ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

今後10年間で10億人のユーザー獲得を目指すカルダノ

World Mobile X IOHK — Charles Hoskinson, Micky Watkins and John O’ Connor.

以下はYoutubeの説明欄に掲載されたテキストを翻訳しています。

“オンラインではない何十億もの人々をオンラインにするには?” チャールズ・ホスキンソン氏

その答えは、ワールド・モバイルにあります。

ワールド・モバイルは、IOHKと協力して、現在接続されていない世界の半分の人々を接続し、アフリカから始まるコミュニティにデジタル・アイデンティティと金融エンパワーメントをもたらすことを目指しています。

ワールド・モバイルについて

ワールド・モバイルは、ブロックチェーンとシェアリング・エコノミーを基盤としたグローバル・モバイル・ネットワークです。約40億人の人々がオフラインのまま放置されており、デジタルエクスクルージョンは重大な問題となっています。

従来の通信事業者とは異なり、ワールド・モバイルは人々による人々のための事業者であるため、誰もがネットワーク事業者となり、報酬を共有することができます。IOHKと協力して、ワールド・モバイルは革命的なスケーラブル・ネットワークをアフリカやその他の地域に提供します。

ワールド・モバイルは、デジタルインクルージョン、セルフデータガバナンス、環境維持、分散型アイデンティティ、そしてすべての人のための金融エンパワーメントを信じています。

詳細については、https://worldmobile.io をご覧ください。

IOHKについて

IOHKは、ピアツーピアのイノベーションを利用して、21世紀のサービスを受けられない30億人の人々に提供することを目的とした、研究開発および製品エンジニアリング企業です。

IOHKは、政府、企業、学術機関向けにブロックチェーンベースの製品を開発することで、世界中の人々のスキルを向上させ、それぞれの国の人々が直面している最も差し迫った問題を解決する力を与えています。

IOHKは、すべての人のための分散化、プライバシー、経済的アイデンティティ、および金融のエンパワーメントを信じ、中央集権的な管理や官僚主義に反対しています。

詳細は、https://africa.cardano.org をご覧ください。

以下はcityam.comに掲載された記事「Cardano aiming for a BILLION users over next decade」を翻訳したものです。

今後10年間で10億人のユーザー獲得を目指すカルダノ

By Darren Parkin 2021年7月9日

カルダノの最高責任者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、今後5年から10年の間に10億人のユーザーを獲得することが組織のミッションであることを明らかにした。

IOHKのチーフは、貴重なインタビューの中で、すでに100万人を突破した後、10億人のネットワーク利用者という目標は手の届くところにあると強く感じていると語った。

カルダノ創業者のチャールズ・ホスキンソン氏

World Mobile社のCEOであるミッキー・ワトキンス氏と、IOHKのアフリカ・オペレーション・ディレクターであるジョン・オコナー氏とのライブ・ディスカッションで、カルダノの創設者は、World Mobile社との最近のパートナーシップと、アフリカに焦点を当てることについても説明しました。

ミッキー・ワトキンス氏はまず、ワールド・モバイルが「つながっていない人たちをつなぐ」ために、アフリカで事業を展開することを決定したことを説明しました。

現在、サブサハラ・アフリカには10億人の人々が住んでおり、そのうち80万人はインターネットをまったく利用していないという、膨大な需要があります。

私たちは、タンザニア、特にザンジバルでスタートします。

続いて、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、World Mobileとの提携の理由と、Cardanoのブロックチェーンの利用について語りました。

“我々の会社としてのビジョンは、あらゆる場所にいるすべての人のために世界のシステムを改善することであり、通信業界ほど革命や変化を必要としているシステムはありません “と語った。

“インターネットは単なるユーティリティーではなく、人間の条件なのです。インターネットは単なるユーティリティではなく、人間の条件であり、お互いに話したり、つながったり、アイデアを共有したりすることを可能にし、世界中に変化をもたらす唯一最大の原動力となっています。自由、経済的自由、経済的アイデンティティーを広めるものです。

ワールドモバイルのミッキー・ワトキンス氏

インターネットの存在がなければ、会ったこともないような人たちとビジネスをする能力を与えてくれる。

そして、このパートナーシップがカルダノの目標とうまく合致している理由を詳しく説明してくれました。

私たちがテーブルにもたらすことができるのは、経済的なアイデンティティと銀行業務を支援するサービスの素晴らしいツールボックスです。

しかし、それらのツールは、一般的に何らかの接続性に依存していますが、それは私たちの専門分野ではありません。「これは、一人で行うビジネスではありません。

これは、私たちが追求すべき自然な関係であり、私たちのミッションを達成するためのものだと感じました。

と述べています。

その使命とは、ジョン・オコナー氏の「5年後のカルダノはどうなっているか」という質問に対し、10億人という驚異的なユーザー数を達成することだと明かした。

もし私たちが大成功を収めれば、おそらくブロックチェーンの分野で支配的なプロトコルのひとつになるでしょう。

と答えています。

私たちの目標は10億人のユーザーを獲得することです。すでに100万人を突破していますが、10億人に到達することは、5年から10年の期間で実現できると強く感じています。

私たちの目標は、ブロックチェーンを経済の代替手段、つまり金融システムを持たない人のための金融システムにすることです。その上で国家を運営し、投票システム、不動産台帳、株式市場など、欧米では当たり前のサービスを運営することができます。

ジョン・オコナー氏

そのためには、多くの奇跡と多くのイノベーション、そしてボトムアップの活動が必要です。

カルダノがマイクロソフト、グーグル、アップル、フェイスブックと違うのは、トップダウンという概念がなく、むしろユーザーベースによって定義される自己進化、自己修復のプロトコルスタックであることです。

最近の状況を見ると、カルダノのミッションは順調に進んでいるように見えます。ほんの数週間前には、IOHKが中国のパブリックブロックチェーンNervosと提携し、カルダノ・ネットワークに接続することが発表されました。

このブリッジにより、ユーザーはNervosとカルダノのネイティブ通貨(それぞれCKBとADA)で取引ができるようになるだけでなく、トークンラッピングと呼ばれる技術を使って、両方のブロックチェーンで独自のトークンを作成することもできるようになります。

今週初めには、カルダノのネイティブトークンであるADAが、ビットコインを抜いて、eToroのユーザーが最も保有するコインとなったことも明らかになりました。

インタビューの全文はこちらをご覧ください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。