローンチ時に以下の機能を提供します。

  • Boostcoinを追跡し、トークン残高とロイヤリティーコイン残高が一致するようにロイヤリティートークンの鋳造/焼成が必要な数を示すロイヤリティー台帳データベース。
  • カルダノ・メインネット上でトークンを鋳造し、制御するためのAPI。
  • ロイヤリティ台帳データベースから提供されるデータに従って、ロイヤリティトークンの鋳造と燃焼が行われるカルダノメインネット。
  • すべてのBoostcoinを保持するDISHの組織的なウォレット。ウォレットは、夜間のバッチ更新時に鋳造と燃焼のトランザクションを実行します。
  • 顧客ごとに未公表のDIDを生成。このDIDは、MVPの外部にある顧客マスターにマッピングされる。DIDはAtala SDKライブラリで作成されるが、それ自体はCardanoブロックチェーンに公開されない。

MVPには2つのAPIが含まれている。

1.カルダノ・メインネットブロックチェーン上でトークンを鋳造し、制御するためのAPI

  • ロイヤリティトークンの鋳造/燃焼
  • 流通するトークンの総数を照会するAPI

2.ロイヤリティ台帳データベースのAPI

  • 顧客のアカウントにロイヤリティコインを追加する
  • 顧客のアカウントからロイヤリティコインを差し引く
  • 各顧客のロイヤリティ・コイン残高と取引の照会

このMVPは、ブロックチェーン導入の大きな旅の最初のステップを表しています。この最初のステップは、ブロックチェーンの有効化に関するものです。DISHは、様々なノードを稼働させ、DIDを発行し、ネイティブアセットを鋳造・燃焼させることで、カルダノエコシステムの参加者となる予定です。次の段階はブロックチェーンの導入で、DISHのユーザーはブロックチェーンエコシステムのさまざまな側面を徐々に紹介されることになります。ウォレットを持つことを含みますが、それに限定されません。

MVP:ユーザーストーリー

CRONUS MVPは、DISH自身と開発パートナーであるIOGの両方にとって、さまざまな機会を開くものです。しかし、最終的にはDISHの顧客層が最大の利益を得ることになる。例えば、BoostOneアプリのユーザーは、MVPによって、ポイントコインの残高や取引内容を確認することができます。

また、バックエンドのBoostOne管理者は、MVPによって、以下のようなコントロールが可能になる。

  • 必要に応じて、BoostOneアプリのユーザーのアカウントにロイヤリティコインを追加したり、削除したりすることができます。
  • BoostOneの顧客に獲得したロイヤリティコインを提供するために、必要に応じてカルダノメインネット上でトークンを鋳造、または燃焼させる。
  • DISHロイヤリティトークンウォレットを単独で管理し、顧客がロイヤリティトークンを直接操作できないようにする。
  • ロイヤリティ・コイン・アカウントに関連する顧客を特定するために、未公開のDIDを参照する。

まとめ

この先駆的なMVPは、通信エコシステムへのブロックチェーン対応システムの統合に向けた大きな一歩であり、特に分散型台帳を活用したロイヤルティプログラムの構築に向けた一歩となります。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。