ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)がPlutus搭載のスマートコントラクトを準備中

IOGはPlutusに関する情報「IOGブログ:プルトゥス:知っておくべきこと」を公開し、下記のように説明しています。

Plutusのコントラクトは、ブロックチェーン上で実行される部分(オンチェーンコード)と、ユーザーのマシン上で実行される部分(オフチェーンまたはクライアントコード)で構成されています。オンチェーンコードもオフチェーンコードもHaskellで書かれており、Plutusのスマートコントラクトは実質的にHaskellのプログラムです。

オフチェーンのコードはPAFを使って書くことができ、このコードはGHC(Glasgow Haskell Compiler)によってコンパイルされますが、オンチェーンのコード(Plutus Coreを使って書かれたもの)はPlutusのコンパイラによってコンパイルされます。

参考記事:IOGブログ:プルトゥス:知っておくべきこと

下記の記事はinvessの記事「Cardano (ADA) is preparing for Plutus-powered smart contracts」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)がPlutus搭載のスマートコントラクトを準備中

  • カルダノ(ADA)を開発しているIOHKは、新しいアップグレードを発表するブログ記事を公開しました。
  • Plutusと呼ばれるこのアップグレードは、より大きなアロンゾ・Alonzo アップグレードの一部です。
  • Plutusは、Plutusを搭載したスマートコントラクトを含む、多くの改善をもたらします。

人気の高い開発プラットフォームであり、イーサリアムの最大のライバルの1つであるカルダノ(ADA)は、すでに過去数カ月にわたっていくつかのアップデートを公開しており、そのネットワークに新たな機能をもたらすだけでなく、価格の急騰を引き起こしました。現在、このプロジェクトは、スマートコントラクトをプロジェクトのネイティブ言語であるPlutusで提供する、さらに別のメジャーアップデートを発表する準備をしています。

最近、IOGはブログでPlutusに関する情報を公開し、そのコントラクトは、オンチェーンで実行される部分と、ユーザーのマシン上でオフチェーンで実行される部分で構成されると説明しました。このブログ記事では、両方の部分がHaskellプログラミング言語で書かれており、Plutusによってコンパイルされることが明らかにされています。

このように、彼らはスマートコントラクトのフレームワークをCardanoで受け取っています。

カルダノはオフチェーン取引のための独自技術を開発

カルダノのネットワークは、ビットコインのUTXO(Unspent Transaction Output)モデルを採用しているという意味で、ビットコインとの類似点がある。しかし、カルダノはこの概念をさらに拡張し、Extended UTXOの略であるEUTXOを開発しました。これにより、取引がそのブロックチェーンに送られる前に、オフチェーンで取引の有効性をチェックできるなど、いくつかの追加の利点がもたらされた。

また、取引コストをオフチェーンで決定できるのも、この新しいモデルの特徴です。Plutus Coreが到着すると、取引のパラメータを定義し、スマートコントラクト用に作成されたコードをコンパイルするために使用されます。基本的には、PAF(Plutus Application Framework)によって、ネットワーク上で動作するアプリやサービスへのアクセスが容易になります。

今年初めに登場したプロジェクトのメアリーアップグレードでは、2月にユーザーが取引を遂行するための独自のカスタムトークンを作成する機能を手に入れました。Plutusは、これらの機能を拡張し、NFTにとって有益な鋳造ポリシーを改善します。

なお、Plutusは、スマートコントラクトやdAppsを作成する機能を導入したAlonzoのアップグレードの一部に過ぎません。今回のPlutusはその次のステップであり、完全なアップグレードは今年の夏の終わりに行われる予定です。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。