ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン氏、World Mobileのパワーを語る

インタビュー :IO CEO チャールズ・ホスキンソン氏、World Mobileのネットワークについて語る

以下はWorldmobileブログに掲載された記事「Charles Hoskinson on the power of World Mobile」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン氏、World Mobileのパワーを語る

by World Mobile Staff 2022年7月19日

World Mobileと、Cardanoブロックチェーンプロトコルの開発を担当する研究開発企業Input Output(IO)は、深く生産的なパートナーシップを享受しています。

ブロックチェーン上に構築されたより優れた公正なモバイルネットワークを通じて世界中に公平な接続性を提供するという我々の目標は、デジタルエージェンシーと刺激的な新しい金融サービスを世界中の人々に提供するWeb 3.0テクノロジーの民主化と分散化を追求する彼らの目標と一致するものです。

最近テキサス州オースティンで開催されたコンセンサス2022を訪れた際、私たちはカルダノのエコシステムの多くの主要人物と会い、これらの課題について議論する機会を得ました。私たちは、Input Outputと、パートナーシップを拡大し、すべての人にとってより良い、より公平な未来を実現するためにどのように協力できるかについて、エキサイティングな会話を交わしたのです。

また、イベントに参加している間、Input OutputのCEO兼創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏と会談し、World Mobile(ワールド・モバイル)ネットワークの印象と、未接続の人々を接続するという我々の使命について話をしました。

通信を再起動させる革新的なアプローチ

ホスキンソン氏はまず、ザンジバルでの展開だけでなく、私たちのシェアリングエコノミーモデルの実現可能性を示す意味でも、私たちが接続を促進するために行った進歩に感銘を受けていると述べました。

昨年ザンジバルに行き、あなたが建てたタワーのいくつかを見る機会があったんですよ。

特にザンジバルでは、国土全体をカバーするのにたった2つの気球で済むのですから、驚異的です。

そして、これらが仮説ではなく、深く設計され、深く製造され、近い将来に実現されるという事実です。

World Mobileのネットワークでホスキンソン氏が感銘を受けたもう1つの点は、レガシーネットワークが採用してきたネットワークインフラへの従来のアプローチを覆す、破壊的なハイブリッドネットワークモデルです。

通信業界では過去25年間に膨大な量の技術革新が行われましたが、通信業界の市場構造上、技術革新を展開するインセンティブがないのが実情です。そのため、多くの点で我々は1990年代、2000年代、場合によっては1980年代の携帯電話やソフトウェア・デファインド・ネットワーキングの時代に構築された技術に留まっているのです。

ワールド・モバイルが先駆けとなってリードしてきた多くのイノベーションがあります…最終的には、接続されていない人たちの接続を可能にするものです。しかし、本当に素晴らしいのは、インフラを民主化し、マイニングノードのあるビットコインのように分散化できることです。

コミュニティ全体で通信サービスを提供するという新しいコンセプトを持つことができます。

RealFiとWeb 3.0サービスを支えるWorld Mobile

ホスキンソン氏は、Input Outputがカルダノのエコシステムのパートナーとともに、RealFiと新しい分散型金融サービスをアフリカやその他の地域に提供するために行っている作業について話しました。これらの革新的なテクノロジーは、金融の自律性とデジタルサービスを最も必要とする人々に提供しますが、これらはすべて「つながり」の基盤に依存しており、Web 3.0の分散型理想と互換性のある「つながり」のタイプであることが必要なのです。

しかし、最も重要な関係の1つは、WM関係です。なぜなら、情報のパケットを移動できなければ、率直に言って何もできないからです。

例えば、ケニアでRealFiを導入しようとすると、もっと基本的なことが欠けている。これらの基盤を動かすには、通信エネルギーとコンピューティングが必要なのです」。

本当にエキサイティングなのは、単にそれができるというだけでなく、権力の集中を許さず、技術の民主化を可能にし、国境を越えるような新しい方法でできることです。それは本質的に包括的であり、誰でもこの一部になることができるのです。

必ず成し遂げられると確信している。

最近就任したチーフアーキテクトのジェームズ・タッグ氏やコンセンサスのシニアチームと話したホスキンソン氏は、ワールド・モバイルのネットワークが、米国を含む世界中の遠隔地に、より効率的で分散型の接続を提供できることに関心を寄せています。

できることなら、アメリカに持っていきたい。ワイオミング州は、人口50万人、広大な国土を持つアメリカの州の中でも、最も遠隔地であり、接続性が低い場所です。人工衛星を何機も打ち上げなくても、接続性を向上させることができたら、とても楽しいと思います。

彼はまた、私たちの進歩に興奮し、人々が所有する、より良い、より公平なグローバルモバイルネットワークという私たちのビジョンが実現されると確信しています。

図面や特許があっても、実際に数百万人規模のネットワークが実現すれば、それはまた別の話です。そしてまた、それは近い将来実現すると思われます。このチームには大きな自信があります。

また、「わずかな投資で数百万人という規模を実現したことは、信じられないような話であり、あなた方がいかに早く前進したかを目の当たりにして、本当に興奮しています。

私はあなた方がそれを成し遂げると確信しています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。