ニュース, ブログ, ...

長期的な暗号投資家はウォレットの中にカルダノADAを持つべき

カルダノのような多くのクリプトの長期的な上昇の動きは、おそらく始まったばかりとmsn.comがその理由について伝えています。

以下はmsn.comに掲載された記事「Long-Term Crypto Investors Should Have Cardano in Their Wallets」を翻訳したものです。

長期的な暗号投資家はウォレットの中にカルダノADAを持つべき

By Tezcan Gecgil 2021年7月22日

カルダノ(CCC:ADA-USD)の長期保有者は、2021年前半に大きなリターンを得た。ここ数週間でほとんどのデジタル資産が急速に売られたにもかかわらず、年初来でADA-USDは610%以上上昇しています。別の言い方をすれば、この暗号に投資した1,000ドルという格言は、今では約7,100ドルの価値があるということです。

この暗号の52週間の範囲は、76.1セントから2.4618ドルでした。最近の価格1.29ドルで、ADAは413億ドルの時価総額を誇り、市場のトップ5の暗号の中にランクされています。7月、暗号通貨資産管理会社のグレースケールは、カルダノをグレースケール・デジタル・ラージ・キャップ・ファンド(OTCMKTS:GDLC)に追加しました。

比較すると、2つの最大で広くフォローされている暗号であるビットコイン(CCC:BTC-USD)とイーサリアム(CCC:ETH-USD)は、YTDでそれぞれ12%と168%上昇しています。両者の時価総額は約6149億ドルと約2335億ドルです。

これらのデジタル通貨と比較して、他のウォールストリートの寵児たちが2021年にどのような成果を上げたのか気になるInvestorPlace.comの読者は、以下の株式のリターンを見て興味を持つかもしれない。

Apple (NASDAQ:AAPL) – YTDで11.1%の上昇、時価総額は2.46兆ドル
Facebook (NASDAQ:FB) – 前年度比29.8%増、時価総額は1.01兆ドル
Netflix (NASDAQ:NFLX) – 前年同期比0.5%増、時価総額は2,401億ドル
PayPal (NASDAQ:PYPL) – 前年同期比30.5%増、時価総額は3,576億ドル
Pinterest (NYSE:PINS) – 前年同期比10.5%増、時価総額は461億ドル
Tesla (NASDAQ:TSLA) – 前年度比5%減、時価総額は6,330億ドル

暗号通貨のジューシーなリターンを考えると、カルダノの強気派は今、ADA-USDの上昇が今年の残りの期間で継続できるかどうかを考えるかもしれない。興味のある投資家は、アルトコインの空間は、特に短期的には非常にぎこちないことを覚えておく必要があります。それにもかかわらず、カルダノのような多くのクリプトの長期的な上昇の動きは、おそらく始まったばかりです。その理由を見てみましょう。

カルダノとクリプトの3G

過去10年間、デジタル資産の申し子であるBitcoinの評価は、主に信頼、受容、そしてもちろん投機に依存してきました。ほとんどの暗号アナリストは、分散型ピアツーピア(P2P)デジタル通貨の代表格であるビットコインを、暗号の第一世代とみなしています。

しかし、多くの暗号通貨を支える基盤技術であるブロックチェーンは、広く普及しているこれらのデジタル資産以外にも幅広い用途があります。そこで、第2世代では、ブロックチェーンの分散型台帳技術(DLT)に注目しています。

情報を安全に記録・転送できるブロックチェーンは、多くの業界で利用することができます。例えば、国境を越えた決済、サプライチェーンマネジメント、ロジスティクス、ヘルスケアにおけるスマートコントラクト、IoT(Internet of Things)などに応用が広がっています。

多くの企業は、実際にはブロックチェーン技術の活用を始めたばかりです。例えば、International Business Machines(NYSE:IBM)は、”これまでに500のIBMブロックチェーンプロジェクト “に取り組んでいます。

最後に、第3世代(3G)のクリプトやブロックチェーン・プラットフォームは、現在、スケーラビリティと相互運用性に注目しています。スケーリングとは、大量のトランザクションを処理することで、ビットコインが苦手とされている分野です。

相互運用性とは、ブロックチェーンネットワークが相互に通信して情報を共有することです。研究者たちは、相互運用性があってこそ、ブロックチェーン技術の利用がさまざまな業界でその可能性を最大限に発揮できると指摘しています。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク:Proof-of-Stake)型ブロックチェーンであるカルダノは、第3世代のプラットフォームの一つです。イーサリアムの共同創業者であるチャールズ・ホスキンソン氏が設立し、2017年にリリースされました。フォロワーは、カルダノネットワークが分散型アプリケーション(DApps)の作成やスマートコントラクトの構築をリードすることを期待しています。余談ですが、PoSコインは、Proof-of-Work(PoW)アルゴリズムに依存する他のトップコインよりも、採掘に必要なエネルギーが少なくて済みます。

例えば、カルダノ財団は最近、5年間のビジョンを発表しました。その目的は、”来年までに50の銀行がADAを使用して、ブロックチェーンを確保し、より大きな顧客ベースを得ることです…銀行とのパートナーシップにより、カルダノユーザーは簡単にフィアットをADAに変換したり、その逆を行うことができます。”

ADAの底力

確かに、2021年には、暗号のような代替投資が伝統的な株式ポートフォリオのリターンを高めることが示されています。デジタル通貨、特にブロックチェーン技術が活用されるようになると、ADAのようなトークンの成長が続くと期待しています。

しかし、ADAのテクニカルチャートを見ると、日々の価格の振れ幅が大きいことが分かります。したがって、短期的なカルダノのトレーダーは慎重になるべきです。しかし、2年から3年のホライズンを持っているのであれば、このレベルあたりでエクスポージャーを持つことを検討してもいいでしょう。

カルダノネットワークが他の企業、特に銀行との提携を強めれば、ADA-USDの投資家にさらなる価値が生まれる可能性があります。

最後に、カルダノの日々の変動に巻き込まれたくない読者は、クリプトやブロックチェーンへのエクスポージャーを持つ上場投資信託(ETF)への投資を検討することができます。いくつかの例を挙げます。

Amplify Transformational Data Sharing ETF(NYSEARCA:BLOK) – YTDで~26.9%上昇。
Goldman Sachs Innovate Equity ETF (NYSEARCA:GINN) – YTDで~11.2%の上昇。
Grayscale Ethereum Classic Trust (OTCMKTS:ETCG) – YTDで~378.8%上昇。
Exchange Traded Concepts Trust – Capital Link Global Fintech Leaders ETF (NYSEARCA:KOIN) – YTDで~16.1%上昇しました。

掲載日現在、Tezcan Gecgilは本記事に記載されている有価証券のポジションを(直接的にも間接的にも)保有していません。

テズカン・ゲギル博士は、米国と英国で20年以上にわたり投資管理業務に従事してきました。この分野での正式な高等教育に加えて、CMT(Chartered Market Technician)試験の3つのレベルすべてを修了しています。彼女が情熱を傾けているのは、ファンダメンタルズの強い企業のテクニカル分析に基づくオプション取引です。特に、毎週カバードコールを設定して収入を得ることを楽しんでいます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。