ニュース, 投稿記事, ...

カルダノ、スマートコントラクト・プラットフォームを変革する新たな仕組みを模索中

IOGが発表したブログ「ステーブルフィーと分散型準備制度」について、zycrypto.comが詳しい記事にしています。

このブログで、カルダノは、取引手数料を公正で安定したものにし、長期的に予測可能なものにするための新しい研究プロジェクトまたはメカニズムに取り組んでいると説明しています。

また、この興味深いコンセプトについて、オンチェーン分析プラットフォームのWeiss Cryptoは、これはすべてのスマートコントラクトの新しい基準になるかもしれない興味深いアイデアだと次のように述べたことをzycrypto.comが伝えています。

実際のところ、コストを指数関数的に増加する資産で値付けすることは、スマートコントラクトプラットフォームにとっては悪いことです。カルダノが再びイノベーションを起こしたことを嬉しく思います。

以下はzycrypto.comに掲載された記事「Cardano Is Exploring A New Mechanism That Will Transform Smart Contract Platforms」を翻訳したものです。

カルダノ、スマートコントラクト・プラットフォームを変革する新たな仕組みを模索中

By Bernice Nyambura – June 11, 2021

カルダノネットワークの開発会社であるIOHKの新しいブログによると、カルダノは、取引手数料を公正で安定したものにし、長期的に予測可能なものにするための新しい研究プロジェクトまたはメカニズムに取り組んでいます。

Stablefees and the Decentralized Reserve System:IOGブログ:ステーブルフィーと分散型準備制度(翻訳記事)」と題されたブログでは、優れたシステムは、合理的で競争力を維持できるように取引コストを調整するメカニズムを持つべきだと説明しています。

我々は、台帳ルールとシステム資産に対するカルダノのアプローチに基づいて構築され、バベルフィーのコンセプトを補完する新しいメカニズムを探ります。

さらに、ほとんどの人は自分の特定の取引がネットワーク上でどのくらいのコストがかかるのかを知らないので、Stablefeesプロジェクトはこれも解決する予定です。

システムはまた、ユーザーが個々のニーズに応じて、タイムリーな取引処理のための適切な価格を発見できるようにする必要があります。

Stablefeesプロジェクトはカルダノに特化したものですが、IOHKは同様の特徴を持つ他の暗号プロジェクトにも適応できるとしています。

カルダノ:Stablefeesの導入

カルダノネットワーク上の取引手数料は、ステークプールの運営者への支払い、取引にコストを導入することによるネットワークへのアイドル攻撃の防止、ステークに参加して報酬を得ることへのインセンティブの3つの目的を持っています。

また、手数料は取引のサイズ(バイト)に応じて、あらかじめ決められた計算式で算出されます。つまり、カルダノベースのスマートコントラクトでは、データのサイズごとに課金される。イーサリアムでは、取引ごとに課金される手数料の額は、取引の計算と実行に使われた労力に依存する。

後者のシステムでは、イーサリアムベースのスマートコントラクトで取引を行うことが不合理に高くつきます。特に、ネットワークトラフィックが高い時期には、マイナーがより速い取引処理のために人々がより多くの料金を支払う必要があります。

Stablefeesの主なアイデアは、通貨やコモディティのバスケットに固定することで、取引の基本価格を設定することです。これには、分散型の準備金として機能するネイティブなスマートコントラクトを作成し、当該バスケットにペッグされた1つのステーブルコインを発行・管理することが必要となります。

ステーブルコインは、”Basket Equivalent Coin”(BEC)と呼ばれ、取引手数料の支払いに使用される通貨です(その他、プラットフォームの現実世界で必要とされるすべての価格設定)。

ADAは、分散型スマートコントラクトの準備資産として、またステークスの報酬通貨として、2つの役割を持ちます。

ユーザーは、BECを購入するか、分散型リザーブコントラクト上でADAをBECに交換することで、BECを持つ必要があります。 スマートコントラクトは、様々なベースでユーザーにBECを発行し、ADAとの交換で分散型エクイティコイン(DEC)も発行します。

スマートコントラクトは、DECの価値を活用することで、BECが基礎となるコモディティのバスケットにペッグされるようにします、とブログはさらに説明しています。

言い換えれば、DECはADA対バスケットの変動を吸収して、BECの実世界での価値が安定するようにします。

BECsとDECsの利点

IOHKは、リスク回避型の投資家、取引集約型のホルダー、流動性ニーズの高い投資家など、様々なタイプの投資家にとって様々な魅力があると予測しています。また、ADAが上昇した場合、BECは最高の報酬を得ることができますが、ADAの価格が大きく下がった場合には大きな影響を受けることになります。しかし、DECは長期保有者に適しているでしょう。

ADAUSD Chart By TradingView

“分散型の準備金:decentralized reserve”がこれらのコインをADAで価格設定しているため、BECもDECもステーキングやガバナンスへの参加を容易にすることができます。

また、ブログではADAの価格を決定するオンチェーンオラクルの機能や、価格決定のメカニズムについても説明されています。

この興味深いコンセプトについて、オンチェーン分析プラットフォームのWeiss Cryptoは、これはすべてのスマートコントラクトの新しい基準になるかもしれない興味深いアイデアだと述べています。

実際のところ、コストを指数関数的に増加する資産で値付けすることは、スマートコントラクトプラットフォームにとっては悪いことです。カルダノが再びイノベーションを起こしたことを嬉しく思います。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。