ニュース, ブログ, ...

COTIのDjedが、RealFiスタートアップのThriftと新たなパートナーシップを締結

COTIは最新のブログで、COTIが開発するCardanoブロックチェーンをベースにした過担保アルゴリズム・ステーブルコインDjedが、RealFiスタートアップのThriftと新たなパートナーシップを締結したことを発表しました。

これによりDjedをThriftのウォレットと、貯蓄目標ユースケース、クラウドレンディング、P2P、フィアットオンオフランプ、マルチペイメント、Thriftプロトコルなどの製品に統合することにより、ThriftのユーザーはDjedを使って市場の変動を避けながら貯蓄、支払い、投資ができるようになりました。

これについて、Djedステーブルコインはゆっくりと、しかし確実に、最も有望なCardanoベースのプロジェクトの1つとなっているとし、Cardanoネットワークはさらに拡大していると、U.TODAYが伝えています。

Thriftの創設者であるJosiah Odosu氏は次のように述べています。

セキュリティ、プライバシー、分散化、これらはすべてDjedが具現化したものです。Djedを我々の製品群に組み込むことで、我々のユーザーは、価値の喪失を恐れず、安定した通貨で貯蓄を増やす機会を得ることができ、特にアフリカでのカルダノの普及に貢献することができます。


Thriftの共同創業者であるJaime Caso氏は、次のようにコメントしています。

ノン・カストディアルのモバイルウォレットを通じて実際のニーズをマッピングすることで、安定した通貨などのグローバルな資産と相互作用する能力を備えた、主権的なソリューションへのアクセスを提供します。COTIは、カルダノのアルゴリズム・ステーブルコインであるDjedで道を切り開いており、貯蓄代替と金融包摂を促進します。

Thriftは、よりアクセスしやすく効率的な金融システムを構築するために、Thriftトークン所有者が管理、維持、アップグレードする、分散型、信頼性の高い、スマートコントラクトを採用したThrift貯蓄、RealFi、DeFiシステム用の製品群です。IOHKとiceaddisが運営するAriobインキュベータプログラムのパイオニアスタートアップです。

また、Thriftによれば、Thrifウォレットは、RealFiウォレットを通じて貯蓄、支払い、投資を可能にする私たちのMVPであり、Thriftのすべてのプロダクトのホームグラウンドであると説明しています。

ソース:『COTI Partners with Thrift to Bring Djed to Its Suite of User Focused RealFi Products

以下はU.TODAYに掲載された記事「Cardano Network Expands Further with Djed Becoming Official Stablecoin of IOHK’s RealFi Start-Up」を翻訳したものです。

IOHKのRealFiスタートアップの公式ステーブルコインにDjedが採用され、Cardanoネットワークがさらに拡大 by U.TODAY

by Gamza Khanzadaev 2022年7月26日

COTIが開発し、Cardanoブロックチェーンをベースにした過担保アルゴリズム・ステーブルコインDjedは、RealFiスタートアップのThriftと新たなパートナーシップを締結しました。このパートナーシップの一環として、Djedは、ピアツーピアプラットフォーム、ウォレット、フィアットオフランプソリューション、Thriftプロトコルなど、Thriftの全プロジェクトにおける公式ステーブルコインとなる予定です。

RealFiのスタートアップであるThriftは、Cardano、いや、エコシステムの親会社であるInput Outputとも直接関係があります。ThriftはIOHKのインキュベータから生まれ、その後、それ自体が本格的なDeFiおよびRealFiインフラに発展し、すべての製品が非親告罪のThriftウォレットに結びつけられたのです。

今回のイベントについて、Thriftの創設者であるJosiah Odosu氏は、Djedはセキュリティ、プライバシー、分散化の特徴を持つThriftのインフラに完全に適合していると指摘しました。このステーブルコインをスタートアップの製品に組み込むことで、その信頼性を確保し、特にアフリカ諸国でのカルダノの普及を促進することができる、とOdosu氏は述べています。

カルダノのアフリカキャンペーン

Thriftの創業者がアフリカでのカルダノ採用に言及したのには理由があり、それは現在ブロックチェーンが最優先していることの1つだからです。先週の日曜日には、CardanoベースのアクセラレーターAdaverseがアフリカの暗号ゲームスタートアップの投資ラウンドに参加したことをお伝えしましたが、これによりCardanoの潜在ユーザー数がさらに1億人増加する可能性があるとのことでした。

IOHKとチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、人類文明の発祥地への旅行だけに止まらず、アフリカの暗号市場の大きな塊に真剣に期待しているようです。米国での厳しい競争とヨーロッパでの暗号規制の強化の可能性を考えると、Cardanoのアフリカへの進出はかなり賢い動きだと思われます。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。