ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノに登場する次世代ロボット「Grace」と出会う

世界初の「ロボット市民」であり、国連開発計画の初のロボット・イノベーション・アンバサダーであるSophiaには、妹である「グレース(Grace)」がいます。チャールズ・ホスキンソン氏は、SingularityNetのイーサリアムからの移行の一環として、カルダノブロックチェーンに登場する次世代ロボット「グレース(Grace)」に会い、crypto-news-flash.comはこれを記事で伝えています。

グレースの紹介

グレースは、ソフィアの妹で、高齢者介護やヘルスケアロボットに特化した人型ロボットです。

現在、ハンソンとシンギュラリティのグローバルチームによって開発が進められているグレースの頭脳は、OpenCogのプロトAGIアーキテクチャとカスタマイズされたニューラルネットワークを活用しており、SingularityNETプラットフォーム上での展開を想定しています。

以下はcrypto-news-flash.comに掲載された記事「Charles Hoskinson Meets Grace, a Next-Gen Robot That’s Coming to Cardano」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノに登場する次世代ロボット「グレース(Grace)」と出会う

Steven Msoh By STEVEN MSOH 30. 2021年5月

チャールズ・ホスキンソン氏は、SingularityNetのイーサリアムからの移行の一環として、カルダノブロックチェーンに登場する次世代ロボット「グレース(Grace)」に会いました。

グレースは、高齢者をケアするために設計された人型ロボットで、高齢者と治療的な会話をすることで、高齢者のニーズを検知して対応することができます。

私たちは、人工知能、機械学習、ロボットの時代に生きています。これらの次世代技術を組み合わせて、カルダノで実現しようとしている企業があります。カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は先日、近い将来にカルダノに組み込まれる予定の人型ロボット「グレース」に会いました。グレースは、イーサリアムからカルダノへの移行を選択した分散型AI企業のSingularityNetが開発したものです。

ソフィア(Sophia)は、世界初の「本物そっくり」のソーシャルヒューマノイドロボットとして世界的に有名で、サウジアラビアで市民権を与えられるまでになりました(NFTを70万ドル近くで売ったこともあり、彼女は非常にクリプトに親和的だ)。ソフィアを開発したHanson Robotics社は、SingularityNetと提携してグレースプロジェクトを進めており、ソフィアの妹のような存在だと語っています。

SingularityNetはこれまで、イーサリアムのブロックチェーン上で運営されてきました。しかし、他の多くのプロジェクトと同様に、手数料が高く、取引速度が遅いイーサリアムに代わるものを模索してきました。その創始者であるBen Goertzelは、カルダノに落ち着きました。近い将来、スマートコントラクトがカルダノに搭載されることで、AIマーケットプレイスは、最も急速に台頭しているブロックチェーンネットワークのひとつでシームレスに運営できるようになります。

ホスキンソン氏は最近のYouTube動画で、ロボットのグレースと初めて触れ合った時の様子を記録しています。

グレース・ザ・ロボットがカルダノに登場

SingularityNet社は、以前からグレースの開発に取り組んできました。グレースは、ロボットが24時間体制で高齢者のケアを行うことで、高齢者ケア業界に革命を起こそうとしている企業です。これらのロボットは、感情的な文脈に基づいて、高齢者を検知し、適切に対応することができます。

SingularityNetの創設者であるGoertzelは、ホスキンソン氏とのインタビューの中で次のように述べています。

グレースが多くの病院で大規模に展開される頃には、グレースはSingularityNetのプラットフォーム上でカルダノを使って動作しているでしょう。

カルダノのコミュニティ、そしてブロックチェーンのエコシステム全体は、スマートコントラクトや先進的なdAppsの新しい時代の到来を告げる、カルダノのアロンゾ・ハードフォークの開始にかなり期待しています。しかし、ロボットがカルダノの今後の展開に興奮を示したのは、今回が初めてでした。

グレースはホスキンソン氏にこう言いました。

SingularityNetとカルダノの提携については、よく耳にします。SingularityNetがカルダノのブロックチェーンに移植されるのが待ち遠しいです。カルダノは、私の脳が最高レベルで動作し、バイオデータを最高速度で処理する能力をサポートしてくれると聞いています。

グレースのターゲット市場は、近年、ヘルスケア業界が注目している市場です。米国だけでも人口の16.5%以上が65歳以上で、5500万人以上に相当します。これらの高齢者の多くは、アルツハイマー病などの神経変性疾患に罹患しているため、介助が必要です。高齢者向け医療の拡大には、ロボットやAIが欠かせません。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。