エポックな日々, ニュース, ...

NFT、GameFi、DEXの分野でカルダノDappsのアクティビティが急拡大:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック370

NFT、GameFi、DEXの分野でカルダノDappsのアクティビティが急拡大:最新の動向

カルダノ・エコシステムがVasil後、特にNFT、GameFi、DEXなどの分野で、カルダノ・ソリューションの採用が進んでおり、カルダノDappsのアクティビティも急拡大しています。エポック370では多くのアクティビティがツィートやYoutubeなどのソーシャルメディア、メディアニュース記事などで取り上げられ、盛り上がりを見せていました。

また、カルダノ・コミュニティの人気ツィッター・アカンウトであるADA whaleのツィートよれば、10月19日のネットワークトランザクションは97,959件で、前月比+75%増と伝えており、カルダノ・エコシステム全体でアクティビティが上昇しています。

今回は、市場が低迷する一方で、ますます拡大し成長の勢いを増すカルダノ・エコシステムの現状を中心にお伝えします。これを見れば、次の強気相場でのカルダノの上昇はこれまでにない大きな期待と共にやって来ることを予感させるでしょう。

カルダノがNFTチェーンのトップ3に躍り出る:24時間の取引量が132%に急増

カルダノのNFTプロジェクトが勢いを増しています。カルダノは10月17日、18日にNFTで取引された96万8000ドルでImmutable Xを上回り、NFTチェーンのトップ3に躍り出ました。EthereumとSolanaのみに続く順位となっており、ADA換算ではNFTボリュームが300万と280万ADAに達しています。

また、1週間でNFTのボリュームが280%急増を記録しました。ADAのNFTボリュームが81万1000だった10月10日から、ADAのNFTボリュームが300万ADAに達した10月17日までで、280%の増加を記録しています。

さらに、カルダノNFT ランキングプラットフォームのOpenCNFTのデータによれは、過去7日間のNFT取引数は67%増の48,384件、NFT売却数は65.27%増の45,668件となりました。10月17日には過去最高の3,089,313件の取引量を記録しました。10月20日、OpenCNFTのデータによると、ADAの24時間NFTボリュームは1,232,142とされています。

さらに、24時間取引量による収集シェアでカルダノ最大のNFTプロジェクトであるApe Societyが、10,000ADAのフロアプライスに到達し、記念碑的マイルストーンに到達しました。

カルダノを採用するゲーム開発者が増加中:急拡大するGameFiプロジェクト

NFTに続きカルダノのGameFiプロジェクトもアクティビティが活発化し、エコシステム内で開発が活発化しています。

Mocossi Planet

近日発売のゲームで、Play to Earn(P2E)のバーチャルペット、農業、PvP戦略ゲームの『Mocossi Planet 』のNFTが217件しか登録されてないにもかかわらず、取引ボリュームが3Mを突破しています。

ADANinjaz

CNFTのトップクラスになるのは時間の問題と目されるADANinjazは、単にNFTを構築するだけでなく、高度にインタラクティブで、ストーリーを重視し、コミュニティ主導の次のようなマルチメディアおよびエンターテイメントを提供します。

  • NFTと連動した物理的なマンガ
  • 400kのSpotifyストリームを持つ音楽
  • プレイ可能なアルファゲーム
  • 美しい4分割のNFTコレクション

また、Shards of Ninavaのビジョンは、アリーナ・ミニゲームの社会的かつ競争的なPlay to Earn(P2E)のエコシステムを構築することであり、それは自己進化し、楽しくプレイでき、カジュアルなプレイヤーと競争的なプレイヤーの両方に報酬を与えるものだそうです。

Cardano Warriors

ゲーム体験を通じてゲーム内で資産取引を可能にするMassive Multiplayer Onchain Role-Playing Game (MMORPG)を開発するCardano Warriors(@cardanowarriors)は、Cardano Warriors、Laceと提携し、Web3によるクロスプラットフォームインタラクションを統合すると発表しました。

Wolf of Rome

多くの開発者は、ノンファンジブルトークン(NFT)からPlay-to-Earnゲームまで、自分たちのプロジェクトに適したブロックチェーンはCardanoであると考えているようです。

「Wolf of Rome」のCOO兼マーケティング責任者であるKyle Puller氏は、インタビュー記事『KYLE PULLER ON CRYPTO GAMES, SOUTH AFRICAN GAME DEV, ADA, AND “WOLVES OF ROME”:』で、暗号ゲーム、南アフリカのゲーム開発、ADA、そして「Wolves of Rome」について語っており、Cardanoがゲーム開発者に好まれている理由をインタビューで次のように説明しています。

私たちとしては、チームの多くがすでにカルダノコミュニティに溶け込んでいたと思います。私たちは、その倫理観、比較的混雑していないこと、2回測定して1回カットするというアプローチ、そしてもちろんガス代が安いことが気に入っています。ですから、もし私たちが何かを作ることで貢献するとしたら、それはここであろうと理にかなっていました。

また、Cardanoは、セキュリティと信頼性の両方の観点から、構築するのに最適なチェーンであることが証明されているとし、Puller氏は自身を「1つのチェーンですべてを支配する」タイプの人間ではないが、カルダノに落ち着いて本当によかったと思っておりホームのように感じていると述べています。

成長するカルダノDeFi

Vasilアップデート後、Cardano dAppsがユーザーアクティビティの大幅な増加を記録し、特にCardano DEX Muesliswapは過去30日間で788%の成長を記録しています。

Dapps On Cardanoが共有するデータによると、最後のエポックからユーザーのアクティビティが増加しているとのこと。特に、CNFT、SingularityNET、Cardano DEX MuesliSwap、Lending Pond、SpaceBudzなどのプロジェクトは、それぞれ282%、259%、93%、75%、75%のユーザーアクティビティが増加しました。

今エポックでの注目のDeFiプロジェクトの動き

ここ最近、特に今エポック370では、多くのプロジェクトの動きがありましたので、いくつかピックアップしてご紹介します。

SundaeSwap

SundaeSwapが、開発中のCardanoのスケーリングソリューションであるHydraステートチャンネルを使用したデモを行なっています。SundaeSwapチームは何ヶ月も前から取り組んでおり、非常に早い段階での統合を披露しています。

メインネットでのHydraでのSundaeSwapは、まだ先の話とのことですが、これはカルダノの旅においても重要なマイルストーンとなりそうです。

また、 SundaeSwapチームは、カルダノ財団と提携し、CardanoSummit2022に分散型オンチェーン投票を提供しています。

Minswap

Minswap DEXの取引量は過去半年で最高の1日300万枚以上を超えました。また、Minswapで取引されたCardanoトークンは、現在、coingeckoで追跡可能になっています。

これによりCardanoに上場しているトークンが暗号の主流になることがより簡単になり、流動性などを引き寄せることができるようになると考えられます。

https://www.coingecko.com/en/exchanges/minswap

Aada

既にカルダノ・メインネットでライブを開始している、NFTに裏打ちされた完全分散型の貸し借りプロトコルのAadaが、分散化を進めるための第二回のDAO投票を開始しています。現在は半分まで進行中。

プロトコルの分散化は、やがてくる規制において最も重要な施作の一つであり、こうした取り組みは将来的にも、カルダノDeFiの底上げにつながるでことでしょう。

Aadaのユーザーはファンジブル・トークン(FT)を借り、売却し、資産を再購入して、ポジションを増やすことができます。

Yamfore

注目のプロジェクトであるYamforeが、ツィートとブログで、マージンコールや継続的な利息の返済がなく、融資期間が無期限の暗号担保融資を提供する方法について説明しています。

Yamforeは、Cardano上の分散型ノンカストディアル型のコミュニティが支援する最初の融資プロトコルです。

Yamforeを通して促進されるすべての暗号担保ローンは、プロトコルの内部stablecoin treasuryから直接資金を供給され、これにより、借り手の担保の価値が一定の基準値を下回らないようにする、継続的な利息の返済を求めるなど、貸し手のカウンターパーティ要件の多くが取り除かれると説明しています。

貸し出される資本はすべてプロトコル自身が所有しているため、借り手に代わってプロトコルがより大きなレベルのリスクを引き受けることが可能で、従来の融資ソリューションでは不可能であった、より有利な融資条件が可能になるとのこと。

興味がある方は、ツィートと下記の記事をご覧ください。

https://yamfore.medium.com/yamfore-litepaper-77808558b071

Cardax

Cardano eUTXOブロックチェーン上の完全分散型Automated Market Maker(AMM)取引所(DEX)のCardaxが、Milkomedaで動作するデモを行なっており、マルチチェーン化を目指しています。これにより、Cardax DEX内でユーザーは異なるブロックチェーンからトークンを取引できるようになります。

Cardaxが Milkomeda で DEX を開始する理由です。ユーザーは、異なるブロックチェーンからトークンを交換できます。

Cardaxは、誰もが完全に分散化された方法でカルダノ・ネイティブ・トークンとADAを取引できるよう、Cardaxを実現することに全力を注いでいます。

Axo

すべての人にとって公平で効率的な金融システムへの世界の移行を加速させる取引プロトコルのAxoは、CardanoとCOTIチームによって開発されたアルゴリズム・ステーブルコインであるDjedとの提携を発表しました。

これによりステーブルコインDjedは、Axoのデジタル資産取引プラットフォームに統合される予定です。

新しい取引プロトコルのAxoは、ユーザーが定義した取引条件は、プログラマブルスワップ(取引指向のスマートコントラクトの一種)として表現されます。プログラマブルスワップは、単純な注文から最も複雑なマーケットメイク戦略まで、あらゆるトレーダーの意図を表現するのに十分な柔軟性を持っています。

プログラマブルスワップは、Axoプロトコル仕様を実装しているあらゆるシステムで、互いにマッチングさせることができます。各プログラマブルスワップは、ブロックチェーンを通じて互いに独立して動作する一方で、スワップ間の同期と相互運用性を保持します。

下記の動画は、Cardano上のピアツーピア交換プラットフォームAXOを開発するチームであるGenLambdaのCEOのインタビューです。

その他の期待のプロジェクトたち

Iagon

Cardanoをベースに構築された分散型クラウドストレージネットワークのIagonは、プロトコルの最初のベータ版を公開し、順調に動作していると伝えています。

Book.io

これにより、世界トップのメディアコングロマリットと世界有数の書籍販売会社がCardanoのエコシステムに乗り込むことになった。

Book.ioは、電子書籍とオーディオブックの購入、閲覧、販売のためのNFTマーケットプレイスで、Cardanoブロックチェーンの力をバックボーンとして活用し、デジタル読書を永遠に変えるNFTマーケットプレイスとプラットフォームを創造するというもの。

読者は初めて、電子書籍やオーディオブックを購入し、これらの作品を消費することで$BOOKトークンを獲得し、二次市場でNFTを売却することができるようになるとのこと。

また、スマートコントラクトを搭載した出版社や作家は、初回販売時に業界最高額のロイヤリティを、二次販売時にはロイヤリティを永続的に獲得することができるようになります。

charli3

https://charli3.io

カルダノ初の分散型オラクルであるCharli3がメインネットでライブ配信されました。でライブTXNを確認することができます。

https://cexplorer.io/asset/asset1lw958am6fstu7tjcqhqcx7acfakp3ru09v7cm6/tx#data…

Charli3は、オンチェーンのスマートコントラクトにオフチェーンデータを提供するサービスを定義するために、オラクルという用語を使用しており、信頼性の高いオフチェーンデータストリームを提供することで、現実世界とブロックチェーンの間の橋渡し役として機能します。

Charli3は、Cardanoブロックチェーンのための最初の分散型オラクルネットワークです。Charli3はCardanoにネイティブであることで、Ethereumベースのオラクルで見られる柔軟性、スケーリング、取引手数料の増加といった顕著な問題を回避するとともに、信頼できるネットワーク上にその基盤を構築することを目指しています。

私たちCharli3は、強力で信頼できるデータフィードを提供することを目指しており、ピアレビューされたブロックチェーン上に構築することが極めて重要です。

Charli3は、現在Minswap、Muesliswap、SundaeSwap、Wingridersにオラクルを提供しています。

Orcfax oracle

高品質で構造化されたオラクル・データをCardano eUTXO datumとして公開するOrcfax社は、ツィートでカルダノのeUTXOモデルの制約と機会の中で、できるだけ持続可能で再利用可能な、信頼できる外部世界のデータフィードを導入するにはどうしたらよいかについて説明しています。

COOPのソフトウェア開発はMLabsが主導し、プロダクトディレクションはOrcfaxプロジェクトが担当し、CardanoオラクルサービスにCOOPを実装しています。

Cardano Open Oracle Protocol (COOP)は、Cardanoスマートコントラクトによるオフチェーンデータの公開と消費を可能にする技術的ガイドラインの集合体です。

これらのデータは、CardanoのVasilハードフォークで導入されたCIP-31 Reference Inputsを活用しています。この強化により、1つのeUTXOに書き込まれたデータは、トランザクション出力への排他的なアクセスをめぐって互いに競合することなく、複数の消費者によって読み取られるようになります。

また、Orcfax社のオラクルは、高品質で構造化されたデータをCardano eUTXO datumとして公開します。このプロジェクトでは、文脈のないデータポイントよりも優れた設計を反映するために、これらを「ファクトステートメント」と呼んでいます。

詳細は下記のページ(英語)を参照してください。

https://www.orcfax.link/introducing-the-cardano-open-oracle-protocol-coop/

Mercury Chat

Mercury Chatは、Mercury Chatをアプリケーションに簡単な手順で組み込むことができるインテグレーション・ページを開設しました。

https://mercurychat.io/integrate

Symons Lab

『Symons Lab』は、イザナミ・プロジェクトPhase IIをProject Catalyst Fund 10で提案することを発表しました。Phase IIの詳しい情報については現在『ホワイトペーパー』を作成中で、近日中に公開する予定です。

Symons Lab人口減少、高齢化と生産性労働人口の減少は地方経済に甚大な影響を与えることは間違いなく、新しい生活様式への転換、地域の活性化を図る新しいビジネスモデルの構築が必須となります。

現在のサイモンズシステムを、従来の中央集権的な仕組みから、地域毎に様々な取組みが展開できる分散型で地域住⺠が直接把握できる開放的なシステムに変換しなくてはなりません。今回新たに構築する Phase IIでの新システムはまさにそのためのものであり、これからの地域社会には欠かせないインフラになり得るでしょう。

チャールズ・ホスキンソンさんの動画『Let’s Talk Basho』によれば、2023年はマイクロファイナンスを実行するための環境が導入され、ロイヤリティ・ポイントシステムを含む多くのプロジェクトが開始されると述べています。現在イザナミ・プロジェクトも特にHydraの導入を視野に、マイクロファイナンスを実現すべくPhase IIの開発準備を進めています。

CardanoSummit2022 のメインステージスピーカーの候補に、日本で進行中のプロジェクトがノミネート

日本からもメインステージイベントのIdenty SolutionでKuniさんがノミネートされていますので、そのスピーカーにプレゼンしてもらうために投票してみましょう。

このプロジェクトは、内閣官房主導で進められている、新たなデジタルインフラ構築に向けたTrustedWeb推進事業の入札において、この度電通グループ様と連携しカルダノブロックチェーンを利用したAtala PRISMベースのプロジェクトです。

https://www.nttdata-strategy.com/info/trusted_webR3_koubo/saitaku.html

カルダノの「破壊的イノベーション」である”世界の金融オペレーティングシステム “になるという戦略

カルダノは現在エコシステムを本格的に成長させる段階に入ったと言えます。Vasilの機能を取り入れるべく、103の開始されたプロジェクトがアップグレードを、そして1122の開発中のプロジェクトがメインネットでのローンチを目指して進めています。

これらの動きは非常に活発化しており、成長著しく日々新しい動きを見せています。2023年のエコシステムはカルダノ独自の新技術と開発手法により、これまでの暗号市場とは一線を画す新しいプロジェクト群による高品質なエコシステムへと進化してくることは、実現可能の領域に入ったと考えています。

こうした中、Motley Foolが興味深い記事『カルダノが次のイーサリアムになる可能性はあるのか?』を発表しています。記事では、シリコンバレーで最も有名なビジネスアイデアの1つ「破壊的イノベーション」の理論を紹介し、カルダノが次のイーサリアムになる可能性について論じています。

破壊的イノベーションとは、市場の巨人を失脚させ、挑戦者を新しい業界のリーダーとして据えるタイプのもので、常に市場のローエンドから始まるというものです。これは、既存のリーダーたちが、単に彼らにとって十分な利益をもたらさないために無視しているビジネスの部分です。

このカルダノの「破壊的イノベーション」にあたるものが、”世界の金融オペレーティングシステム “となるための戦略だと記事は述べています。

カルダノは大きな技術的アップグレードであったVasil後の今年、投資家に感銘を与えることができなかったが、投資家は、ノンファンジブル・トークンや分散型金融といった分野でのカルダノの最近の業績を割り引いて考えているのかもしれないとし、最終的にカルダノがイーサリアムを追い越す可能性があるのは、”世界の金融オペレーティングシステム “となるための戦略であると述べています。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック370

カルダノ(ADA)がイーサリアムを追い越して、No. 1クリプトになる理由を堂々宣言した人氣インフルエンサーの発言を全訳!!
カルダノ:2017年のトップ15クリプトを一目見て、5年後ADAはどこまで動いたのかがわかる

暗号アナリストのLark Davis氏が投稿した、2017年10月15日時点の時価総額上位15位の暗号通貨に関するグラフィックでは、ちょうど5年後、偉大な「再編成」が見られており、カルダノADAはどこまで動いたのかがわかります。

カルダノNFTのアクティビティが急増

多くのNFTトレーダーのツィートから知られるように、Cardano NFTのアクティビティが急増しており、特に、NFTトレーダーはSolanaからCardanoに移動しているようです。

ブロックチェーン技術を推進する:カルダノ財団の活動その2

カルダノ財団のこの3ヶ月間の活動についてブログで報告しています。パートナーシップを増強し、カルダノエコシステムのオープンソースの成熟を促すなど、教育から企業まで、ブロックチェーンの採用を支持し、技術そのものの進歩のサポートなどの活動を紹介しています。

カルダノ、24時間の取引量が132%に急増し、NFTチェーンのトップ3に躍り出る

カルダノのNFT空間が急拡大しており、24時間取引量が132%急増し、カルダノがNFTチェーン上位3つに食い込む動きを見せています。

特筆すべきは、NFTプラットフォームであるThe Ape Society、Spacebudz、Claynation by Claymates、Derp Apesが、24時間の取引量で341%、1066%、318%、368%の増加を記録したとのことです。

カルダノDEXは、Vasilの後、ユーザーアクティビティが788%成長

Vasilアップデート後のカルダノは、Cardano dAppsがユーザーアクティビティの大幅な増加を記録し、Cardano DEX Muesliswapは過去30日間で788%の成長を実証しています。

COTI、Axoと提携し、デジタル資産取引プラットフォームにDjedを統合

CardanoとCOTIチームによって開発されたアルゴリズム・ステーブルコインであるDjedは、取引プロトコルのAxoとの提携を発表しました。これによりステーブルコインDjedは、Axoのデジタル資産取引プラットフォームに統合される予定です。

Djedのアルゴリズムステーブルコイン予備の安定資産を鋳造して燃焼させながら、ベースコインの予備を維持するように設計されています。

イザナミ・プロジェクトPhase II:地域住民主体の『持続可能な循環型地域社会』づくりに貢献

現在、『ポイントを活用した持続可能な循環型地域活性化システム』を運営する株式会社サイモンズに対し、地方自治体、DMO(観光地域づくり法人)及び企業からの問い合わせが急増しています。この背景にあるのは、地域におけるデジタルインフラ及び観光庁の観光施策の一つとしての観光DXプラットフォームの採用が進んでいることが想定されます。

カルダノ(ADA)、NFT空間が急成長、トップ3のチェーンに食い込む!DeFiは「本物の巨人」を待つばかり。DEXも進化中!
AlgorandがCardanoに対応、チャールズ・ホスキンソン氏がLayer 2ソリューションの開始を発表

Algorandのメインネットで「Milkomeda A1 Rollup」が公開され、最初のロールアップとEVMのサポートが開始されたとブログで発表しています。

カルダノ、1週間でNFTボリュームが280%急増を記録

カルダノのNFTプロジェクトが勢いを増しており、1週間でNFTのボリュームが280%急増を記録しました。ADAのNFTボリュームがやっと81万1000だった10月10日から、ADAのNFTボリュームが300万ADAに達した10月17日までで、280%の増加です。また、CardanoはNFTチェーンのトップ3に入り、Immutable Xを4位に逆転させました。

カルダノが次のイーサリアムになる可能性はあるのか?:カルダノの「破壊的イノベーション」である”世界の金融オペレーティングシステム “になるという戦略

Motley Foolが興味深い記事『カルダノが次のイーサリアムになる可能性はあるのか?』を発表しています。

記事では、シリコンバレーで最も有名なビジネスアイデアの1つ「破壊的イノベーション」の理論を紹介し、カルダノが次のイーサリアムになる可能性について論じています。

カルダノが次のイーサリアムになるシナリオを解き明かす「破壊的イノベーション」理論とは?
Cardano、Uniswap、その他のアルトコインが大量のショートポジションを記録:サプライズバウンスの可能性

オンチェーン分析会社のSantimentによれば、カルダノ、ユニスワップ、その他のアルトコインが、アルトコインのトレーダーの大多数による大量のショートポジションを記録しています。これによりサプライズバウンスが発生する可能性があることを指摘しています。

カルダノ最大のNFTプロジェクトApe Societyが記念碑的マイルストーンに到達

24時間取引量による収集シェアでカルダノ最大のNFTプロジェクトであるApe Societyが、10,000ADAのフロアプライスに到達し、記念碑的マイルストーンに到達しました。

カルダノ週間開発レポート:2022年10月14日

ハイライト
UTXO HDとジェネシスの開発作業が進行中
Daedalus v.5.1.0をリリース
Laceエクスプローラーベータプログラム発表
Marlowe Runtimeの機能を改善
Hydraノードのバックアップおよび復元機能が進展
Project Catalyst Fund10を準備中

現時点での統計
開始されたプロジェクト:103
開発中のプロジェクト:1122
ネィティブトークン:6.4m
トークンポリシー:63531
Plutusクリプト:3523
トランザクション:52.4m

カルダノを採用するゲーム開発者が増加する理由。Wolves of RomeのCOOが「倫理観」を絶賛!「まるでわが家にいるようだ」
Cardano Warriors、Laceと提携し、Web3によるクロスプラットフォームインタラクションを統合

ゲーム体験を通じてゲーム内で資産取引を可能にするMassive Multiplayer Onchain Role-Playing Game (MMORPG)を開発するCardano Warriors(@cardanowarriors)は、Cardano Warriors、Laceと提携し、Web3によるクロスプラットフォームインタラクションを統合すると発表しました。

カルダノを採用するゲーム開発者が増加中:カルダノがゲーム開発者に好まれている理由

様々なブロックチェーンベースのプロジェクトの開発において、カルダノ・ソリューションの採用が進んでいます。多くの開発者は、ノンファンジブルトークン(NFT)からPlay-to-Earnゲームまで、自分たちのプロジェクトに適したブロックチェーンはCardanoであると考えています。

ステーキング状況 in エポック370

エポック371開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック370ステーキング報告
SIPOエポック370ステーキング報告
SIPO2エポック370ステーキング報告
SIPO3エポック370ステーキング報告
[SIPO3]は3500個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。