ニュース, ブログ, ...

YahooFinanceが記事「ブロックチェーンが日常生活をどのように変えていくのか」でカルダノのエチオピアの取り組みを紹介

米国のYahoo Financeに掲載された記事「Blockchain in Action: How Tech Is Changing Everyday Lives::ブロックチェーンが日常生活をどのように変えていくのか」に、VeChainとDNVのパートナーシップによる中国のIVFプロセスを変えるブロックチェーンの取組とともに、カルダノのエチオピアでの取り組みが紹介されています。

Yahoo Financeの記事では、ブロックチェーンが日常生活と統合できる他の方法があるとし、ブロックチェーンの分散型の性質による、テクノロジーに透明性とセキュリティを提供する能力は、さまざまな分野を強化するためにそれを使用しているイノベーターを捕らえ、医学から教育まで、ブロックチェーンテクノロジーは成果の向上と戦略の変更に役立っていると説明しています。

その中でエチオピアでは、ブロックチェーンが学生の成果の向上に役立っているとし、がエチオピア政府は、カルダノの分散型デジタル・アイデンティティ・ソリューションを用いて、生徒と教師のID(身分証明書)の国家データベースを作成する契約を締結したと伝えています。

この契約では、3,500の学校に500万の学生IDを提供します。このIDは、これらの学生全員の教育記録を保存するために使用されますが、これは今までのエチオピアでは不可能でした。

さらに記事では今回の契約は学生の記録を管理するだけではなく、学生の記録を管理するだけではなく、今後数年間にわたってエチオピアの学生に恩恵をもたらすと考えているという、カルダノの創始者でありチャールズ・ホスキンソン氏の言葉を次の様に紹介しています。

何百万人もの学生が卒業して経済活動を行うようになると、不動産の購入や支払い、投票など、経済生活のあらゆる場面でこのインフラが利用できるようになります。

以下はYahoo Financeに掲載された記事「Blockchain in Action: How Tech Is Changing Everyday Lives」から一部記事を抜粋し翻訳したものです。

エチオピアにおける教育の普及

エチオピアでは、ブロックチェーンが学生の成果の向上に役立っています。カルダノの最近のローンチは、彼らが地域の教育にどのように関わっているかを示しています。

イーサリアムの共同設立者の一人であるチャールズ・ホスキンソンによって設立されたカルダノは、イーサリアムと似ているかもしれませんが、ピアレビューされた学術研究に取り組むことで差別化を図っています。

4月には、エチオピア政府とのパートナーシップを発表し、ブロックチェーン技術の実用化を実証するためのプラットフォーム、すなわちCardanoネットワークの提供を開始しました。

エチオピア政府は、分散型デジタル・アイデンティティ・ソリューションを用いて、生徒と教師のID(身分証明書)の国家データベースを作成する契約を締結しました。

この契約では、3,500の学校に500万の学生IDを提供します。このIDは、これらの学生全員の教育記録を保存するために使用されますが、これは今までのエチオピアでは不可能でした。

ホスキンソン氏は、今回の契約は学生の記録を管理するだけではないと考えています。ホスキンソン氏は、今回の契約は学生の記録を管理するだけではなく、今後数年間にわたってエチオピアの学生に恩恵をもたらすと考えています。

何百万人もの学生が卒業して経済活動を行うようになると、不動産の購入や支払い、投票など、経済生活のあらゆる場面でこのインフラが利用できるようになります。

このシステムにより、学生は最終的な成績に頼って大学に入学する必要がなくなります。このシステムでは、学生は最終的な成績に頼ることなく、全体的なアプローチで彼らの能力を見ることができます。これにより、成功のチャンスが増えることを目指しています。

以上Yahoo Financeに掲載された記事「Blockchain in Action: How Tech Is Changing Everyday Lives」からの一部抜粋

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。