ニュース, ブログ, ...

Yahoo Finance Liveインタビュー:カルダノ創業者、暗号業界について「ベアマーケットは実はとても快適だ」と語る

チャールズ・ホスキンソン氏は、6月9日に公開されたYahoo Finance Liveのビデオインタビューで、市場の不確実性が暗号通貨に与える影響、スケーラビリティ、暗号通貨取引所の見通しについて述べています。

以下はYahoo Financeに掲載された記事「Cardano founder on crypto industry: ‘Bear markets are actually quite comfortable’」を翻訳したものです。

カルダノ創業者、暗号業界について「ベアマーケットは実はとても快適だ」と語る by Yahoo Finance

by Yahoo Finance 2022年6月9日

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏がYahoo Finance Liveに参加し、市場の不確実性が暗号通貨に与える影響、スケーラビリティ、暗号通貨取引所の見通しについて議論しています。

以下は動画のテキストおこし

ブラッド・スミス氏(インタビュー司会):暗号通貨は今朝、ステーブルコインが精査に直面し続けているにもかかわらず、堅調に推移しています。アルトコインのカルダノは、同社がプラットフォームを取り巻くいくつかの新しい開発を発表した後、利益を上げています。カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン氏とYahoo Financeのデビッド・ホレリス氏が参加しています。

チャールズ、お時間をいただきありがとうございます。まず何よりも、ネットワークをスケールアップするためにあなたが行ってきた段階について考えるとき、この第4の段階について話してください。これは5つの段階のうちの1つですが、視聴者のためにも、この段階がいかにうまく進んでいるかに注目すべきです。

チャールズ・ホスキンソン氏:さて、まず、私をお招きいただきありがとうございます。私は今、ここテキサス州オースティンでコンセンサスに参加しています。この業界では最大のイベントです。何万人もの人々が走り回るのを見るのは楽しいものです。しかし、それは長い道のりでした。私たちがカルダノに取り組み始めたのは2015年で、最初のローンチは2017年でした。そして、私たちはエコシステムとして、着実にアップデートを続けてきました。そして、静的で連合型のシステムから、動的で分散型のシステムへと変化してきました。そして、最新のアップデートは、スケーラビリティに関するものです。

つまり、ユーザーを増やしても、コストやパフォーマンスが予測可能なネットワークを実現するにはどうすればいいかということです。私たちはコンセンサスで、そのようなことを話し合っています。数人のユーザーから300万人を超えるユーザーへと成長したことは、非常に驚くべきことです。エコシステムで発行された資産は50億を超え、何千ものアプリが開発中です。このような需要に対応するためには、新しい技術が絶対に必要なのです。

デビッド・ホレリス氏:どうも、チャールズ。デビッド・ホレリスです。番組へのご出演ありがとうございます。私は、もう少し広い視野で考えていました。他のブロックチェーン・レイヤ1プロジェクトと比較して、カルダノで最初に気づいたことは、速く動いて物事を壊すというアプローチをとっていないことです。

その代わり、ソフトウェアに加えられた変更は、かなり厳密にピアレビューされています。過去には、それが技術的なアップグレードの遅い展開につながったこともありました。カルダノの現在の使用状況と目的、そして金融の未来にどのようにフィットするとお考えでしょうか?

チャールズ・ホスキンソン氏:もちろんです。カルダノの遺産の一部は、常に証拠に基づくソフトウェア開発です。つまり、あなたのソフトウェアが実際に機能するという証拠が必要なのです。そして、もしプロトコルを使っているのであれば、それはピアレビューされたプロセスから来るものでなければなりません。だから、このプロジェクトでは140以上の学術論文を書いています。これらはすべて公開、オープンソース、フリーで、その多くは暗号学の主要な場であるEurocryptやCrypto CCSのような査読を経ています。そして、ソフトウェア側では、形式的手法を適用して仕様を作成し、ソフトウェアが実際に動作することを実証しています。

このソフトウェアが世界中の金融オペレーティングシステムになることを目指していますが、私が特に情熱を注いでいるのは発展途上国の分野です。このアイデアは、経済的なアイデンティティと代理権を持たない人たちのためにあります。銀行を利用できない人は約30億人います。彼らは、送金、クレジット、保険、その他の金融サービスを受けることができたとしても、高い料金を支払っています。

そこで、エチオピアやケニアなどで、直接、あるいはパートナーを通じて間接的に、ザンジバルなどを中心に事業展開をしています。ワールドグローバルはISPを建設しているので、実際に国全体にインターネットを展開し、ブロックチェーンベースのシステムを構築していきます。エチオピアでは、学歴認証のプロジェクトを行っています。約500万人の学生を対象に、カルダノ・ブロックチェーンシステムを使って成績や資格をすべて確認できるように、徐々に導入しています。ケニアでは、マイクロファイナンスのパイロットをやっています。

これらは私の会社が行っている個人的なことですが、大きなエコシステムなのです。世界中にたくさんの企業が活動しています。伝統的な暗号のユースケースも多く見られますが、明らかにDeFiのような新しいものもあります。分散型取引所、オラクル、ステーブルコイン、こういった種類のものです。COTIやWingRiders、SundaeSwap、Heldなど、カルダノ・ブロックチェーン上に構築している素晴らしい企業があります。いずれも、何かを成し遂げようとしているのです。

カルダノで成長しているもっと驚くべき分野は、NFTのスペースです。デプロイされているアプリケーション全体の約40%がNFT関連です。3つあって、1ヶ月のNFTのボリュームは約2700億円。年間では30億ドル以上です。また、Metaverse空間やCornucopiaなど、信じられないような作品がたくさんあります。この1年間でどれだけのスピードで成長したかを見ると、本当に感動的です。

ブラッド・スミス氏(インタビュー司会):このような取り組みが行われている中で、この暗号の冬は、より広い範囲での成長のための次の足掛かりを作るために、何が違うのでしょうか?

チャールズ・ホスキンソン氏:そうです。強気相場というのは、誰も協力しようとしないので、本当にイライラさせられます。誰も協力したがらないし、非現実的な賃金、非現実的な期待など、多くの密猟者がいます。ベアマーケットは実に快適です。ベア(熊)を組み立てるようなものです。一日中、人と話すことができる。人と一緒に仕事ができる。そして、それが繰り返されるのです。私は個人的に、これまで6回ほど弱気相場を経験してきました。

そのたびに、大きな進歩がありました。そこで生まれたのがスマートコントラクト革命です。DeFi革命の多くもそこから生まれました。この特別なものは、多くの人がその操作性の向上に焦点を当てています。オープンバンキングイニシアティブのISO222のようなものを、暗号通貨スペースとどのように統合するか?プロトコルのスケーラビリティをどのように向上させるか?ポータビリティを向上させ、モバイルデバイスで動作するようにし、消費者体験を向上させるにはどうすればよいのか?

そして最後に、ガバナンスの面をどのように改善するのか。私たちは、Windowsはマイクロソフトに、iPhoneはアップルに、というように、製品を管理する側で考える傾向があります。しかし、暗号通貨の世界では、そのようなことはありません。すべてを管理するカストディアンがいるわけではありません。何十億、何百万というユーザーがいるのに、誰も責任者がいないのにどうやって統治するのでしょうか。

弱気相場は、そのようなことが起こる絶好の機会です。なぜなら、誰もがより仕事に集中しているからです。そして、より協力的になる傾向があります。私たちはこれまで、このような取り組みを行ってきました。私たちはこれからも論文を書き続けるでしょう。少なくとも今は、膨大な量のコードがあります。リリースは規則正しく行われています。

デビッド・ホレリス氏:チャールズ、カルダノは今月末にアップグレードが予定されていますね。このアップグレードのポイントは何でしょうか?その目的は何ですか?

チャールズ・ホスキンソン氏:まあ、スケーラビリティの側面と、開発体験に関連した改良の数々です。プログラミング言語をリリースする場合、開発者にしばらく使ってもらわなければなりません。そして、開発者が戻ってきて、ここがいい、ここが悪いと言うわけです。そうすると、開発者が気に入らない部分はどんどん変更されていきます。そして、そのために多くの改良がなされます。

そしてもうひとつは、パフォーマンスを向上させ、需要の増加に対応することです。カルダノの取引量を見てみると、今、指数関数的に伸びているんです。そのため、必要であれば、アップグレードを行い、エコシステムに対応できるようにすることができます。

Pipelineと呼ばれるアップグレードが予定されており、パフォーマンスが少し向上し、エクスペリエンスが大幅に改善されます。これにより、エコシステム上のDAppのボリュームが今年の後半に力強く成長することが可能になるはずです。また、今年から来年にかけて、より大きなスケーラビリティと相互運用性のガバナンスに関連する、より大きなアップグレードのための配管とインフラストラクチャでもあります。

Bブラッド・スミス氏(インタビュー司会):わかりました。

チャールズ・ホスキンソン氏:私たちは非常に地道な存在です。より良く、より早く、より安く、そしてより多くの人々をテント内に取り込むという、いつも通りのビジネスです。そして、それがあなたのやり方です。毎日少しずつでも成長していかなければなりません。そして、時間が経つにつれて、それが本当に素晴らしいものになるのです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。