ニュース, ブログ, ...

カルダノは、Defiに上陸することを目指しています。:カルダノ関連記事翻訳と要約

カルダノのDeFiにおける今後の取り組みに関して、素晴らしい記事がありましたので、下記のブログ記事(英語):カルダノはDeFiに上陸することを目指しています”を翻訳し、一部抜粋して要約しました。
⬇️
https://en.cryptonomist.ch/2020/11/02/cardano-ada-aims-to-land-in-defi/

以下一部要約

Goguenと呼ばれるプロトコルの次のバージョンで、カルダノはスマートコントラクトの完全なプラットフォームになり、先月行われたトランザクションにメタデータが追加されたおかげで、DeFiなどの複雑な操作にも使用できるようになります。 メタデータを使用すると、オプションでトランザクションにコンテキストを追加し、送信者または受信者の詳細、条件、処理時間などの追加情報を記録できます。

本質的に、これらはトランザクションのコンテキスト、コンテンツ、構造を説明するのに役立ち、必須データと同様に、ブロックチェーン上に事実上不変の方法で記録されます。

現在、オンチェーントランザクションにメタデータを追加することは一般的な方法であり、複雑なトランザクションの管理にも使用されるイーサリアムなどのプラットフォームで特に役立ちます。

さらに、Cardanoブロックチェーン上のトランザクションの最大サイズは現在約16 KBであり、基本データ(UTXO、入力および出力)は数十バイトしか占有しないため、ほとんどのスペースはメタデータに使用できます。

Cardanoでのメタデータの実装は、Atala Prism、Atala Trace、AtalaScanなどのAtala製品スイートを通じて利用できるようになります。 Atala Prismは、人々が個人データを所有できるようにする分散型IDシステムです。

メタデータを使用すると、Cardanoブロックチェーン上のDIDおよびDIDドキュメントを認証およびアーカイブできるようになります。 AtalaTraceとAtalaScanはまだ開発中であり、サプライチェーンプロセスの透明性を向上させ、製品の起源と検証可能性を確立します。

参考:Cardano (ADA) aims to land in DeFi
ブログ記事(英語):カルダノはDeFiに上陸することを目指しています”
⬇️
https://en.cryptonomist.ch/2020/11/02/cardano-ada-aims-to-land-in-defi/

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。