IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:カルダノの拡張UTXO会計モデル – マルチアセットとスマートコントラクトをサポートするために構築されました。

下記の記事はIOGブログ「Cardano’s Extended UTXO accounting model – built to support multi-assets and smart contracts」を翻訳したものです。

パート2:カルダノの拡張UTXO会計モデル – マルチアセットとスマートコントラクトをサポートするために構築(パート2)

カルダノの拡張UTXO会計モデル – マルチアセットとスマートコントラクトをサポートするために構築されました。

 March 11, 2021 by Fernando Sanchez

カルダノは革新的なExtended UTXO会計モデルを使用して、マルチアセットとスマートコントラクトをサポートしています。2部構成のブログの1回目では、異なるブロックチェーン会計システムと、なぜEUTXOが重要なのかを見ていきます

2021年3月11日 フェルナンド・サンチェス 5 mins read

カルダノのExtended UTXO会計モデルマルチアセットとスマートコントラクトをサポートするために構築されています。

ブロックチェーンネットワークは複雑なデータ構造です。トランザクションは継続的にチェーンを横断し、デジタルフットプリントを作成し、基礎となる台帳の整合性と信頼性を維持するために慎重な追跡と管理を必要とします。

ブロックチェーン空間には、2つの主要な会計台帳が存在します。1つはUTXOベースのブロックチェーン(ビットコインなど)、もう1つはアカウント/バランスチェーン(イーサリアムなど)です。

これらの暗号の大物はそれぞれ多くの基本的な点で異なっていますが、この記事ではその会計モデルに焦点を当てます。ビットコインはUTXO(Unspent Transaction Output)モデルを採用しており、イーサリアムはAccount/Balanceモデルを採用している。

カルダノは、ビットコインのUTXOモデルとイーサリアムのスマートコントラクトを扱える機能を組み合わせ、Extended UTXO(EUTXO)会計モデルを目指した。EUTXOの採用により、カルダノチェーンへのスマートコントラクトの導入が容易になりました。

ブロックチェーンの会計モデルとは?

すべての企業、会社、営利団体は、利益、損失、キャッシュフロー、およびその他のパラメータの正確な記録を維持するために貸借対照表を必要とします。これらのデータを慎重に会計処理することで、企業はどの時点でも自社の財務状況を一目で把握することができます。また、会計台帳にはもう一つの利点があります。それは、資金の出所や所有権を追跡できることです。

ブロックチェーンネットワークでも、誰がどのコインをどれだけ所有しているかを把握し、そのコインがどこに行くのか、どのコインが使い果たされ、どのコインが残っているのかを追跡するために、会計モデルが必要となります。

UTXOモデル v アカウント/バランス モデル。簡単な概要

数十年前、経理担当者は、手書きで記入された物理的な台帳を使用して、資金の移動に関する記録を残していた。現在では、企業は同じものの電子版を使用しています。ブロックチェーンでは、取引を記録として(台帳の記載と同様に)使用し、出所や所有権を追跡します。これらの取引には、多くの情報(コインがどこから来たのか、どこへ行くのか、そしてこれらの取引で残ったお釣り)が含まれています。

ここでは、UTXOモデルとアカウント/バランス モデルの概要を説明します。

UTXO

UTXOモデルでは、資産の移動は、ノードが取引、エッジが取引の出力である有向非環状グラフの形で記録され、取引が増えるごとにUTXOの一部が消費され、新しいものが追加される。ユーザーのウォレットは、ユーザーが所有するすべてのアドレスに関連する未使用の出力のリストを 記録し、ユーザーの残高を計算する。

UTXOは、多くの点で現金と似ている。良い例えはこれです。あなたの財布に50ドルあると想像してください。この金額は、20ドル札2枚と10ドル札1枚、10ドル札4枚と5ドル札2枚など、いくつかの組み合わせで構成することができます。しかし、どのような組み合わせであっても、金額(50ドル)は同じです。UTXOも同じように機能します。あなたのブロックチェーンウォレットにあるどのような残高(例えば150コイン)も、過去の取引に基づいて、さまざまなUTXOの組み合わせで構成されますが、残高の金額は変わりません。言い換えれば、あるウォレットアドレスに保持されている残高は、以前の取引で使われなかったUTXOの合計です。

UTXOモデルにおける「変化」の概念

お店での現金取引のように、UTXOには「おつり」があります。財布から50ドル札を取り出したとき、たとえば15ドルのものを買うために、その札を小さく切り離すことはできない。50ドル札を全部渡して、レジでお釣りをもらわなくてはならないのです。UTXOも同じように機能します。UTXOを小さく「分割」することはできません。UTXOは全体で使用され、お釣りはより小さなUTXOの形で財布のアドレスに戻されます。

UTXOモデルの利点

転送されるUTXOのサイズ、年齢、量をチェックして追跡することで、ブロックチェーンの使用状況やチェーンの財務活動に関する正確なメトリクスを抽出することができます。

UTXOモデルには他の利点もあります。例えば、より優れたスケーラビリティとプライバシーです。また、各UTXOは一度だけ、全体として消費することができるため、取引ロジックが簡素化され、取引の検証がよりシンプルになります。

UTXOを要約すると。

  • UTXOは、以前の取引の成果であり、将来的に使用することができる。
  • UTXOチェーンにはアカウントがない。代わりに、コインはUTXOのリストとして保存され、取引は、既存のUTXOを消費し、その代わりに新しいUTXOを生成することで行われる。
  • 残高は、特定のアドレスが管理するUTXOの合計である。
  • UTXOは、「おつり」を使うという点で現金に似ており、不可分である(UTXOは全体で使用される)。

アカウント/バランス モデル

名前が示すように、アカウント/バランス会計モデルを展開するブロックチェーンモデルは、コインの残高を保持するためにアカウント(秘密鍵またはスマートコントラクトによって制御可能)を使用します。このモデルでは、資産はユーザーのアカウント内の残高として表現され、残高はアカウントのグローバルな状態として保存され、各ノードが保持し、取引のたびに更新されます。

イーサリアムのようなアカウント/バランスチェーンは、多くの点で伝統的な銀行口座と似たような仕組みになっています。コインが入金されるとウォレットの残高が増え、コインが他の場所に送金されると残高が減ります。ここでの決定的な違いは、UTXOとは異なり、残高を部分的に使うことができるということです。例えば、自分の口座に100ETHがある場合、その一部(例えば30ETH)を誰かに送ることができます。その結果、残高は自分のアカウントに残っている70ETHとなり、コインを送った先のアドレスには30ETHが増えることになります。アカウント/バランスの会計モデルでは、UTXOの会計モデルのような変化の概念は適用されません。

Account/Balanceモデルをまとめると。

  • この会計モデルは、銀行の運営方法に似ています。
  • ユーザーは、自分のコインの残高を保持する口座を持つ
  • 残高の一部を使用することが可能である
  • 釣銭の概念はありません。

明日の分析の後編では、それぞれのモデルがどのように取引を処理するかを説明し、カルダノのためにEUTXOモデルを開発した理由を説明し、EUTXOとは何か、どのように機能するのかを詳しく説明する。

パート2:カルダノの拡張UTXO会計モデル – マルチアセットとスマートコントラクトをサポートするために構築(パート2)

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。