エポックな日々, ブログ, ...

追加更新:ボルテージ高まるリリース間近のDAppsたち、カルダノ・エコシステムまとめ[DeFi+NFT+Game編]:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック300

ボルテージ高まるリリース間近のDAppsたち、カルダノ・エコシステムまとめ[DeFi+NFT+Game編]

*下記を新規追加しました。2021.11.11 -11:00
Games and Entertainment:ゲームとエンターテインメント(14)
Duelist King
Colizeum.io

*下記を新規追加しました。2021.11.11 -7:00
Games and Entertainment:ゲームとエンターテインメント(12)
CornucopiasGame

日に日に高まるカルダノのDAppsリリースへの期待

前回のエポックな日々『実はもうそこまできているカルダノのDeFi参入、驚くべきソリューションが登場』でお知らせした通り、カルダノのDAppsおよびスマートコントラクトのコア開発環境である『Plutus Application Backend(PAB)』がテストネットにリリースされ、いよいよカルダノのエコシステムに開発中のDAppsリリースが間近となってきています。

また、PABのメインネットへのリリースも11月25日という具体的な日程がSNSで囁かれる中(公式ではありません)いよいよとの機運も高まって、価格も220円台から、250円台(一時268円まで戻す)周辺まで戻しています。

そして未知の可能性を秘めたカルダノエコシステムは、SundaeSwapがYoroiのdAppsコネクターを通じて最初のトランザクションを送信したことを受け、発射準備を着々と整えています。

カルダノエコシステムでリリースの準備を進めているDAppsたち

今回はカルダノエコシステム内で現在リリース準備を進めているDAppsプロジェクトについて、DeFi、NFT、Gameを中心に『Cardians @Cardians_』のデータを紹介しつつ、『エッセンシャルカルダノリスト(*1)』から情報を抜粋してお伝えいたします。

*1:エッセンシャルカルダノリストには、カルダノ生態系の概要と付随するマップと、公式IOG、カルダノ財団、エムルゴリソース、コミュニティが生成した資料、アクティブなステークプールのリストを含む資料の中央ライブラリが記載されています。

カルダノエコシステムの近況

まず最近のカルダノエコシステムの状況について、Cardians @Cardians_が提供しているツィートによると下記のようになっています。下記はカルダノエコシステムの今年5月と9月の変化をグラフィックに表したもので、わずか3か月で、カルダノは48のプロジェクトから150以上のプロジェクトへと増加しています。

ソース:Cardians @Cardians_
2021年5月のカルダノエコシステム
ソース:Cardians @Cardians_
2021年9月のカルダノエコシステム
間も無く『Haskel、Plutus』の世界が開かれる

現在開発が進められており、リリースが間近と思われるプロジェクトのほとんどは、カルダノのコア開発言語である『Haskel、Plutus』プログラミング言語で書かれており、最初にリリースされるプロジェクトはほとんどがこの開発リソースから作り出されるものとなっています。

近いうちにPlutusに加え、ワンフォーオールのdApps(分散型アプリ)中心の言語「Glow」、DeFiに特化したドメイン固有の言語によるプログラミングを必要としないスマートコントラクトの開発環境「Marlowe」を準備してしており、より多くの開発者を取り込むことが可能になる予定です。

また、最もスマートコントラクト市場で圧倒的なシェアを持つイーサリアムとの互換性を実現し、多くのイーサリアム・エコシステムに存在するプロジェクトの移行を容易にする『KEVM』や、開発者があらゆるプログラミング言語(Java、C++、Python、Rustなどの従来の既存言語)でコードを書き、カルダノ上で利用できるようにすることを目的としたIELEなどがリリースされ、カルダノエコシステムを拡大する準備が水面化で進められています。

現在は、カルダノエコシステムにおける、DApps開発の初期段階で、今後どういったアプリがリリースされてくるのか、大変楽しみなところです。

そこで今回、開発が進められているDeFi+NFT関連のプロジェクトをピックアップし、まとめてみました。

ここに掲載しているプロジェクトは、あくまでも『エッセンシャルカルダノリスト』に掲載されているものなので、このほかにもカタリストベースのプロジェクトもあり、日々誕生しているものもあり、全てではありませんのでご注意ください。

カルダノ・エコシステムまとめ:DeFi+NFT+Game編

エッセンシャルカルダノリスト』におけるDeFi、NFT、Game編で見ると下記のカテゴリーになります。

Oracles:オラクル(6)
DeFi and Capital Markets:DeFiとキャピタルマーケット(10)
Decentralized Exchanges:分散型取引所(13)
Games and Entertainment:ゲームとエンターテインメント(14)
Payments and Lending:ペイメントとレンデイング(9)
Startups:スタートアップ(7)
Wallets:ウォレット(22)

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

*基本的には『エッセンシャルカルダノリスト』からリストを作りましたが、追加すべき面白いプロジェクトがありましたら、教えていただければ嬉しいです。

Oracles:オラクル(6)

  • ErgoErgoは、2020年8月末、拡張-UTXOモデルを搭載したオラクルへの新しいアプローチであるOracle Poolsを発表しています。新しいタイプのdAppの作成を可能にします。
  • WolframAlphaWolfram Alphaは、業界一の自然言語処理機能も備えており、カルダノの情報は、AlexaやSiriのような仮想アシスタントで利用可能となる。統合が行われた暁には、ユーザーは仮想アシスタントに尋ねるのと同じくらい簡単に、情報の検索や計算上の問題を解決するよう、システムに問い合わせることができるようになる。
  • nut.linknut.linkは、カルダノブロックチェーン上で実行されている第一世代のオラクルを提供します。メタデータを使用して、外の世界からブロックチェーンにデータを記録します。主にdApps開発者以外の誰もが、このデータを再利用することができます。
  • Charli3Charli3は、カルダノブロックチェーンのための最初の分散型オラクルネットワークです。Charli3は、カルダノにネイティブであることにより、イーサリアムベースのオラクルで見られる柔軟性、スケーリング、および増加する取引手数料の注目すべき問題を回避し、信頼できるネットワーク基盤を構築することを目指しています。
  • PIGYPIGY Oracleは、オラクルのeUTxOに添付されたオンチェーンデータとして、金利や商品価格などのオフチェーン情報をスマートコントラクトに投稿する汎用カルダノオラクルです。神託の手数料はADAではなくPIGY TOKENで支払われるため、オラクルを読むために必要なADAは標準的なネットワーク決定取引手数料だけです。
  • ChainLinkChainlinkは、スマートコントラクトをオフチェーンのデータやサービスと安全に接続する。 チェーンリンク分散型オラクルネットワークは、改ざん防止の入力、出力、および計算を提供して、任意のブロックチェーンで高度なスマートコントラクトをサポート。Chainlinkの主要な分散型オラクルネットワークをカルダノの優先的なオラクルソリューションとして統合する。

DeFi and Capital Markets:DeFiとキャピタルマーケット(10)

  • CelsiusCelsiusは、暗号で最大17%の利回りを稼ぐ100万人以上のユーザーのコミュニティ。 毎週新しいコインを受け取り、1%で現金を借りる。 コインを購入し、利回りを稼ぎ、借りて、手数料なしで送金。 ウェブアプリとモバイルアプリで利用。
  • BondlyBondlyは、クリエイターやファンを近づけるNFTテクノロジーを提供。ブロックチェーンエコシステム全体をサポートするように設計された一連の製品とサービスを使用して、音楽、エンターテイメント、ゲーム、グッズの認証されたデジタルファースト商品を市場に投入するためのプロセスのあらゆるステップを実行する。
  • Wave:WAVE Financialは、デジタル資産とブロックチェーンの背後にある従来の資産管理と最先端の技術の架け橋になり、革新的な人材、スマートな資本、アイデアを結びつけ、投資家がデジタル資産の可能性を引き出すのを支援する。IOGとのパートナーシップでcFundを開発、カルダノ(Cardano)ブロックチェーン上に構築する開発者をサポートする。
  • Generation Two SecuritizationGenTwoは、証券化を民主化し、投資を誰もがアクセスできるようにすることを目指す。無制限の公的、民間、デジタル市場投資の世界全体で、すべての銀行可能および非銀行資産を証券化します。資本と革新的な投資を結ぶ発行プラットフォームを構築し、明日の市場を創造することによって、クライアントにサービスを提供
  • Venus:Venusは、ボーダレスステーブルコインを持つ貸し手と借り手のための分散型マーケットプレイス。完全な分散型の金融ベースの貸付およびクレジットシステムをBinance SmartChainに導入するように設計されたアルゴリズムベースのマネーマーケットシステム。カルダノADAはBinance SmartChainに上昇。
  • Ardana:カルダノ上に構築された最初のオールインワンステーブルコインエコシステム。Ardanaは、カルダノに経済をブートストラップして維持するために必要なDeFiプリミティブをもたらす分散型ステーブルコインハブ。dUSDは、オンチェーン担保によって検証可能に裏打ちされており、借り手はADAまたはその他のサポートされている資産を活用することが可能。安定したマルチアセットプールのための自動マーケットメーカー(AMM)分散型取引所を提供。Danaswapは非常に資本効率が高く、流動性プロバイダーに低リスクの利回りの機会を提供しながら、最小限のスリッページでスワップを可能にする。
  • Hard Blue:Hard Blueは、カルダノネットワークによってサポートされている非インフレトークン。ビットコインの長期的な代替品で、ハードマネーと惑星レベルでの価値の保存を目的としている。
  • Meld:MELDは、暗号化された担保に対してフィアット(米ドルとユーロ)を借りるための、オープンソースで非カストディアンの流動性プロトコル。MELDトークンは、プロトコルのガバナンスに使用されており、これを賭けて利回りを得ることができる。MELDは、暗号エコシステムにフィアットローン機能を組み込んだ初の分散型プロトコルで、デジタルポジションの管理を維持しながら、暗号とフィアットポジション間の低摩擦取引が可能。
  • CoinlinkCoinlinkはマルチチェーンのDefiプラットフォームで、Ethereum、Cardano、Polygon、BSC上のすべてのDeFiサービスを接続し、モバイルバンキングの口座にチェックインするように簡単に利用可能。独自のガバナンスシステムを構築。暗号の専門家のためのすべてのブロックチェーン上のDEX、イールドファーミング、借入/貸付アグリゲーターの組み合わせを提供。Coinlinkのガバナンス・システムでは、コミュニティが主導権を握り、Coinlinkプラットフォームの複数のパラメータ、報酬、今後の機能を投票によって決定。
  • LiqwidLiqwidは、貸し手、借り手、開発者のために構築された、オープンソースでアルゴリズムを用いた、非カストディアンの金利プロトコル。ユーザーは、4つのイールドストリームからADAの利回りを得ながら、安全に預金の利息を得て、簡単に資産を借りることが可能。Project Catalystから資金提供を受けている。

Decentralized Exchanges:分散型取引所(13)

  • OccamOccamは、カルダノブロックチェーン上の新しいDeFiプロジェクトの貸し借りや資金調達を強化します。Occam Razorは、このプラットフォームのローンチパッドであり、カルダノ上のdAppsに分散型の資金調達をもたらす。
  • SundaeswapSundaeSwapは、カルダノ・ブロックチェーンのために構築された分散型の取引所で、ブロックチェーンの参加者が流動性を提供し、他の参加者が自分のネイティブトークンを交換するための市場を作ることができる。その見返りとして、交換者は少額の手数料を支払い、流動性提供者は預託金の再回転を得ることが可能。
  • MuesliSwapMuesliSwapは、伝統的なオーダーブックモデルを再検討することで、このような取引所をモデル化して実装するための新しいアプローチを提案。交換プロトコルは、ゲーム理論的な概念を用いており、シンプルさ、モジュール性、自己規制、完全な分散化によって他のものとは一線を画すとし、MuesliSwapがカルダノ上で動作する最初のDEXとなることを目指している。MuesliSwapは、Smart Bitcoin Cash(smartBCH)上のAMM取引所を運営しており、すでに実績がある。
  • MinswapMinswapは、ベトナムのスタートアップで、単一の流動性プールに対して複数の価格設定機能をサポートするCar-dano上のマルチプール・自動マーケットメイカー(AMM)分散型取引所(DEX)。最小限のコスト、最小限の時間、最大限の利便性でトークンを交換する。
  • MaladexMaladexは、定量的数学と金融ハスケル開発の経験から、他社よりもはるかに効率的なDEXを提供することを目標としている。
  • CardaxCardaxは、誰もがリクイディティ・プロバイダーになり、CDXトークンを稼ぎ始めることが可能。Cardax DEXは、リクイディティ・プロバイダーやトレーダーは、誰もがアクセスできるオープンな金融市場に参加することができる。
  • AdaxADAXは、完全に分散化されたノンカストディアルの方法で、カルダノエコシステム内での取引を促進する自動化された流動性プロトコル。オーダーブックを持たず、すべての仲介者、複雑さ、面倒な手続きを方程式から排除し、検閲や資産のコントロールを失うことなく、ユーザーに制約のない自由な取引を提供する。
  • ErgoDexErgoとカルダノのネットワーク間で、流動性を迅速かつ容易に、そして安全に移動させることができるノンカストディアルの分散型のクロスチェーン取引所。eUTXOモデルは、ErgoとCardanoのエコシステムの上で、異なるタイプの取引所間で流動性を共有するユニークな可能性を提供。Ergoエコシステム上の古典的なAMMはすでに開発・テストされており、非中央集権的なOrderbookは近日公開予定。ユーザーはDEXのサービスから利益を得て、流動性プロバイダーはプロトコル手数料から利益を得て、DEXは取引固定手数料から利益を得る。
  • MirqurMirqurは、パレートオプティマルDEX。パレート効率またはパレート最適とは、少なくとも1つの個人または選好基準を悪化させることなく、またはその損失なしに、どの個人または選好基準もより良くなることができない状況のこと。
  • GADAGADAは、カルダノのための初のパーミッションレスでコミュニティが管理するローンチパッド。GADA ProとGADA Lightという2つのローンチパッドを通じて、トークンを配布し、流動性を高める能力を持つプロジェクトやアイデアを支援する。
  • PolyswapPolyswapは、は、トレーダーがトークンを交換することを可能にする一方で、流動性提供者が取引手数料から資本に対するリターンを得ることを可能にする。Polyswapは、ノンカストディアルの自動マーケットメーカーを実装。Polyswapはパーミッションレス(許可なし)であり、このプロトコルを使用できる人、できない人を選択的に制限することはできず、完全に公開されている。誰でも自由に取引したり、流動性を提供したり、新しい市場を作ることが可能。
  • CardStarterCardStarterは、カルダノのための最初の保険付きクロスチェーンアクセラレータ。分散型のアクセラレータおよびスワッピングプラットフォームであり、初期段階のカルダノイノベーターおよびプロジェクトと、我々の寄付者コミュニティを結びつける。
  • Ray NetworkRay Networkは、DeFiエクスチェンジ、APIプロビジョニング、ライトウォレット、ミントツール&エクスプローラーから、世界中の何千人もの暗号愛好家にブロックチェーンの世界を開く。さまざまなSDKまで、Cardanoのためのブロックチェーンソリューション全体を提供。
  • MatrixswapMatrixswapは、ポリゴン、ポルカドット、カルダノをベースにした分散型の仮想AMMベースの永久先物取引所で、マルチブロックチェーンプロジェクト。従来のAMMとは異なり、ユーザーは任意の資産の永久契約を最大25倍のレバレッジでロングまたはショートすることが可能。

Matrixswapはまた、マルチトークンスワップを特徴とするDEXアグリゲーターを提供しており、ユーザーは複数のトークンを1回の取引で一括して行うことができます。

Games and Entertainment:ゲームとエンターテインメント(14)*新規追加

  • RidottoRidottoは、完全な透明性、匿名性、セキュリティ、および公正さに基づいた、初のクロスチェーンギャンブルおよびロトプロトコル。Ridottoのアプローチは、コミュニティが主導するオープンなプロトコルを提供することであり、ユーザーはゲームをプレイしたり構築したり、DeFiエコシステムに流動性を提供することで報酬を得ることが可能。
  • CardacityCardacityは、カルダノ上に構築されたブロックチェーンNFTプロジェクト。Cardacityでは、実在する都市のトレーディングカードの形でネイティブトークンを集めまる。プラットフォームが立ち上がると、レア度に応じてランダムにカードが入ったパックを購入したり、専用のマーケットプレイスで他のプレイヤーとカードを交換したり、自分の都市でパズルを解いてレア度の高いカードやその他の報酬を得たりすることができるようになる。
  • BingoTokenBingoTokenは、カルダノブロックチェーン上に構築されるゲーム。プレイヤーとコーラーへの報酬として、Native TokenであるBingoTokenを使用。ゲームに参加するとBingo Tokenが提供され、勝利するとさらに多くの報酬を得ることができる。一部のゲームでは、ADAやUSDの賞品も用意されている。
  • CardanoTalesCardanoTalesは、CNFTプロジェクトであり、CNFTはコレクターズアイテムとして、CardanoTalesブランドのゲーム内でプレイ可能なユーティリティを提供。
  • Drunken Dragon: Inns & QuestsDrunken Dragon: Inns & Questは、宿屋と酒場を所有し、経営するゲーム。
  • CarnivillaCarnivillaは、ブロックチェーンによる資産の作成と流通がシームレスに統合された仮想現実世界。カーニヴィラのライブ! イベントでは、イベント期間中にしか入手できない多くのユニークで貴重なアセットが生まれる。参加者は、他の参加者と同様に環境に完全に関与し、オンラインや物理的なイベントでNFTを狩り、作成し、収集し、取引する。
  • DUO: The NFT Card GameDUOはCardanoのThe NFT Card Game™️。友人と一緒にプレイして、ベストペアを勝ち取るとcryptoを獲得できる。
  • World of PiratesWorld of Piratesは、カルダノ・ブロックチェーンでバックアップされた、新しいバトルロイヤル・コレクタブル・チェスカードゲーム。
  • Bears ClubBears Clubは、楽しくて面白いクラブシミュレーションゲームを提供することを目的としたPlay-to-Earnゲームプロジェクトで、プレイヤーはCardano Forest内で自分のクラブを管理、カスタマイズ、販売、取引することができる。
  • HorrorCubes:Horrocubesとは、カルダノブロックチェーン上に存在するパズルボックス。パズルを解いて、報酬を得ることが可能。プレイヤーは、H.P.ラヴクラフトの世界を舞台にしたストーリーに没頭し、パズルが解けるたびに、物語が進んでいく。最終的な目標は、物語の全章をアンロックして結末を迎えること。
  • DinoDappDinoDappは、プレイヤーがゲーム資産を所有し、実績がブロックチェーンの歴史の中に永遠に保存されるため、両方の長所を得ることができる。
  • CornucopiasGameCornucopias ‘The Island’は、大規模なPlay-To-Earn、Build-To-Earn、Learn-To-Earnのブロックチェーンベースのゲームで、プレイヤーは楽しく安全なメタバースでゲームをプレイすることで、キャラクター、土地、プロパティ、その他のNFTベースの実世界価値のある資産を所有したり、取引したりすることができる。(*新規追加)
  • Duelist KingDuelist Kingは、カードの発行、配布、収益の配分に関するすべての決定が、ブロックチェーン上の分散型メカニズムによって管理され、証明された公平性、透明性、コミュニティにとっての最善の利益を実現する、民主化されたカードゲーム。(*新規追加)
  • Colizeum.ioColizeumは、様々なゲームやその他のアプリケーションをホストする仮想のPlay to Earn駆動環境であり、それによってユーザーファネルの一般的なアウトラインを作成します。また、Play-to-Earn、Prediction Market、Tokenized Tournaments、Attention Marketplaceのためのブロックチェーンベースのインフラへの接続性を提供するゲーマーを中心としたプラットフォーム。(*新規追加)

Payments and Lending:ペイメントとレンデイング(9)

  • CotiCOTIは、企業が独自の決済ソリューションを構築することを容易にして、通貨をデジタル化することで時間と費用の節約を実現する、初の企業向けフィンテックプラットフォーム。最近では、ステ0ブルコインを発表している。
  • Sirin Labs:SIRIN LABSは、2016年に最初の製品である世界で最も安全なスーパーハイエンドスマートフォン「SOLARIN™」を発売し、2018年にはコールドストレージ暗号ウォレットを内蔵した最高級の超安全なブロックチェーンスマートフォン「FINNEY™」を発売。Sirin LABSは、多層のサイバーセキュリティとハイエンドのユーザーエクスペリエンスを備えた次世代のセキュアなスマートフォンであるSIRIN V3を発表。
  • Metaps+Metaps+は、ECサイトやリアル店舗に対し、クレジットカード、コンビニ、電子マネー、QR決済まで幅広い決済サービスを提供、新規事業として様々なフィンテックサービスの開発を積極的に進める。
  • AdaPay
  • Shopify:Shopifyは、コマースの基盤となるプラットフォーム。100万以上のブランドがShopifyを利用、どこでも販売、発送、支払い手続きが可能。
  • WooCommerce:WooCommerce は、WordPress 上に構築された、カスタマイズ可能なオープンソースの E コマースプラットフォーム。
  • Simplex:Simplexは認可された金融機関であり、パートナーの広大なネットワークを活用して、Visa、MasterCard、Apple Pay、SWIFT、SEPAなどの幅広い決済手段に対応する。
  • Revuto:Revutoは、すべてのサブスクリプションのためのワンストップソリューション。あらゆるサービスの支払いを数秒で承認、ブロック、またはスヌーズする。
  • ADAlend:ADALendは、カルダノのエコシステムの中で、コミュニティによって統治されるスケーラブルで分散型の融資プロトコルを構築。

Wallets:ウォレット(22)

  • Daedalus:Daedalusは、IOHKが開発しているフルノードウォレット。カルダノブロックチェーンのすべてのトランザクションを独立して検証、最高のセキュリティとプライバシーに加えて完全にトラストレスな操作を実現。
  • Yoroi:Yoroiは、Emargoが開発するブラウザの拡張機能やモバイルアプリケーションとして利用できる、カルダノのウェブライトウォレット。
  • Trezor:Trezorは、世界初で最も安全な暗号通貨のハードウェアウォレット。潜在的に危険なコンピューターに機密情報を公開することなく、安全な支払いや暗号通貨の管理が可能。ハードウェアウォレットとは、ユーザーが保有する暗号通貨を保存できる特別なタイプのセキュリティデバイスのこと。
  • Infinito walletInfinito Walletは、誰でも使える安全でシンプルを目指したウォレット。購入、投資、取引、獲得、使用ができる。
  • LedgerLedgerは、あらゆる暗号のニーズに応える安全なゲートウェイ暗号ウォレットを提供。Ledgerハードウェア・ウォレットとLedger Liveアプリを組み合わせることで、暗号の購入、交換、育成を安全に行うことが可能。
  • AdaliteAdaLiteは、Trezor model TとLedger Nano SとNano Xをサポートしたウェブウォレット。
  • Atomic wallet:Atomic walletは、Bitcoin、Ethereum、XRP、Litecoin、XLM、その他300以上のコインやトークンを管理できる暗号通貨ウォレット。
  • TangemTangem「Tap」は、Tangemカードに簡単にアクセスできるアプリ。ダウンロードしたカードをタップするだけで、NFC技術を利用して残高を確認したり、保有から送金までクリプトを管理したりすることができる。
  • EllipalELLIPAL Titanは、完全にネットワークから隔離されたオフラインのコールドストレージ。ELLIPALのコールドウォレットは、遠隔地やオンラインの攻撃から完全に保護されている。
  • Crypto Storage AGCrypto Strage Finance Groupは、機関投資家やプロの投資家向けに、今日のデジタル資産分野ではユニークなレベルの品質、信頼性、セキュリティを備えた製品やサービスを提供。同グループは、FINMAに認可された初の暗号資産ファンドのための規制された資産管理者による資産管理、24時間365日の暗号資産取引のための仲介サービス、暗号資産の保管インフラとトークン化ソリューションを提供。
  • Medusa AdawalletMedusaは、ウェブベースのカルダノウォレットで、ADAの保管や取引を行う。
  • RevolutRevolutは、1つのアプリでお金のすべてを管理。不透明な手数料なく両替が可能。ヨーロッパを中心に1500万人を超えるユーザーがいる。
  • Guarda WalletGuarda Walletは、カルダノADAを含む、Bitcoin、Ethereum、その他何千もの資産のステーク、交換、獲得、購入が可能。50以上の主要なブロックチェーンとすべての主要なプロトコルの400K以上のトークンをサポート。
  • GeroWalletGeroWallet(BETA)は、ブラウザの拡張機能としてカルダノの暗号通貨であるADAの購入、送信、受信が可能。
  • ccwallet.ioccwallet.ioは、カルダノコミュニティのためにコミュニティメンバーによって作られたウォレット。カルダノコミュニティから要求された機能を実装することで、ccvault.ioを主要なCardanoウォレットとして確立する。
  • B58 FinanceB58 FinanceのDeFi Wallet は、誰もが、自分の財務をコントロールすることができ、ボーダーレスで低手数料のグローバルな決済にアクセスし、友人や家族、ビジネスで利用することができる。
  • NamiWalletNami Walletは、カルダノブロックチェーンと対話するためのブラウザベースのウォレット拡張機能で、ノンカストディアル。
  • CardWallet:CardWalletは、Occam Associationによってインキュベートされた、カルダノ・ブロックチェーンと他のいくつかのプロトコルのために構築された、ノンカストディアルのウォレットソリューション。カルダノのネイティブトークンとVisa、Mastercard、ApplePayのフィアットオンランプに対応予定。CardWalletの戦略的・技術的パートナーには、Scalable Solutions、Simplex、Occam.fi、Nodeseeds、Crypto Dorm Fundなどがある。CWトークンが、Changellyプラットフォームに上場。
  • Game Changer Wallet:Game Changer Walletは、ネイティブのNFTとトークン機能を備え、Cardano Blockchainとサードパーティアプリケーションのエコシステムを利用した、ウェブ用の究極の暗号ウォレット体験を提供。
  • Adaly Wallet:情報なし
  • Exodus:Exodusは、デスクトップ、モバイル、ハードウェアの暗号ウォレットで、Bitcoinや100以上の暗号通貨を簡単に送受信・交換が可能。

ベンチャー企業による新規事業へ取り組み、プロジェクト。

Startups:スタートアップ(7)

  • API3API3は、レガシーサードパーティのオラクルネットワークから、より多くのセキュリティ、効率性、規制コンプライアンス、シンプルさを提供するファーストパーティオラクルソリューションへの移行をリードしています。
  • CredmarkCredmark透明性のあるコミュニティ主導のプラットフォームを通じて、高い整合性データとリスク指標を提供することを目指していますコミュニティを活用することで、より良い投資決定を下すために使用できる透明なモデルとデータを提供します
  • HelixworksHelixworksは、DNAの力を民主化することに専念する科学者、デザイナー、エンジニアのチーム。Helixworksの資料は、DNAデータストレージとセキュリティタグ付けを組み合わせて、偽造者と戦い、ブランド資産を保護し、製品の動きを追跡し、分析を実行するための成分と情報の迅速な検証をサポートします。それはクローン不可能で、プログラム可能で、本当に分散型です。
  • SempoSempoは、金融サービスが誰にでもアクセスできる世界を目指し、経済的に孤立したコミュニティと世界経済を結ぶオープンな生態系を構築すること。
  • Tesseract:ほんの数行のコードでweb3 dAppを有効にする。
  • QuidliQuidliはBTC、ETH、ADA、Dai、USDC、Dageで動作し、暗号通貨をマイクロインセンティブとして管理し、チームメンバー、フリーランサー、および世界のどこにいても送金が可能。
  • Token Allies:企業がテーマを簡単にトークン化し、迅速かつ簡単な資金調達を提供できるようにし、トークンを管理および販売するためのユーザーフレンドリーなプラットフォームを提供する。

以上となります。

最後に

いかがだったでしょうか?これらは、ほとんどがPABをリリース前の開発中の段階ですが、(ウォレットは既にあるものがあります。)、早ければ、来月中にはリリースされ始めるものが出てくる可能性がとても大きいので、今年の年末から来年の春にかけて、これまでと違った別次元の盛り上がりがやってきそうです。

そしてこの先には、アフリカツアーとバベッジ・エラでワープするカルダノが待っており、そしてその先はレイヤー2ソリューションが姿を現してくることを考えると、2022年はこれまでとは比べ物にならないぐらいの大きな波がやってくることは間違い無いでしょう。皆さんはどう思われますか?

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。
ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック300

CoinMarketCapによるレポート:明らかになった世界で暗号を所有している大人の数

暗号資産の時価総額ランキングなど、暗号通貨分析ダッシュボードサービスを提供するCoinMarketCapは、22カ国での暗号通貨の普及状況を調査した最近の調査結果を発表しています。

カルダノのADAが200万ウォレットを超えて大きな節目を迎える

200万個以上のADAウォレットを達成したとU.TODAYが伝えています。

カルダノ財団は、『つい先日、100万枚突破のお祝いをしたばかりですが、今度はなんと200万枚のADAウォレットを突破しました。』とツィート。

U.TODAYは、これまでの過去最高である100万ウォレットは今年の5月下旬に達成されていたとし、1月1日には、ADAコミュニティのADAは203,519個しかなかったが、したがって、5月23日には約5倍に成長し、5月からさらに100万ウォレット増えていると伝えています。

ホスキンソン氏、カルダノが莫大なトラフィックを得ることになるため、Hydraは必需品と語る

現在アフリカツアー中のチャールズ・ホスキンソン氏がエチオピアから動画『Surprise AMA 10/30/2021 (From Ethiopia)』を久しぶりに配信、この内容をAmbcrypto.comが伝えています。

ザンジバルと提携し、アフリカにおけるブロックチェーンのハブを構築

ワールドモバイルは、IOGとのパートナーシップにより、電子政府機関ザンジバル(eGAZ)と提携し、長期的なブロックチェーン・ソリューションを構築し、この地域を世界のブロックチェーン・ハブとして位置づけ、ザンジバルのGDPを飛躍的に高める私たちの5ヵ年計画を発表、この取り組みは、ザンジバルのブルーエコノミーを強化すると伝えています。

カルダノは時価総額で3位に返り咲くか? by Coinpedia

Coinpediaは、カルダノは、暗号産業の新しい道を切り開き、他のコインに新しい機会をもたらす可能性があり、カルダノは、強力な基礎プロトコルを持つ、業界でもトップクラスと伝えています。

開発者たちはブロックチェーンに着実なインプットを与えて続けており、ADAの価格は3ドルまで回帰する強気の動きを見せるとし、その市場ランキングは3位になるだろうと伝えています。

カルダノがアフリカで大躍進、ホスキンソン氏が膨大なユースケースを紹介 by Zycrypto

Zycryptoは、Input-Output Global(IOG)のCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏が率いるカルダノチームが行なっている、アフリカツアーについて記事にしています。

カルダノの勝利の鍵は、他の人がやらないところに行くこと by Trendycryptonews

Trendycryptonewsが興味深い記事を紹介、記事の筆者が正直なところカルダノのアフリカツアーにあまり時間をかけて追いかけてこなかったが、今エチオピアで起きていることは、まさにカルダノの投資家が将来に大いに期待すべき理由だと伝えています。

EMURGO AfricaとAdanian Labsがアフリカのスタートアップ100社のカルダノ導入を支援する方法について
Plutus Application Backend(PAB)がカルダノテストネットでついにリリースされました!
カルダノロードマップ:週刊技術レポート2021年11月5日

SIPOエポック300ステーキング報告

SIPOエポック300終了時点ステーキング動向

SIPO、SIPO3、SIPO3エポック300ステーキング報告
SIPOエポック300ステーキング報告
SIPO2エポック300ステーキング報告
SIPO3エポック300ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。