ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン氏、ビットコインマイニングに関するホワイトハウスの見解についてコメント

カルダノ、IOGの創設者であり、イーサリアムの生みの親の一人であるチャールズ・ホスキンソン氏は足真の動画で、ビットコインのマイニングを含むすべてのエネルギー集約型ビジネスを取り締まるホワイトハウスの勧告『Climate and Energy Implications of Crypto-Assets in the United States』についてコメントしています。

最近発表されたCardanoプロトコルである『Ofelimousプルーフ・オブ・ユースフル・ワーク・プロトコル』は、暗号通貨としてのBitcoinの存続を助けるかもしれないと述べています。

Ofelimousは、ビットコインや他の多くの通貨で使われているようなプルーフ・オブ・ワーク・チェーンの二酸化炭素排出量を減らすために開発されています。

以下はCoincu.comに掲載された記事「Charles Hoskinson Comments On The White House’s View On Bitcoin Mining」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン氏、ビットコインマイニングに関するホワイトハウスの見解についてコメント by Coincu.com

by Harold 2022年9月10日

カルダノ、IOGの創設者であり、イーサリアムの生みの親の一人であるチャールズ・ホスキンソン氏は最近、ビットコインのマイニングを含むすべてのエネルギー集約型ビジネスを取り締まる最新のホワイトハウスの勧告について述べたビデオを作りました。

チャールズ・ホスキンソン氏、ビットコインマイニングに対するホワイトハウスの見解についてコメント
ホスキンソン氏によると、最近発表されたCardanoプロトコルは、暗号通貨としてのビットコインの存続を助けるかもしれないとのことです。ビットコインや他の多くの通貨で使われているようなプルーフ・オブ・ワーク・チェーンの二酸化炭素排出量を減らすために、Ofelimousプルーフ・オブ・ユースフル・ワーク・プロトコルが開発されたのです。

Ofelimousは、プルーフ・オブ・ワークのチェーンで消費されるエネルギーを最小限に抑えることを目的に、最近開発された証明可能で安全なプルーフ・オブ・ユースフル・ワーク・プロトコルである。プルーフ・オブ・ワークとは対照的に、プルーフ・オブ・ユースフル・ワークは、採掘者の計算能力を実際の世界で発生する問題の解決に集中させることを可能にするものです。

チャールズ・ホスキンソン氏、ビットコインマイニングに関するホワイトハウスの見解についてコメント
しかし、攻撃者がこのシステムを悪用して単純なパズルを解き、同じリソースを持つマイナーよりも多くのブロックを生成する可能性があるため、これを採用したブロックチェーンは結果的に安全性が低下してしまうのです。カルダノは、Ofelimousがこの問題に簡単に対処できると主張しています。

現在、小国並みの二酸化炭素排出量を削減するために、ホスキンソン氏はビットコインのマイナーにこのPoUWシステムに転換するよう助言している。

今年3月にバイデン大統領の要請で、ホワイトハウスの国会議員グループが、ビットコインの採掘を含む多数の企業による過剰なエネルギー使用についての報告書を作成した。この報告書では、エネルギー使用量を大幅に削減できない場合は、特定のセクターを禁止することを提案している。BTCを否定する人々は、ビットコインのブロックチェーンが大きな二酸化炭素排出量を残すという懸念を頻繁に表明してきました。

しかし、最近の報告によると、BTCのマイナー(ネットワークはPoWコンセンサスプロセスを使用)が必要とするエネルギーは、世界中の多くの小国のエネルギーに匹敵するものである。

免責事項:本ウェブサイトの情報は、一般的な市場解説として提供されており、投資アドバイスを構成するものではありません。投資する前にご自身で調査されることをお勧めします。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。