IOGブログ, 情報, ...

Catalyst Nativesの紹介:あらゆるビジネスがカルダノのイノベーション・エンジンを活用する方法

以下はにIOGブログ掲載された記事「Introducing Catalyst Natives – How any business can leverage the Cardano innovation engine」を翻訳したものです。

Catalyst Nativesの紹介:あらゆるビジネスがカルダノのイノベーション・エンジンを活用する方法

広範なCatalystプロジェクトの一環として、Catalyst Nativesプログラムは、ブロックチェーン技術の可能性を、あらゆる規模の日常的なビジネスのための新しいユースケースに開放します。

By Fernando Sanchez 2021年11月10日 4 mins read

カルダノのコミュニティ主導のイノベーションエンジンであるProject Catalystの一環として、最初のCatalyst Nativesのパイロットを発表できることを嬉しく思います。Catalyst Nativesは、どのような組織でも、ビジネス上の問題を解決するために群衆の力を活用し、解決策の実施を外部に委託することを可能にします。このプロジェクトは、ブロックチェーン技術の可能性を、規模の大小を問わず、日常のビジネスにおける新たなユースケースに広げます。

私たちは一連のパイロットを開始しますが、まず最初に、組織が独自の決済ソリューションを構築できるようにするエンタープライズグレードのフィンテック企業であるCOTI社と連携します。COTI社は、カルダノとの提携により、非常に使いやすく拡張性のあるADA決済ソリューションをコミュニティ向けに開発しました。その結果、ヨーロッパの小さなホテルからアジアの大きなEコマースサイトまで、オンラインマーチャントは、自分のサイトに adaPayを統合することで、何百、何千ものADAトランザクションを簡単に受け入れることができるようになりました。

COTI社のCEOであるShahaf Bar-Geffen氏は、今回の提携について聞かれ、次のように答えています。

我々は、Catalyst Nativeファンドを立ち上げた最初の企業となることに非常に興奮しています。親密なパートナーとして、COTI、IOHK、Cardano Foundation(カルダノ財団)が再び協力し、世界中のチームがagaPayの開発に参加し、我々のチャレンジに参加できるようにするのは当然のことです。adaPayを豊かにする新しい革新的な方法を見つけることは、非常に多様なマーチャントが支払い方法としてadaを受け入れることを可能にすることで、カルダノとCOTIのコミュニティだけでなく、全世界に価値をもたらすでしょう。

プロジェクト・カタリスト

Project Catalystは1年足らずで、世界最大の分散型イノベーションファンドに成長しました。これは、カルダノコミュニティが主導する、カルダノコミュニティのための、将来の発展と持続可能なイノベーションのためのセンターです。Catalyst Nativesのこの最初のパイロットでは、私たちは、Project Catalystのイノベーションエンジンの変革力を利用するために、カルダノエコシステムの外にある組織にゲートウェイを開いています。

Project Catalystは、資金調達のたびに、コミュニティが協力してソリューションを提供するためのいくつかの課題を提示してきました。今回のFund 7では、800万ドル相当のADAが用意されており、そのうち80%がプロジェクトの資金調達に、20%が投票者やコミュニティアドバイザーへの報酬インセンティブに充てられています。Fund 7は24のチャレンジで構成されており、そのうち21のチャレンジはコミュニティが提案して投票したもので、2つのチャレンジはIOGが提案したものと、COTIと共同で実施したCatalystのネイティブ・パイロットによるものです。提示されたソリューションをCatalystコミュニティが投票し、その勝者がプロジェクトを完成させるための資金を得ることができます。

カタリスト・ネイティブ

Catalyst Nativesは、カルダノのネイティブトークン機能がCardanoブロックチェーン上のトークンの範囲を広げるように、Project Catalystの機能へのアクセスを拡張します。

Catalyst Nativesの導入により、カルダノ/Catalystのエコシステム外の組織も課題を提示し、提案されたイノベーションで課題を成功させた人にインセンティブや報酬を提供することができます。

今回のCatalyst Nativesの試験運用では、COTIは革新的な技術的課題をコミュニティに提供します。現在、ShopifyやWooCommerceなどのプラットフォームを利用しているすべての中小企業は、サイトにプラグインを追加することで、シームレスな統合による新しい創造的な方法で、ADAの支払いを受け入れることができるようになります。

今回の試験運用に続いて、Catalyst Nativesを公開し、他の外部組織からのさらなる挑戦を受け入れる予定です。

Catalyst Nativesは、企業の形態や規模を問わず、アイデアの宝庫であり、それを実現するためのスキルを持った人材にアクセスできるという素晴らしい提案です。企業は、解決するためのリソースがない、あるいは単純に解決策がない特定のペインポイントに取り組み、それをCatalystの課題としてアウトソースすることができます。

未来が刻々と近づいてくる中で、企業は常に変化する市場環境に適応しなければなりません。新興市場では、プランニングが非常に困難です。このような不確実性があるからこそ、必要に応じてシンクタンクを活用し、実行をアウトソースできる能力は非常に価値があり、競争の激しい市場では差別化要因になるかもしれません。

Catalyst Nativesへの応募方法

具体的なビジネス上の課題をお持ちで、次回のCatalyst Nativesのパイロットプログラムに参加したいとお考えですか?こちらからご応募いただき、未開拓の可能性にアクセスするための次のステップにお進みください。

プロジェクト・カタリストはどこにありますか?

IOGのコミュニケーション・マネージャー、ティム・リッチモンドもこの記事に貢献しています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。