ニュース, ブログ, ...

BlockFi CEO、ニュージャージー州司法長官からの排除措置命令についてコメントを発表

2,000億ドルの暗号価格暴落の引き金になったとされるBlockFiへのニュージャージー州司法長官からの排除措置命令について、BlockFiのCEOがコメントを出しました。これをU.TODAYが伝えています。

以下はU.TODAYに掲載された記事「BlockFi CEO Comments on Cease And Desist Order from New Jersey Attorney General」を翻訳したものです。

BlockFi CEO、ニュージャージー州司法長官からの排除措置命令についてコメントを発表

By Alex Dovbnya 火曜日, 07/20/2021 – 04:32

BlockFiのCEOザック・プリンス(Zac Prince)氏は先日、検事総長室の中で運営されている州の規制機関であるニュージャージー州証券局からの命令による停止命令書について、Twitterでより明確にしました。

プリンス氏は、この大手暗号通貨の貸し手は、同州の顧客のために「完全に稼働」していますが、2022年7月22日から新たな金利口座を開設することができなくなると主張しています。

同氏の回答は、Forbesが同社に対する差し迫った強制措置についてのニュースを報じた後に行われました。

BlockFiは、利息口座の商品で証券法に違反していると報じられています。ビットコイン以外にも、ChainlinkやUniswapなど、よりエキゾチックな暗号通貨を多数サポートしています。

プリンス氏は、同社の金利口座商品は証券ではないと考えているため、今回の措置には同意できないとしています。

また、BlockFiは「すべての関連当局」との関わりを続けると付け加えています。

当社は、顧客の利益を守り、当社の製品が利用可能な状態を維持するために、すべての関連当局との関わりを継続します。

U.Todayが報じたように、ニュージャージー州を拠点とする同社は、評価額を50億ドルに引き上げるための別の資金調達ラウンドを行う交渉をしていると報じられました。

前回のブルランの追い風に乗っていたにもかかわらず、BlockFiは最近、連日のように不運に見舞われました。

ニュージャージー州の証券規制当局との最近の苦境とは別に、BlockFiは5月に行われたプロモーション用のプレゼントで、ユーザーに数百万ドル相当のビットコインを誤って送付し、結果的に大きなPR効果を発揮しました。

今年の初めには、Grayscale Bitcoin Trustの最大の株式保有者の1つであるBlockFiも、ファンドの持続的な割引によって大きな打撃を受けました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。