ニュース, ブログ, ...

生の指標を見ればカルダノは他のPoSチェーンよりはるかに優れている

プルーフ・オブ・ステーク・チェーン・レイヤー1の基本的な分析に焦点を当てるニュースレターを発行するJust The Metricsの最近(2022年7月31日)のレポートで、プルーフ・オブ・ステーク・チェーンについて取り上げています。

カルダノとブロックチェーン技術の詳細についての週次スレッドを配信するSooraj 氏のツィートによれば、Just The Metricsのレポートを紹介し、生の指標を見ればカルダノは他のPoSチェーンよりはるかに優れていると伝えています。

これについてU.TODAYが記事で伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Outperforms Current Proof-of-stake Chains: Report」を翻訳したものです。

カルダノは現在のプルーフ・オブ・ステークチェーンを凌駕する:レポート by U.TODAY

(Just The Metrics)による最近のレポート(Is Cardano a solid L1?)では、プルーフ・オブ・ステーク・チェーンについて取り上げています。Cardano、Polkadot、Avalancheです。プルーフ・オブ・ステーク合意メカニズムは、Cardano、Tezos、Polkadot、Avalancheなどのブロックチェーンを動かし、ステーキングやバリデータノードの作成を可能にするものです。

現在、Cardanoは1,182,080以上のステーキングされたウォレットを持ち、ステーキング比率は72.63%で、高度な分散化を反映している。一方、Polkadotは33,646以上のステークされたウォレット(Nominatorと呼ばれる)があり、ステーク比率は52.4%と、比較的低い分散化を反映しています。

Avalancheは22,890の個人ウォレットがステークされ、ステーク比率は64.9%で、Polkadotの52.4%と比較すると相対的に高い水準にあります。Polkadotと比較すると、Avalancheはステーキングされたウォレットの数が少ないにもかかわらず、高いステーキング比率を誇っています。

バリデータの総数は998個で、3,202個以上のステークプール/バリデータノードを持つCardanoと比較すると、Polkadotはバリデータの数が少ないです。Polkadotのバリデータノードは誰でも運営できますが、24時間の検証に参加できるバリデータは1時代/エポックあたり297人までと制限されています。

ブロックチェーンのトリレンマは解けず

パブリック・ブロックチェーンが登場してしばらく経つが、今のところブロックチェーントリレンマのパズルを解いたものはありません。ブロックチェーントリレンマとは、パブリック・ブロックチェーンがセキュリティ、スケーラビリティ、分散化の3つの品質すべてにおいて最適化できなくなるという問題のことです。

Cardanoのネットワークは高度に分散・分散化されており、DDoS攻撃への脆弱性が軽減されています。Cardanoのフルノードのサイズが比較的小さく、ハードウェア要件が低いことが分散化を支えており、これはフルノードを稼働させているステークプールやユーザーの多さにも表れています。

Cardanoネットワークは高いレベルのセキュリティと分散化を示していますが、スケーラビリティベンチマークでは不足しています。2022年初頭、Cardanoはスケーリングするための11の方法を挙げています。これらの改善の大部分は、9月22日に予定されているVasilアップデートに含まれると予想されます。

免責事項:ここに記載された意見は投資アドバイスではありません – 情報提供のみを目的としています。また、必ずしもU.Todayの意見を反映するものではありません。すべての投資および取引にはリスクが伴うため、意思決定を行う前に必ずご自身で調査を行う必要があります。私たちは、あなたが失うことができないお金を投資することをお勧めしません。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。