ニュース, ブログ, ...

カルダノ創業者チャールズ・ホスキンソン、暗号通貨にはメタバースが必要と考える

Thinking Cryptoポッドキャスト『Charles Hoskinson Interview – Cardano ADA Adoption – Africa, Dish & Boost Mobile, Metaverse, Dapps』の中で、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、5~10年後にはメタバースが「暗号の巨大な商品カテゴリー」になると考えていると述べましたことをThe Coinrepublicが伝えています。

以下はthecoinrepublic.comに掲載された記事「CARDANO FOUNDER CHARLES HOSKINSON BELIEVES THAT THE METAVERSE IS NECESSARY FOR CRYPTOCURRENCY」を翻訳したものです。

カルダノ創業者チャールズ・ホスキンソン、暗号通貨にはメタバースが必要と考える

By STEVE ANDERRSON NOVEMBER 19, 2021 9:16 AM EST

インターネットの仮想バージョン(The hypothesized version of the internet)であるメタバースは、特に技術コミュニティの間で人気を博している。メタバースが登場してからかなりの時間が経ち、カルダノの創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏のような暗号通貨界の著名人を含む多くの人々の興味を引いています。

暗号コミュニティでは、メタバースに関する話題が盛んになっており、暗号通貨に関連したメタバースの将来性について人々が考えていますが、ホスキンソン氏はこのメタバースに大きな可能性を見出しています。

メタバースに関するカルダノ創設者の意見

Thinking Cryptoポッドキャストの中で、数学者であることは言うまでもなく、暗号通貨でよく知られた人物であるホスキンソン氏は、メタバースに関して肯定的な感情を表明しました。カルダノの創業者は、この技術は本物だと述べており、これはメタバースが存在しないと信じている否定的な人たちへの対処のようにも見えます。

コールイットナウ(CALLING IT NOW )

ホスキンソン氏は、「メタバースは本当にクール」であり、単なるギミックではないと付け加えた。そして、デジタルをフィジカル化する一種の手段として、またその逆として、メタバースに信頼と希少性のモデルを導入するためには、暗号が不可欠であることを強調しました。そして、5~10年後にはメタバースが「暗号の巨大な商品カテゴリー」になると考えていると述べました。

さらに、メタバースでの進歩は、やがて物理的な世界と同じような感覚を持つようになるだろうと予想しています。このような考えは、ホスキンソン氏もポッドキャストで共有しており、人工知能、セマンティクス、インターフェースのブレークスルーは、Web 3.0がメタバースを頂点とする垂直の層であることを示唆していると指摘しています。

カルダノの創業者は、メタバースのユーザーがARグラスで営業時間を表示しているレストランのような建物を見ているときのように、物理的な世界のデジタル特性をカバーすることもできるし、デジタルの世界に完全に入り込んでVR体験をすることもできると述べています。

さらにホスキンソン氏は、暗号通貨がこの空間に必要なのは、彼によるとメタバースに不可欠な制御層があるからだと言います。さらに、「希少性」や「独自性」などの要素がメタの中で力を発揮することもあり、その場合にはNFT(ノンファンジブル・トークン)が参入することになるだろうと付け加えています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。