ニュース, ブログ, ...

実用性と差別化で、カルダノは「買い」だ

msn moneyの記事でカルダノADAを非常に強気に「買い」であり、理由としてカルダノのコインベースの上場を上げながら、カルダノの能力を信じるに足る正当な理由があることと、他の暗号のようなジョークではないと報じています。

また、カルダノのプルーフ・オブ・ステークとビットコインのプルーフ・オブ・ワークシステムとの比較において、カルダノは、”カルダノ POSでは、すべてのADAホルダーがコンセンサスを得るために参加できる。”とし、ビットコインは”強力な参加者がより高いハッシュレートを得ることができるため、議論の余地なく中央集権化が進む”と報じています。

さらにカルダノは”本当の実用性を持った具体的なものを作ろうとしている”と述べています。

下記の記事はmsn moneyの記事「With Utility and Differentiation, Cardano Is a Buy」を翻訳したものです。

実用性と差別化で、カルダノは「買い」だ

By Alex Sirois

カルダノ(CCC:ADA-USD)は今、絶対に興味をそそられる暗号通貨のプレイです。敢えて言えば、アルトコインの領域について最低限の知識を持つ投資家の多くは、ビットコイン(CCC:BTC-USD)とイーサリアム(CCC:ETH-USD)がそれぞれ時価総額で1位と2位のプレイヤーであると正確に答えられるだろう。私も含めて、ほとんどの人がそれ以上の名前を挙げるのは難しいのではないでしょうか。

カルダノは、時価総額でランキングされた暗号通貨の世界で5位に位置する急上昇の置き土産だ。実際、現在380億ドルの時価総額を誇っています。

率直に言って、カルダノにはそれ以外にも魅力的な点がたくさんあります。この暗号とその能力を信じるに足る正当な理由があります。他の暗号のようなジョークではありません。ポートフォリオに暗号のポジションを追加しようとしている投資家にとっては、確かに注目に値します。

カルダノ コインベースに追加

Coinbaseは、Coinbase Proに上場した数日後の3月19日にCoinbase上場を果たしました。このコインの支持者は、ADAコインがCoinbaseに上場することを長い間望んでいましたが、今回それが実現したことで、Coinbaseユーザーの間で小売取引が可能になりました。

この動きにより、カルダノは今後、より大きな支持を集めることができるでしょう。この偶然のニュースは、カルダノへの出資に興味がある人にとって重要です。また、それが何を意味するのかを理解することも重要だ。

Proof of Stake Vs. プルーフ・オブ・ワーク

カルダノのネイティブADAコインは、エコシステムの中で「ステーク」と呼ばれている。これはすべて、POS(Proof of Stake)の原則に基づいて動作します。

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of stake)とは、ブロックチェーン取引においてコンセンサスを得るための仕組みです。プルーフ・オブ・ステークとは、より多くのコインを保有する人がより大きな力を持つことを意味します。より多くのコインを所有している人や団体は、コインを採掘する能力が高く、当該コインのブロック取引を検証する力が強くなります。

カルダノはPOSをコンセンサスメカニズムとして使用しており、その生成方法においてビットコインとは根本的に異なる。

ビットコインは、分散したコンピューティングパワーを使ってアルゴリズムを解き、それによってコインを採掘します。カルダノのシステムでは、ブロックを採掘するのではなく、ランダムに選ばれたステークホルダーがブロックを生成する。ビットコインのようなプルーフ・オブ・ワークシステムでは、プルーフ・オブ・ワークによって強力な参加者がより高いハッシュレートを得ることができるため、議論の余地なく中央集権化が進みます。このようなシステムでは、ユーザーは自分のハッシュレートをより大きなプールに委任します。なぜなら、それらのプールはより簡単に勝つことができ、貢献者に報酬を与えることができるからです。

カルダノ POSでは、すべてのADAホルダーがコンセンサスを得るために参加できる。また、同社のADAコインはビットコインよりもスケーラブルであると主張している。

いずれにしても、プルーフ・オブ・ステークはエンゲージメントに報いるのに対し、プルーフ・オブ・ワークは生の生産能力に報いる。これは、ビットコインに対するカルダノの合理的な主張である。

カルダノ 用途

カルダノは、教育、小売、農業、政府、金融、ヘルスケアなど、さまざまな分野での使用例を提示しているため、すでに他の多くのアルトコインよりも優位に立っている。

一例として、カルダノは金融におけるオンボーディングとアイデンティティの検証を加速するために取り組んでいます。ブロックチェーンとADAを介した検証と認証は、その使用方法の一例です。

また、興味深い応用例として、サプライチェーンのトレーサビリティーがあります。カルダノはADAを使って、農場から食卓までのブロックチェーン認証とトレーサビリティを適用しようとしています。

全体的に見て、カルダノは暗号通貨の分野で非常に有望な参加者です。11月から1,000%以上上昇しています。多くの専門家が、暗号通貨としての見通しや、価格上昇の可能性について非常に期待しています。日々の取引だけでも十分にお金になります。しかし、それは現在の多くのアルトコインに言えることです。イーサリアムの共同創業者が設立した会社ですから、本当の実用性を持った具体的なものを作ろうとしています。カルダノはその点だけでも新鮮です。

公開日時点で、Alex Siroisは本記事で言及されている有価証券のポジションを(直接的にも間接的にも)持っていない。

Alex Siroisは、InvestorPlaceのフリーランスの寄稿者で、個人的な株式投資のスタイルは、長期的に買い持ちして、富を築くための銘柄を選ぶことに重点を置いています。 電子商取引から翻訳、教育まで様々な業界で働いた経験があり、ジョージ・ワシントン大学でMBAを取得したこともあり、多様なスキルを活かして執筆活動を行っています。”

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。