IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:Runtime VerificationとIELE – 相互運用性から普遍性へ

IOGはブログで、比類のないレベルのセキュリティ、スケーラビリティ、プログラマビリティをカルダノにもたらすKEVMとIELEについて解説しており、KEVM/IELEの実装は、カルダノの到達範囲と相互運用性を拡大し、「correct by construction」環境の文脈で、新しいアイデア、コンセプト、技術開発の探求につながる新たな協力の道筋を作ると述べています。

下記の記事はIOGブログの記事「Runtime Verification & IELE – from interoperability to universality」を翻訳したものです。

Runtime VerificationとIELE – 相互運用性から普遍性へ

KEVMとIELEは、比類のないレベルのセキュリティ、スケーラビリティ、プログラマビリティをカルダノにもたらします

by Alex Hamilton 2021年5月10日 4 mins read

スタートアップ企業Runtime Verification(RV)の社長兼CEOであるGrigore Rosu教授が、3月のCardano360ショーに参加し、RVとIOHKのコラボレーションについて意見交換を行いました。

グリゴアとRVとの仕事上の関係は2017年にさかのぼりますが、グリゴアの資格がそれを物語っています(どんな言語でも)。彼は、NASA、DARPA、Microsoftに勤務し、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で教鞭をとったことがありますが、これはいくつかの実績を挙げています。

グリゴアは、「失敗することが許されないソフトウェア」と評されるKフレームワークの開発にも貢献しています。15年の歳月をかけて開発されたこのフレームワークは、主にセキュリティの強化を目的としています。詳しくは後述しますが、その前に歴史を振り返ってみましょう。

スマートコントラクトに関しては、Ethereum Virtual Machine(EVM)が、Solidityで書かれたユビキタスなERC-20スマートコントラクトの作成など、多くの初期基準を設定しました。しかし、このシステムは完璧なものではありません。スマートコントラクトには既知のコーディング上の脆弱性があり、セキュリティ上の問題が発生しています。

IELE:比類のないセキュリティ、スケーラビリティ、プログラマビリティ

2020年後半から、カルダノの開発者は、Kフレームワークで規定されているEVMの実装であるK Ethereum Virtual Machine(KEVM)を介して、Solidity/Ethereumコミュニティとの橋渡しをしており、開発者はKが生成する形式検証ツールを使ってコントラクトの正しさをチェックすることができる。

IELEは、さらに一歩進んだものです。3月の「Cardano360」でRosu氏が語ったように、IELE(ルーマニア神話のフェアリーのような生き物にちなんで名付けられた)は、スマートコントラクトを実行する仮想マシンであり、ブロックチェーン開発者向けに人間が読める言語も提供している。IELEは、イーサリアムを対象としたSolidityスマートコントラクトの記述に特有のセキュリティと正しさの問題を解決するために、形式手法を念頭に置いて設計されており、より高いレベルのセキュリティ、スケーラビリティ、プログラマビリティへの道を容易にしています。

IELEは、LLVMコンパイラーの中間表現に似ています。これにより、LLVMコミュニティの豊富な知識、特にLLVM IR上に安全で効果的なコンパイラ最適化パスを記述する作業を利用することができます。LLVMコンパイラーの努力の多くは、IELEオプティマイザーにも反映されています。

LLVMについて

IELEが実装されると(Rosu氏によると、半年後くらいには初期のプルーフオブコンセプトがテストできるようになるとのこと)、開発の機会はさらに広がります。IELEは仮想マシンというよりもパスポートのようなもので、新しいユニークな才能の宝庫への扉を開くことになります。開発者の中には、ブロックチェーンの分野に参入することは、まったく新しいプログラミング言語を習得することになるため、一度は否定した人もいるかもしれません。しかし、RV社の革新的なアプローチにより、スマートコントラクトに携わりたい開発者は、Solidityをはじめとする使い慣れた言語でスマートコントラクトを書くことができます。出来上がった出力は、ソース言語に関係なく、IELEを搭載したブロックチェーン上で正常に動作します。

これはカルダノにとってどのような意味がありますか?

今回の成果は、開発者や企業にとって、イーサリアムから移行してカルダノブロックチェーンに参加するための新たな動機となるでしょう。開放性、包括性、相互運用性は、カルダノが構築された基盤です。私たちの哲学は、今も昔も、カルダノの着実な進化のために、あらゆるバックグラウンドの開発者を歓迎することです。Rosuは大胆な計画を持っています。IELEは、過去10年間の研究の集大成です。普遍的なフレームワークに望むことができる最大のものです。

最終的な考え

IOHKのRV社とのパートナーシップは、イノベーションへのコミットメントと、可能な限り幅広い開発コミュニティにカルダノを開放することを示しています。KEVM/IELEの実装は、「correct by construction」環境の文脈で、新しいアイデア、コンセプト、技術開発の探求につながる新たな協力の道筋を作ることで、カルダノの到達範囲と相互運用性を拡大するでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。