ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

更新:SundaeSwap ISO報酬の請求方法について

DripDropz.ioにて3月1日よりSundaeSwap ISOリワードの請求が可能になりました。

ただし、DripDropzの手数料を支払いたくない場合は、SundaeSwapが今後数ヶ月の間に報酬を請求するサービスを構築する予定です。

報酬を請求できる期間は1年間ですので、DripDropzのサービス料を支払うことなく、余裕を持って請求することができます。

以下に請求方法などの情報をまとめていますので、ご確認ください。

また、今回のSundae ISOリワード・ドロップは、カルダノ・ブロックチェーン史上最大となるために、混乱もされるため、Drip Dropzがその注意点について記事を投稿していますので、こちらの記事もお読みください。

3月2日(日本時間)DripDropzによるISOリワードの請求が開始されました。ダイダロスを使って請求しSUNDAEトークンを受け取りが確認できましたので、下記の記事でその方法を画面で解説していますので、ご参照ください。

以下はSundaeSwap Labsに掲載された記事「ISO Rewards Claiming Date & Information via DripDropz!」を翻訳したものです。

DripDropzによるISOリワードの請求日&情報です

DripDropz.ioにて3月1日よりISOリワードの請求が可能になりました!

ISOリワードは、DripDropz.ioで請求することができます。DripDropz.ioでは、3月1日からISOリワードの受け取りが可能になります!

以下に、SUNDAEリワードを受け取るために覚えておくべき最も重要な情報をまとめましたので、ぜひご覧ください。

DripDropzとは?

DripDropzは、Cardanoコミュニティで評判の高いステークプールオペレーター(SPOs)によって構築されたトークン配布用蛇口です。様々なトークン報酬の対象となるユーザーは、ウェブサイトを訪問し、ウォレットのレシーブまたはステークアドレスを入力すると、どのトークン報酬の対象となるかを確認することが可能です。シンプルでわかりやすい方法で、すべてのトークン報酬を請求することができます。

DripDropzはどのように利用するのですか?

DripDropzを使ってISOからSUNDAEの報酬を請求するには、以下の5つのステップを踏むだけで簡単にできます。

  1. DripDropzのサイトへ行き、Drip itタブをクリックします。
  2. 検索バーにウォレットの受取/送金先アドレスを貼り付け、「Check My Dropz」ボタンをクリックします。
  3. DripDropzはブロックチェーンに問い合わせ、あなたのウォレットのADAの量とステークされているプールに基づき、あなたのウォレットが受け取る資格のあるすべてのトークンを表示します。
  4. チェックボックスを選択して、SUNADEトークンを選択してください。
  5. [Claim My Dropz]をクリックします。アプリには、トークンとともにあなたに返却されるminUTXOとともに、引き出しを完了するためのADAコストが表示されます。以下のコスト内訳をご覧ください。

DripDropzの手数料を支払いたくない場合は、SundaeSwapが今後数ヶ月の間に報酬を請求するサービスを構築する予定です。報酬を請求できる期間は1年間ですので、DripDropzのサービス料を支払うことなく、余裕を持って請求することができます。

DripDropzの手数料

  • ISOの報酬を請求する際には、3ADAの支払いを要求されます。
  • 約1.3₳DAが還元されます(minUTXOに充当されます)。

残りの1.7 ₳DAは、Cardano取引手数料+Phyrhose処理手数料+DripDropzサービス料に使用されます。

*リバースISOの請求の方は、今回は含まれず請求は今年後半になりそうです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。