IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:カルダノサミット2021の概要:ガバナンスは次の大きな課題である

カルダノサミット2021の最後を飾ったワイオミング州ララミーのステージでの豪華な顔ぶれでのパネルディスカッションが行われました。

IOG社のCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏をはじめ、IOGの技術責任者であるロマン・ペラン、商業責任者であるジェリー・フラジスカトス、法務責任者であるジョエル・テルプナー、カルダノ財団のボスであるフレデリック・グレガード、そしてIOG以外の地元のヒーローであるAvanti Bank and Trustの創設者兼責任者であるケイトリン・ロングが参加し、モデレーターは、IOGの企業戦略担当副社長であるロブ・アダムスが務めました。

以下はIOGブログに掲載された記事「Cardano Summit 2021 summary: Governance is the next big thing」を翻訳したものです。

カルダノサミット2021の概要:ガバナンスは次の大きな課題である

チャールズ・ホスキンソン氏は、ブロックチェーン業界が成長し続けるためには、始めたことを終わらせる必要があると語る

By Anthony Quinn Editor 2021年10月8日

カルダノ 2021 Summitのようなイベントをどのように締めくくるのか。何十人ものスピーカーが登壇し、多くの新しい取引が発表され、そのすべてが世界6か所でライブで行われ、40以上のコミュニティハブや何万もの家庭でオンラインで視聴されるのですから、確かに大変なことです。

理想的には、イベントの要点を繰り返し説明し、頭脳を結集して得られた洞察を解き明かし、次に何が起こるのかを示唆することです。

ワイオミング州ララミーのステージでは、IOG社のCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏が出席し、豪華な顔ぶれのパネルディスカッションが行われた。ホスキンソン氏の他には、IOGの技術責任者であるロマン・ペラン氏、商業責任者であるジェリー・フラジスカトス氏、法務責任者であるジョエル・テルプナー氏、カルダノ財団のボスであるフレデリック・グレガード氏、そしてIOG以外の地元のヒーローであるAvanti Bank and Trustの創設者兼責任者であるケイトリン・ロング氏が参加しました。モデレーターは、IOGの企業戦略担当副社長であるロブ・アダムス氏が務めました。

IOG副社長 ロブ・アダムス パネルモデレーター – Rob Adams, IOG vice-president of corporate strategy

アダムス氏は、「このパネルは、ブロックチェーン業界をニッチからメインストリームへと導くためのものです」と語り、イベントのテーマである「ユーティリティ」「ガバナンス」「アダプション」「インパクト」について登壇者を誘導しました。カルダノを中心としたブロックチェーンの今後の行方を占う上で、これらの中で最も重要なものは何か。そして、その先には何かヒントがあるのだろうか。

手がかりのひとつは、アメリカの現地聴衆の反応です。個人の自由が侵害されないようにするためにはどうしたらいいか、という発言には歓声が上がりました。

企業が私たちのデータを盗むのを止めよう:喝采。
立法者を教育してブロックチェーンに親しみを持たせよう:喝采。
政府が国民を欺くことを止め、選挙を公正で透明なものにする:大喝采。

ロマン・ペラン(IOGテクノロジー・チーフ) 国境を越えられるテクノロジーが必要だが、レガシーシステムではその橋を架けるのに非常に時間がかかる – Romain Pellerin

ペラン氏は、まず導入について、ブロックチェーン技術はニーズに応えて生まれたものだと指摘しました。そのため、今後も導入と実用性は密接に結びついていくと考えられます。ブロックチェーンは、思いつきで登場したわけではありません。私は、これはその時代の技術だと思います。

「グローバル化した世界では、国境を越えられる技術が必要ですが、レガシーシステムではそのような橋を架けるのに非常に時間がかかります」。彼はその後、ブロックチェーンは、チェーン間だけでなく、必要な場所で相互運用性をプログラムするための『システム』であると示唆しました。

ペラン氏がアダプション(サービスなどを「定着させる」)とユーティリティ(「役に立つもの」「有用性」「効用」「公益」など)は相互に対処しあうと示唆する一方で、フラジスカトス氏は注意を促しました。大企業や政府機関が新規導入者の波に乗ってくることを考えると、特に注意が必要だと彼は言う。私が望むのは、草の根的な存在であり続けること。つまり、まず個人が力を発揮し、その上に中小企業が乗っかるという形です。そして、企業や政府は、私の個人的な見解では、最後に来るものだと思います」と述べ、セッションの最初の大きな拍手を呼びました。

ジェリー・フラジスカトス、IOHKコマーシャル・チーフ ブロックチェーンの導入は、草の根的なものであり続け、まず個人が力を発揮することが私の希望です– Jerry Fragiskatos

「結局のところ、経済が健全であれば、それは消費者ベースであり、『まず中小企業、そして最後に企業と政府』によって運営されていることが多いのです。私はこの状態を維持したいと思っています。」

拍手と歓声が沸き起こると同時に、ジェリー氏の発言によって、この夜初めて、大企業や、さらに大きな政府の亡霊が登場した。このテーマを受けて、ロング氏は、ほとんどの銀行の技術が「驚くほど」後進的であることを語りました。大企業は本当に物事を複雑にします。

「彼らは “Kiss “の原則である “Keep it simple, stupid “では動きません。ブロックチェーンの開発者の多くは、共通のオープンなオープンバックエンドのプラットフォーム上で動作しているため、そうだと思います。そして、その全体的な考え方は、誰もがネットワークに参加できるようにすることです。」

Caitlin Long, chief of Avanti Bank これはガンジーの古典的なフレーズです。まず無視され、次に笑われ、そしてあなたが勝つ – Caitlin Long

ロング氏はすぐに、ワイオミング州のコミュニティがブロックチェーン関連の法律の策定に成功したことを示唆して、地元の聴衆から喝采を浴びました。残念なことに、この躍進は(中央集権的な)権力者たちにほとんど無視されていました。「ガンジーの古典的なフレーズですね。まず彼らがあなたを無視し、次に彼らがあなたを笑い、そしてあなたが勝つ。正しい引用ではありませんが、そういうことです。」

さらに彼女は、ウォール・ストリート・ジャーナルがその日のオンライン記事の中でステーブルコインについてワイオミングに言及しなかったことについて、カルダノコミュニティに責任を取らせるよう呼びかけました。「ところで、皆さんがソーシャルメディアでこのことを吹聴してくれるとありがたいのですが、彼らは私たちを無視するのが好きですからね。」

ネット上での呼びかけとはいえ、この呼びかけには大きな歓声が上がりました。

帽子をかぶったグレガード氏は、この騒動のテーマを便乗するかのように見えました。しかし、社会変革の代理人としての彼の時間はまだ到来していなかったようです。ここでは代わりに、ゲーマーのような「生まれながらのデジタル」を採用した第一波と、大規模で古い産業の違いについて、説得力のある指摘をしました。「ブロックチェーンに対応したものが毎回勝つのです」と彼は言います。

グレガード氏は、SAPとOracleの金融システムを例に挙げて、次の導入の波は、(変化できない、変化しない)超大企業や(変化する必要のない)超小企業ではなく、中間層からやってくるだろうと述べています。「銀行業務の一部、(企業は)エンタープライズプロセスの中間に位置することになるでしょう。それが私の考えです。」

「そうかもしれない……そうじゃないかもしれない」というのがホスキンソン氏の答えだった。どんなに綿密な計画を立てても、次の波がどこからやってくるかはわからないという。人々が実際に求めているものが間違っていると証明されることもあります。例えば、YouTubeで自分が行っている「Ask Me Anything」セッションよりも猫のビデオの方が好まれているように。「大事なのは、その未来がどのようなものであっても、その中で競争力を発揮できるような柔軟性と適応性を持つことなのです」。

そして、今度は彼が質問を投げかけた。「これまで不可能だった消費者の体験を可能にするものは何か」と。その好例が、スマートフォンがGPSに革命を起こしたときです。ある日、あなたはMapQuestから地図をプリントアウトしなければなりませんでしたが、次の日には、あなたの手の中ですべてがライブで行われるようになりました。iPhoneとGoogle Mapsの組み合わせは、誰もが簡単に注目する猫の動画に対するテクノロジーの答えとなったのです。

そこで、ホスキンソン氏は、「完璧なトップダウンの計画」というものを誇張して考えないようにと、最初に警告を発しました。ロブ氏は、サミットでの大勝利は大企業や政府とのものだったと茶化して指摘した。これは矛盾しているだろうか?

いや、フラジスカトス氏は言った。重要なのは、常に人や個人を相手にしているということです。 企業も政府も、最終的には消費者にサービスを提供しているのですから。だから、まったく矛盾していないと思いますよ。私が言いたいのは、権力は個人にあるべきだということです。企業にもその役割はありますが、それは正しい文脈でなければなりません。そして、それはボトムアップでなければなりません。「これが私たちの業界の理念であり、健全な社会を作るものだと思います。私たちの業界は、民主主義を健全に保つための役割を担っているのです」。

うーん、これは素晴らしい指摘で、私は本当に考えさせられましたし、おそらく聴衆も同じでしょう。なぜなら、これは単なるガバナンスではなく、ガバナンスの二乗だからです。ブロックチェーンの内部的なガバナンスが、より広範な社会のガバナンス、つまり政府に影響を与えているのです。

ペラン氏はそれに飛びついた。「下と上……それがよくわからないんです。いつも人間のことを考えているのですから」と。続いて、ユーザーの不便さを指摘すると、会場は沸き立った。これは、技術的な “サイロ “の間の “摩擦 “が原因だとペラン氏は言う。「FacebookからInstagramやWhatsAppにコンテンツを移そうとすると、大変な手間がかかりますし、できないこともよくあります。手作業でやらなければならないのです。そうでしょう」。

ペラン氏は、ネットワークは最終的にはただの人間であるにもかかわらず、私たちはお互いに切り離され、「サイロの中で迷子になっている」と述べ、必要なのは「企業間の摩擦のない体験」であると指摘しました。

テルプナー氏は、ロング氏が自分の出身地であるワイオミング州の銀行について語ったことを受けて、このテーマを規制全般に広げていきました。「ワイオミング州が行っていることで重要なのは、規制がないと言っているのではなく、適切な種類の規制があると言っていることです」と述べました。

ジョエル テルプナー, IOHK head of legal ワイオミング州の取り組みで重要なのは、彼らは規制がないと言っているのではなく、正しい種類の規制を言っているということです – Joel Telpner

規制当局は、破壊的な技術に追いつこうとしています。「既存の規制制度をどのように変更し、新しい技術を促進するために必要なことを行うかを理解するよりも、単に『いいえ』と言う方が簡単な場合があります」と述べています。

テルプナー氏は、基本的には、「消費者を保護し、詐欺を防止する」という重要な点については誰もが同意していると述べています。先進国の規制当局のほとんどが、ブロックチェーンがこれらのことを行うためのより良い方法であることをまだ理解していなかったとしても、他の国の規制当局はその機会を見出すことができたのです。小規模な国では、煩雑なレガシーシステムが存在しないため、比較的自由な発想が可能でした。小国でブロックチェーンが実現したイノベーションの中には、先進国に輸入する価値のあるものもあります。

その一例がファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)であり、もう一つがIDの問題でした。ペラン氏は、ブロックチェーンシステムへの論理的な「入口」は常にIDであり、「選択的な開示」は運が良ければ後からついてくるものだと指摘しました。ここでも、ロング氏は次のような重要な違いを示すことで、聴衆の心を再び掴みました。「しかし、アイデンティティとは何でしょうか?それはあなたの存在の本質であり、自然法則に支配されています。それは、IDや紙切れなど、自分が何者であるかを示すものとは関係がありません。それはあなたが誰であるかということです。それが重要なのです」。

拍手が静まると、彼女はこう付け加えました。「なぜなら、今、アメリカには、自分が何者であるかを証明する書類を持っていない人が1,500万人もいるからです、これが銀行口座を持たない人たちです」。

これに関しては、企業の方が政府よりも優れた動きをしている、と彼女は言います。しかし、IDを銀行に提出することの問題点とは、情報を他の機関と共有できてしまうことであり、「通常動いているデータは休んでいるデータよりも安全性が低い」こと、特にこれが暗号化されてない場合に危険性が高まることです。 

ここでホスキンソン氏が口を開きました。ガバナンスの討論がやや政治に傾きつつあったのでしょうか。「ちょっと一言、悪いね。IOはワクチンパスポートとか構築してないからね。これだけは言っておかないと」。ここで、おそらくこの夜最大の歓声が沸きましたが、ここから、アイデンティティの概念について非常に深刻な点を指摘するコメントが続きました。

「現実には、アイデンティティは単一のものではありません。一人の人間がいますが、その人間はさまざまなアイデンティティを持っています。ネット上のアイデンティティー、仕事上のアイデンティティー、家族のアイデンティティー、宗教上のアイデンティティー、義理の両親に会いに行くときのアイデンティティーなどです」

このようなさまざまなアイデンティティをコントロールできるようにすることが、DID(分散型識別子)の「魔法」だとホスキンソン氏は言います。アイデンティティで重要なのは評判であり、それは常に文脈と結びついています。「彼らを雇いたいと思うか?放課後の子供の世話をしてもらいたいかどうか。」

現在では、社会を支配する者が人々のアイデンティティを支配しています。「しかし、評価を移動させるための連結組織としての中央当局や機関はもはや必要ありません」。

レガシーの大手ハイテクグループは、「それぞれが独自の方法でアイデンティティシステムを構築し、それを消費者向け製品に組み込んでいます。そして、Google IDやGoogle authenticator、Apple Payなど、気の利いた小さな名前を付けています」。

ホスキンソン氏は、一定の時間枠の中で繰り広げられる、アイデンティティをめぐる戦いを描いています。そして、「それに勝った者は、自分の人生を歩む上で大きな影響を与えることになるでしょう」。自分のアイデンティティをコントロールし、主権を持つことは、21世紀の大きな課題の1つです。それは基本的なことであり、…. この業界が生き残るためには勝たなければなりません。」

テルプナー氏は、ブロックチェーンが個人データを取り戻すためのツールを提供してくれるとはいえ、銀行に『これは我々のものだ。これはあなたのものではありません』。歓声が沸き起こったが、会場は静まり返っていた。おそらく、彼らは考えていたのだろう。

フラジスカトスは、IDの議論に聴衆を巻き込む方法を知っていました。「ビジネスと個人的なものがあると思います。これ(ID)はとても個人的なものです。私は自分のアカウントが侵害されることにうんざりしています。前回チェックしたときは、私のすべてのアカウントが危険にさらされていました。そして、私のデータからお金を稼いでいる企業があります。自分が無力だと感じるのは、『ああ、そういうものなんだな』と思うからです。そうでしょう?それが私たちが慣れ親しんだ感覚です。私は、(ブロックチェーンは)より優れたシステムだと思います。そして、最終的にはどこでも採用されるでしょう。」

観客はこれを気に入ってくれました。さらにグレガード氏は、この質問を、国家の行き過ぎを是正するためのブロックチェーンの大きな野望に結びつけました。「私は、この戦争に負けると思っています」と、強い信念を持って語りました。『戦争』という言葉は、データの漏洩に対するジェリー氏の不満だけでなく、ホスキンソン氏の「アイデンティティの管理をめぐる戦争」という発言にも言及していることがわかりました。

カルダノ財団のボス、フレデリック・グレガード もし私たちが意味のある参加を示すことができなければ……そして人々に本当に自分の意見を示してもらうことができなければ、私たちはそのこと(国家の行き過ぎた行為に対する戦い)に勝つことはできないでしょう– Frederik Gregaard

「政府を変えることができなければ、投票できない投票システムで有意義な参加を示し、人々に本当に自分の意見を示してもらうことができなければ、私たちはそれに勝つことはできません。そのためには、企業や銀行が収集しているものよりも信頼性の高いアイデンティティを、ブロックチェーン上に構築できることを証明するしかありません……。もしそれができなければ、戦う前から負けていることになります」。

次の質問は、ホスキンソン氏自身が発したものだ。「次の大きなものは何ですか」。それは、彼の左隣に座るグレガード氏に向けられたもののようだった。

グレガード氏は、チェーンに限らず、既存のシステムの相互運用性を高めて、暗号を不換通貨にすることを容易にすることなどだと述べました。

テルプナー氏にとっては、次の大きな課題は「ガバナンス」であることは明らかでした。確かにそれは、ほとんどすべての議論で頭をもたげてくるテーマでした。フラジスカトス氏は、次の大きな出来事を知る必要はないとしながらも、それが「ソーシャルメディアの変革」であることに賭けていました。

最後に、ホスキンソン氏が一人でステージに上がり、ブロックチェ会話をまとめるにあたり、第一原理に立ち返って話をしました。ブロックチェーン業界には「誠実さのギャップ」がある、と彼は言います。たくさんの「小切手を書いている」けれども、まだ現金化されていない。始めたものを終わらせることに集中するべきである」と。 

「これは私たちの最大の失敗のひとつです。このアプリケーションを使いなさい、こんなことをしなさいと言っても、それが爆発して、何千万、何億、何十億というお金が失われてしまうのです。しかし、なぜか改善されることはなく、悪化する一方なのです」

これはガバナンスの問題ではないでしょうか?しかし、そうだとしても、それを解決するには、より多くの導入が必要です。

ホスキンソン氏は、約束事にまつわるモラルハザードの悪化に対処するには、より高い基準、より優れた認証、監査、そして厳格なコーディングの実践が必要だと述べています。そのために、ホスキンソン氏は正式なプログラム検証の専門家と協力しています。電車や飛行機、車を作るときに、その車が動くかどうかを確認するために呼ばれるような人たちです。

チャールズ・ホスキンソン(IOG最高経営責任者 何とかして、カルダノのための政府を一緒に作らなければならない、機能する政府を。– Charles Hoskinson

「学術界で生まれ、産業界で鍛えられた素晴らしいイノベーションを、どうやってまとめて、アジャイル開発チーム(100万ドルの予算で研究室に住んでいる博士たちではなく、起業家、2人、3人が一緒に働く)にスケールダウンする方法で、私たちの産業に適用することができるでしょうか?」

「その答えは、ユーティリティー、ガバナンス、インパクト、アドプションという4つのテーマをすべて集約したようなものでした。認証とオープンなアプリストアの間には、美しい同型性があることがわかりました」と、ホスキンソン氏は目を輝かせて語った。

このようなアプリストアは、これまでの「消費者に押し付けられたキュレーションモデル」とは一線を画しており、アプリがストアにあれば誰かがチェックしてくれていると期待するしかなく、時には「パパ・アップルやグーグル、マイクロソフトと競合するかもしれないから、アプリストアに載せるべきではない」と判断されることもあるという。

「うーん、これはガバナンスの問題だったのでしょうか?いや、ちょっと待ってください。ユーティリティ?よし、全部だな。」

「いつでも開いていて、誰でも来れて、誰でも作れるような店を作ったらどうだろう?ブロックチェーンにトランザクションを送信するだけで、それが実現します。しかし、認証機能があるため、それが視覚化されて表示され、消費者にどのように映るかが異なります。自分が持っているものが高品質で、詐欺ではなく、安全であることを証明するための作業が多ければ多いほど、良い印象を与えます。労力が少なければ少ないほど、悪い印象を与えます。かなりシンプルなコンセプトですよね?」

「オープン性を維持しつつ、アプリ開発者には、これからダウンロードし、使用し、アイデンティティやお金、プライバシーを信頼する人々に対して、自分たちが宿題をこなし、正しく実行したことを証明する責任を負わせるのです」。カルダノがユーティリティートラックで多くの素晴らしいパートナーと一緒にやっていることは、あなたにそれを提供することです」

これはユーティリティトラックの一部だったかもしれませんが、よくあることですが、他のトラックであるアドプション、インパクト、そして特にガバナンスが覗いているようでした。ここで、ホスキンソンが(ほぼ)最後の言葉を発しました。「ああ、ガバナンスね。これは、すべての中で最も難しいものです。坊や! なぜか?なぜなら、我々には機能する政府があるからだ!」

続いて、この夜最大の非歓声が上がった。耳をつんざくような静かなアンチ・チアーだ。

「その通りだ」とホスキンスン氏は続けました。「ここ数年で行った52の国でわかったことはね。不満の第1位は 私の政府は機能していない。スイス人も、ロシア人も、中国人も、日本人も、アメリカ人も、みんなそう言っているんだ。誰も自分の政府に満足していないのです。だから、どうにかして、どうにかして、一緒にカルダノのための政府を作らなければならないのです。がんばってください。そして、あなたは知っていますか?私たちはそれを成し遂げるつもりです」。

カルダノサミット2021のウェブサイトやIOHKのツイッターで、すべての発表をキャッチしてください。

取材:Dominic Swords

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。