ニュース, ブログ, ...

カルダノ、Proof of Stake、次世代の決済技術

この記事は、gokhshteinmedia.comの記事「Cardano, Proof of Stake, and Next Gen Payment Technology」を翻訳及びコメントしたものです。

by ジム・ダッフィー

時折、新しい技術が登場し、私たち人間は少し混乱してしまいます。 例えば、40年前のATMやキャッシュラインの導入を思い出してみてください。もしあなたがその時代にいなかったら、ググってみるといいかもしれません。

この時代までは、銀行のビルに入り、列に並び、通帳を使い、人間を介して現金を受け取る必要がありました。 しかし、テクノロジーはそれをすべて変えてしまいました。今では至る所にATMがあり、私たちはより迅速かつ効率的に現金を手に入れることができるようになりました。

そう、40年前、金融技術に大きな変化が起きたのです。 そしてそれは今、プルーフオブステーク:Proof of Stake [POS]ブロックチェーン上でのステーキング 報酬の導入で再び起こっています。

しかし、その前に、なぜPOSが”new tech kid on the “block”(「ブロック」の新しい技術の子供)なのかを見ておく必要があります。 この特定のブロックチェーンの設定方法の結果として、ビットコインがより洗練された投資家や機関の間で大成功を収めていることは間違いありません。 12年前にサトシ・ナカモトによって設立されたビットコインは、21世紀の価値を蓄えるものとして、深刻な牽引力を得ています。

もちろん、ナカモト氏が匿名を選択しているため、ナカモト氏が本当に誰なのかはわかりません。 しかし、それはこのプルーフオブワーク:Proof of Work [POW]ブロックチェーンの繁栄を止めてはいない。

なぜPOSがより良いモデルになる可能性があるのかを理解するためには、まずPOWを理解する必要があります。 私と一緒にいてください、私はこれを簡単に理解できるようにすることを約束します。

私たちが知っているようにお金は定期的に手を変えます。 タコベル(*タコベルは、カリフォルニア州アーバイン市に本社を置くアメリカ合衆国の大手ファーストフードチェーン)に行って、ランチを注文して、デビットカードかクレジットカードで支払う。 カードを機械にかざすだけで支払いが完了する。しかし、それは私がタコスベルに支払っているように見えるが – それは厳密には真実ではありません。

私がカードを提示してから数秒のうちに、銀行はお互いにデジタルでやり取りをしていて、VisaやMastercardが介入してスムーズに進んでいる。 要するに、銀行は私の身元を確認し、当座預金口座に十分な現金があることを確認した上で、食事の支払いを「許可」しているのだ。 基本的には、私がタコベルにお金を払うのを邪魔する中間者が一人や二人いるということだ。だから、私もタコベルも、これらの中間者を信用しなければならない。

しかし、ビットコインとそのPOWプロトコルはそうではありません。

ビットコインとPOWは、信頼のないシステム上で動作します。 私が昼食を買うことに同意や許可を与える第三者[銀行]はいません。そして、取引全体はビットコインのブロックチェーン上の採掘者によってブロックに組み込まれています。

これが意味するのは、非常に高価でパワーのあるコンピューターを動かす採掘者が、私のタコスの購入を容易にするタフな数学的計算を処理する[マイニング]と同時に、その取引をビットコインのブロックチェーンに永遠に記録するということだ。

要約すると、POWマイニングは複雑な数学コードを使って私の購入の正当性を確認すると同時に、彼らのために新しいビットコインを発行することで、彼らの努力に報いる。 これにより、彼らの電気代や事業費の支払いが可能になると同時に、ビットコインを与え、彼らの富を増やすことができます。 銀行員もいないし、莫大な手数料もかからないし、中間業者もいない。

しかし、POWは運営に時間がかかり、コストもかかります。そのため、このような高額な運用を立ち上げることができるのは、ごく一部の採掘者だけです。言い換えれば、ビットコインの価格が上昇すればするほど、収益性が高くなるということだ。 しかし、他のテクノロジーと同じように、常にイノベーションがあります。

Proof of Stake [POS]の登場です。 この新しい「マイニング」の方法論は、それを設定するために多額の現金を必要としません。 本質的には、「ママアンドポップ」(*「おかあちゃんとおとうちゃん」経営する店)スタイルのスタートアップがマイニングに関与することを可能にしますが、スタートアップコストの何分の一かで、継続コストやランニングコストを大幅に削減することができます。

POSでは、採掘者の代わりにバリデーター、またはカルダノの場合はステーク・プール・オペレーターがいます。 これらのオペレーターは、ホームコンピュータのスタックを使用して、一定量のステーク(この場合はADA)、つまりカルダノの通貨をロックアップ(*注意:カルダノではステーキング中でもいつでも引き出し移動が可能です。します。 そして、ミントされると思われるブロックに賭け、彼らが使用する技術とスロットの「運」の間で、賭け金の大きさに比例してブロック報酬を作成するチャンスを得るのです。

これは夢のように機能し、驚異的に分散化され、安全性が高く、一般のJoe’sやJane’s(*一般の人の意味)がカルダノのようなものを一から作り上げることに参加する機会を与えてくれます。

現在、Cardanoが提供するPOSシステムには約1,300のステークプール運営者がおり、それぞれが代表者を引き付けるために競い合い、5日ごとにCardanoブロックチェーン上で新しいブロックを造幣しています。そして、一番の利点は? 彼らはマイニングの報酬を得るだけでなく、私たちも報酬を得ることができます。 そう、ADAを委任したり、ステーク・プール・オペレーターと一緒にステークすることで、ブロックチェーンの安全性を確保し、有効性を確認し、5日またはエポックごとに報酬を受け取ることができるのです。

なんてクールなんでしょうか?

電気代や運用コストの大幅な削減にもかかわらず、POSはカルダノ、ポルカドット、テゾスのコインホルダーに、システムをサポートするためにお金をもらうことで、自分がシステムの一部であると感じるチャンスを提供しています。そして、より多くのステークプールがブロックを鋳造し、成功すればするほど、ブロックチェーンはより安全で安定したものになります。

“win-win “と呼ぼう

私のタコスを買うためには、Cardanoのために新しい決済技術が構築[COTI]されている。これにより、タコスベルは将来、中間業者なしで、ミリ秒単位でADAをシームレスに受け入れることができるようになる。

皆さん – 40年前、ATMは画期的な技術でした。 今では、カルダノとPOSは何年も先を行っており、もうすぐお近くのタコベルにも登場します。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。