ニュース, ブログ, ...

カルダノ:アフリカをWeb3のリーダーにすることが期待されるブロックチェーン

Financial Times Crypto and Digital Assets Summitで講演したカルダノの創業者であるホスキンソン氏は、アフリカは世界の発展途上国の中で、そのサービスに対する「供給よりも需要が多い」とし、「欧米諸国よりも裕福になる」可能性があると主張します。

またホスキンソン氏は、欧米諸国を支える根強い中央集権的なインフラは、アフリカ諸国がWEB3の巨人になるために回避できる障害であり、コードが王であり、「コードは政府を超越しており、政府が特定の方向に動かそうとしても、それはできない」と述べています。

Yahoo newsが、カルダノは、「アフリカをWeb3のリーダーにすることが期待されるブロックチェーンである」とする記事でこれを詳しく伝えています。

以下はsg.news.yahoo.comに掲載された記事「Cardano: The blockchain promising to make Africa Web3 leader」を翻訳したものです。

カルダノ:アフリカをWeb3のリーダーにすることが期待されるブロックチェーン by sg.news.yahoo.com

by Brian McGleenon 2022年5月22日

アフリカはブロックチェーン技術の採用で米国や欧州を飛び越えており、「欧米諸国よりも裕福になる」可能性があると、カルダノのチーフ、チャールズ・ホスキンソンは主張します。

ホスキンソン氏は、アフリカ諸国の社会・経済インフラをブロックチェーン技術で再構築するビジョンを持っています。

Financial Times Crypto and Digital Assets Summitで講演したカルダノの創業者は、世界の発展途上国の中で、そのサービスに対する「供給よりも需要が多い」と述べました。

本稿執筆時点のカルダノ(ADA-USD)の価格は0.53ドルで、時価総額は180億ドル(約1兆円)です。

カルダノは、欧米諸国を支える根強い中央集権的なインフラは、アフリカ諸国がWEB3の巨人になるために回避できる障害であると考えています。

Yahoo Financeの取材に対し、IO Globalのアフリカ事業責任者であるジョン・オコナー氏は、次のように述べています。

DeFiは確かに発展途上国、特に急速な革新を妨げるレガシーインフラを既に持っていない国にとって大きな可能性を秘めており、ブロックチェーンのロールアウトをよりスムーズにすることができます。

カルダノは、アフリカの若い人口に機会があると見ており、彼らは北半球の高齢化した人々よりも、より迅速に新しい技術を採用することを熱望しています。

中央集権的で腐敗の手に落ちる可能性のあるレガシーな政府システムに頼るのではなく、アフリカ諸国は自動化されたブロックチェーンのプロトコルによって、何百万人もの人々の未開発の潜在能力を引き出すことができるのです。

カルダノが掲げるアフリカのビジョンでは、コードが王であり、「コードは政府を超越しており、政府が特定の方向に動かそうとしても、それはできない」とホスキンソン氏は付け加えました。

ロンドンで開催されたフィナンシャル・タイムズのイベントでは、そのアルゴリズムが「センガルの農民であろうとビル・ゲイツであろうと、誰であるか、どこにいるかは関係なく」、ただ仕事をこなすだけなので、ブロックチェーンが解くことのできる貧困の連鎖を説明しました。

カルダノ・ブロックチェーンのアルゴリズムは、アフリカ大陸の数十億人にファイナンシャル・インクルージョンを与えることができるスマート・コントラクトを可能にします。

自分の身分証明、教育資格、土地の正当な所有権、あるいはローンを利用する能力は、米国やヨーロッパの市民が当たり前のように享受している贅沢なものです。

アフリカでは、何億もの人々が銀行口座を持たず、妥当なクレジットへのアクセスもなく、資格の決定的な証明もなく、何世代にもわたって住んできた土地や住居を所有していることの証明もないのです。中央集権的な政府が彼らを失望させたからだ。

カルダノは、この貧困の罠を解決し、アフリカ諸国が西洋と競争するだけでなく、「AIと高度なロボット工学の分野で」世界のリーダーとなるように飛躍することを使命とした。

これまで、何十億人ものアフリカ人の運命は、欧米の役員室やパワーエリートが遊ぶゴルフリゾートで決定されてきた。しかし、ブロックチェーンは”その時々の政治や、大国が小国を支配する地政学に影響されない”のだと、ホスキンソン氏は伝えています。

ホスキンソン氏は、カルダノのプロトコルがインストールされると、「その状態が続き、ユーザーが資産を所有することになる」と説明しました。さらに、「供給よりも需要の方が多く、現在では900以上の分散型アプリケーションがカルダノのエコシステム上に展開されており、その多くがGoveTechビジネスに関与しており、人々はそこに機会を見ています。」と付け加えました。

しかし、アフリカの社会、経済、政府の構造がブロックチェーンの力に委ねられた場合、アフリカに住む何十億もの人々の運命を支配するのは何でしょうか。自分たちの生活を導く暗号化されたプロトコルが、今度は悪い行為者に導かれないと、市民はどう確信できるのでしょうか。

カルダノのジョン・オコナー氏は、ブロックチェーンは証明可能なほど安全であり、権力集団による操作の影響を受けないと述べています。さらに、「そのプロトコルは、そのネイティブなADA暗号通貨の51%のステークが正直な参加者によって保持されている限り、安全であることが保証されており、他の新しい概念に加えて、ランダムなリーダーの選択によって達成されています」とも述べています。

また、次のように付け加えました。「ガバナンスは、カルダノのロードマップに不可欠なステップです。このロードマップには、基礎、分散、スマートコントラクト、スケーリング、ガバナンスの5つのステージがあります。」彼は、「ブロックチェーンが民主的であり続けること 」を保証するために、ソフトウェアの更新、技術的改善、資金調達の決定について影響力のある決定を行うカルダノのガバナンスシステムを説明しました。

カルダノは、クレジットや取引履歴を持たない人々にマイクロローンを発行できる分散型銀行システムを可能にする。ピアツーピアの取引を追跡することで、ブロックチェーンは個人の取引履歴を構築する。オコナー氏は、「発展途上国の銀行口座を持たない人々に関して言えば、農村部の個人が主流の金融サービスにアクセスできないことが現実的な問題です。DeFi(分散型金融)は、経済的包摂の改善に役立つ素晴らしいツールです。」

アフリカの不動産市場では、土地所有権書類の偽造が問題となっており、政権交代により、旧政権下または内戦後に行われた財産請求の証明は極めて困難でです。

オコナー氏によると、カルダノは「ブロックチェーン上に不動産の証書を保存することで、ユーザーは携帯電話だけでこれらの文書にアクセスでき、安全で改ざんされないことを保証できる」ことで、土地や不動産の不正問題の撲滅に貢献する計画だ。

また、「帰国時に土地の所有権を証明する必要がある難民にとって、これらの書類がデジタル台帳に保存されていれば、ブロックチェーンのセキュリティにより、紛失したり改ざんされたりすることがないため、特に利点となりえます」と述べています。

カルダノは、我々が設計したブロックチェーンプロトコルのウロボロスによって、証明可能な安全性を確保しています。ウロボロスは、攻撃者に対して数学的に検証可能な安全性を特徴としています。

アフリカの未来がブロックチェーンベースであることを推進している組織は、カルダノだけではありません。Tingo International HoldingsのChris Cleverly社長もYahoo Financeの取材に応じ、アフリカの暗号通貨市場は2021年に1200%以上成長し、「世界で最も速い速度で成長する」と表現しています。

スティーブ・ハンケ:暗号通貨はステロイド上の不換紙幣である

ジョンズ・ホプキンス大学の応用経済学教授であるスティーブ・ハンケ氏は、すべてのデジタル通貨は不換紙幣であると述べています。

Tingoは、インターネット接続さえ必要ない先駆的なSMSネットワークを通じて、ブロックチェーンに記録されたマイクロローンを通じて、アフリカの銀行口座を持たない人々に切望される信用を提供することを目標としています。

アフリカの人口の半数以上が携帯電話にアクセスすることができ、ティンゴの新しいKamPayサービスでは、分散型の安全なブロックチェーンを介して、商品やニーズに応じた資金を送受信することができるようになるのです。

クレバリー氏は、このブロックチェーンサービスは、SMS技術によってアフリカの何百万人もの農家に届き、2USDという低額でマイクロローンを提供することになると付け加えました。

クレバリー氏は、ブロックチェーンには「食糧安全保障への取り組みや経済発展の促進など、世界最大の課題の解決に大きな役割を果たす」と表現しています。そして、この技術はすでにここにあり、「どこか遠くの、漠然とした、よくわからないコンセプトやビジョンではない」とも付け加えています。

カルダノはスターターブロックのキックオフが遅く、ライバルのイーサリアム(Ethereum)のような先発組から何年も遅れていますが、彼らはWeb3の世界を構築することは100mの短距離走にはならないと考えています。

オコナー氏は、カルダノがピアレビューされた研究に支えられながらゆっくりと発展してきたように、ブロックチェーンは「今や国民全体にサービスを提供するためにスケールアップできるブロックチェーンソリューションを支えるのに十分なほど成熟している」と述べています。

暗号の1日は伝統的な金融の1年に相当するという表現がありますが、ライバルのブロックチェーンの支持者たちは、永遠に思えるほど開発が滞っているカルダノを非難しています。

しかし、カルダノの労を惜しまない厳格な研究開発戦略を理解するには、エイブラハム・リンカーンの「木を切り倒すのに6時間くれ、最初の4時間は斧を研ぐのに費やす」という言葉を思い出すとよいでしょう。

2015年に生命を宿したカルダノは、最近まで開発者チームがその斧を研いでいたが、今、最初の一撃がアフリカに着弾し、プルーフオブステークのブロックチェーンが切断され始めているのだ。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。