ニュース, ブログ, ...

The Crypto Mile:ブロックチェーン技術はWeb3の先駆けとなり得るか?

The Crypto Mileの第3話では、カルダノのチャールズホスキンソン氏とジョン・オコナー氏、バーバラ・リー下院議員(カリフォルニア州選出)のコミュニケーションディレクターCleve Mesidor氏を交えて、Web3の基盤となるブロックチェーン技術がどのように社会、経済、政府の構造を破壊しうるかについて深く議論しています。

以下はYahoo Financeに掲載された記事「The Crypto Mile: How blockchain technology could usher in Web3」を翻訳したものです。

The Crypto Mile:ブロックチェーン技術はWeb3の先駆けとなり得るか? by Yahoo Finance

by Brian McGleenon 2022年7月15日

ブロックチェーン技術は、政府、金融、グローバルロジスティクスのレガシーシステムを破壊する可能性のあるパブリックブロックチェーンに基づく将来の分散型インターネット、web3の基盤として説明されています。

The Crypto Mileの第3話では、この技術がどのように社会、経済、政府の構造を破壊しうるかについて深く議論し、そのユースケースを推進するパイオニアに注目しています。

ブロックチェーンは、中央集権的な権威の腐敗と「仲介者」の非効率性を自動化することを約束しています。

しかし、ブロックチェーンを導く暗号化されたプロトコルが、悪質な行為者によってコントロールされるようになったらどうでしょうか?

今週の番組では、この急成長中の業界における世界の主要な専門家やアナリストに話を聞きました。

The Crypto Mileに入り、ブロックチェーン技術が壊れた社会に対する万能薬なのか、それとも誇大広告に過ぎないのか、考えてみてください。

カルダノADA暗号通貨ブロックチェーンプラットフォーム

カルダノの創設者チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、ブロックチェーン技術により、政府サービスがデジタル化され、ブロックチェーン上に展開されるようになると述べています。

ブロックチェーンは透明性が高く、誰もが公にアクセスできる。カルダノ(ADA-USD)のチャールズ・ホスキンソン氏の言葉を借りれば、政府サービスのデジタル化とブロックチェーン上での展開を可能にし、「根本的に透明」な新しいガバナンスのあり方を形成するものです。

健康、税金、法律、土地、知的財産のシステムが分散型ブロックチェーン上に展開される「デジタル政府」という新しい用語が登場したのです。

The Crypto Mileのエピソード3で、カルダノの創設者は、ブロックチェーンは「摩擦を減らし、不正を減らし、無駄と乱用を減らし、より透明性を与え、最終的には権力の統合を減らすだろう」と付け加えました。

ホスキンソン氏は、ブロックチェーンによって「政府の税収がすべてオープンソースになり、誰もがそれを見て、お金がどこに行っているかを正確に知ることができる」可能性を照明しました。

これは、ブロックチェーンの公共的な透明性によるもので、「社会で最も貧しく弱い立場にある人が、米国の大統領と同等のアクセスをすることができ、人類の歴史上、そのような時代は一度もありませんでした」とホスキンソン氏は言います。

ブロックチェーンは、民主主義や企業の意思決定における票の確保、科学研究の効率化、サプライチェーン上の製品の完全なトレーサビリティを可能にし、モノのインターネットを実現することを約束するものです。

ホスキンソン氏は、ブロックチェーン技術の分散化の特性が、「重要な物や資源を完全にコントロールする一人の行為者」の支配から解放されたグローバル社会で生活するチャンスを人類に提供できると考えています。

暗号通貨やブロックチェーン技術のポイントは、「公共財であるべき資源を、消化可能であれば、完全にオープンな状況にして、その上にビジネスを構築することです」と述べ、次のように付け加えました。

しかし、基盤となるインフラは、もはや小さなグループの管理下にはないのです。中央集権化すると、基本的に一人の人間がそのルールを決めることになります。

多くの場合、これは反競争的で反消費者になり、人々を傷つけ、多くの市場の失敗にさらすことになります。

バーバラ・リー下院議員(カリフォルニア州選出)のコミュニケーションディレクターCleve Mesidor氏は、ブロックチェーン上に展開された暗号通貨の力は、銀行口座を持たない人々を銀行化し、「銀行がうまくサービスを提供できなかった、従来の金融から締め出された人々」を支援する能力であると述べました。

The Crypto Mileは、オバマ政権の大統領任命者であり、ブロックチェーン財団のエグゼクティブディレクターであるCleve Mesidor氏の話も聞きました。

Mesidor氏は、ブロックチェーン技術の進歩の多くは、黒人やラテン系のコミュニティから生まれたものであり、「どの個人からも暗号の魅力はお金との関係に基づいている」ためだと説明しました。

彼女は、ブロックチェーン上に展開された暗号通貨の力は、銀行口座を持たない人々を銀行化し、「銀行がうまくサービスを提供できなかった、従来の金融から締め出された人々」を支援する能力であると述べました。

彼女は、米国大統領ジョー・バイデンが最近発表した暗号通貨に関する大統領令について、「技術の善し悪しを訴訟するのではなく、イノベーションと競争力というレンズから暗号通貨を見た」ため、暗号のエコシステムに希望が持てるものだと述べました。

カルダノの開発会社であるIOグローバルのアフリカ事業責任者ジョン・オコナー氏は、ブロックチェーンプロトコルのカルダノが教育資格を「オンチェーン」して保護する技術は、すでにアフリカでテストされていると述べました。

カルダノの開発会社であるIO Globalのアフリカ事業責任者であるジョン・オコナー氏は、ブロックチェーンプロトコルのカルダノによって「オンチェーン」と教育資格の確保を目的とした技術がすでにアフリカで試されているとThe Crypto Mileに語りました。

オコナー氏は、ブロックチェーン上の財産所有権により、「財産の所有権を記録しているが、政府部門に従わない台帳」が可能になると述べました。

また、ブロックチェーン技術が長期的により安全性を高めることができる分野として、教育が挙げられます。

エチオピアでは、カルダノが教育省との間でプロジェクトを進めています。オコナー氏は、暗号化プラットフォームが「500万人の学生にデジタル成績追跡を提供し、学生が通っていた学校や大学が応答できなくなった場合でも、自分の教育資格を証明できるようにする」ことを説明しました。

カルダノのブロックチェーンの最近のアップデートは「Vasil」アップグレードで、ネットワーク容量の増加をもたらし、より高速で効率的な分散型アプリケーションを可能にするために、現在プロトコルのテストネットに展開されています。

カルダノの最近のブロックチェーンアップデートは、ネットワーク容量の増加をもたらし、より高速で効率的なDApps(分散型アプリケーション)を可能にするために、現在プロトコルのテストネットに展開されている「Vasil」アップグレードでした。

またカルダノは、Vasilアップグレードにより、他のブロックチェーンとの相互運用性も向上すると主張しています。

このアップグレードは、2年前にスマートコントラクトを導入して以来、カルダノにとって最も重要なアップデートであると評価されています。

カルダノは現在、500万を超えるネイティブトークンがプラットフォームにデプロイされており、1,000を超えるプロジェクトがその上に構築されています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。