ニュース, ブログ, ...

IOG:VasilアップグレードとHFCイベントに向けてラストスパートに

Vasil HF アップデートについてIOGが最新状況をツィートで伝えています。

VasilアップグレードとHFCイベントに向けてラストスパートに入っており、『今最後の1マイルに向かっている』とのことで、作業は順調に進んでいるとのことです。

新しい専用の開発者テストネットを立ち上げ、Vasil用の新しいNodeリリースを、新しいPlutusの機能を含む新しい CLIの最初のリリースとともに、成功裏に提供しています。

Vasilへの統合作業は、最も複雑なものとなっており、多くの可動部品があるため、今はカルダノ・コミュニティとの緊密な連携を確保し、すべてを適切な品質で並べられるようにすることに重点を置いているとのことです。

また、現在約40のプロジェクトがBuildingOnCardanoとして最終テストを実施しているとのこと。

次の焦点は、現在のところ6月10日が、メインのカルダノテストネットをハードフォークするのに適した状態にあるかどうかを評価する決定点になるとのことです。

詳しくは下記のIOGのツィート翻訳をご覧ください。

以下はIOGのツィッターに掲載された内容を翻訳・要約したものです。

🏃VasilのアップグレードとHFCのイベントに向けて、我々は今最後の1マイルに向かっています。作業は順調に進んでおり、我々のオペレーション上の焦点は、最も効率的なルートで、しかし最も重要なのは適切な品質でH/Fを届けることに変わりはありません。

✔️安全かつ確実なアップグレード/ハードフォークを成功させることはIOGの責任です。また、Dapp開発者からサードパーティツールプロバイダーまで、取引所とエコシステムパートナーへの混乱を最小限に抑える必要があります。

👌Vasilへの統合計画は、様々な角度から見てこれまでで最も複雑なものとなっている。多大な労力だけでなく、綿密な連携が必要なプロセスです。

🔗コアノードだけでなく、DB-Sync から Blockfrost のようなサードパーティ API に至るまで、複数のコンポーネントをアップグレードする必要があります。したがって、多数の相互依存関係などがあります。

⚙️多くの可動部品があるため、今はカルダノ・コミュニティとの緊密な連携を確保し、すべてを適切な品質で並べられるようにすることに重点を置いています。

今日、私たちはVasil 用の新しいNode リリースを、新しいPlutus の機能を含む新しい CLI の最初のリリースとともに、成功裏に提供したことを報告できることを嬉しく思います。同時に、私たちは広範な継続的テストプログラムで見つかった残りの問題にも対処し続けています。

🏗️エコシステムのパートナーが必要な時間を確保するために、私たちはこの新しいノードバージョンを使って新しい専用の開発者テストネットを立ち上げ、私たちが直接協力している開発者とエコシステムのコアグループを拡張しているところです。

現在、約40のプロジェクトがBuildingOnCardanoとして最終テストを実施中です。これにより、すでにネットワーク上で稼働しているDappsの機能に悪影響がないことを確認することができます。

🗓️ 我々の焦点は、次のステップにつながる毎週のマイルストーンのトラッキングに移ります。現在の計画では、6月10日が、メインのCardano Testnet をH/Fするのに適した状態にあるかどうかを評価する次の社内決定点となります。

次の重要なステージを支えてくれるプロジェクトの皆さん、ありがとうございます🙌。

次回の月半ばの開発アップデートで進捗をお知らせします💪。
https://youtube.com/iohkio

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。