ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

新しい電気自動車「Spiritus」は駐車中にDogecoinとBitcoinを採掘する

トロントを拠点とするパーソナル軽電気自動車のメーカーDaymak社は、駐車中にBitcoin、Dogecoinなどの暗号通貨を採掘するために作られた最初の車を発表しました。

この「Spiritus」はDogecoin(DOGE)、Ethereum(ETH)、Cardano(ADA)、Bitcoin(BTC)を含む多数の暗号通貨で事前注文の支払いを受け付けています。

以下はcryptoslate.comに掲載された記事「New electric car ‘Spiritus’ will mine Dogecoin and Bitcoin while parked」を翻訳したものです。

カナダの開発会社Daymakが、暗号の採掘用に設計された世界初の電気自動車を発表。

by ana grabundzija – june 2, 2021 at 11:00 pm utc – 2 min read

新しい電気自動車「Spiritus」は駐車中にDogecoinとBitcoinを採掘する

トロントを拠点とするパーソナル軽電気自動車のメーカーであるDaymak社は、昨日、駐車中にBitcoin、Dogecoinなどの暗号通貨を採掘するために作られた最初の車を発表しました。

同社は、Dogecoin(DOGE)、Ethereum(ETH)、Cardano(ADA)、Bitcoin(BTC)を含む多数の暗号通貨で事前注文の支払いを受け付けることで、月に一歩近づいたのです。

もう少し聖なるものにしましょう

2023年に発売予定の「Spiritus」という電気自動車のモデルには、包括的な暗号通貨のインフラが搭載され、信者に利益を約束します。

「ほとんどの自動車がガレージに置いてある間に減価償却されていくのに対し、Nebula MinerはSpiritusを駐車している間にお金を稼いでくれます」と同社は述べています。

最も独創的な暗号機能は、NebularマイニングハードウェアとNebular暗号ウォレットです。各車両には、「マイニングの価格対利益で業界をリードするGPU」と、ドライバー向けにステーク機能を提供するウォレットアプリが搭載され、ビットコイン、イーサリアム、Dogecoin、カルダノなどをサポートします。

“Spiritusのすべての車両は、ブロックチェーン上のノードになります。”とDaymak氏は述べ、ソーラー充電機能を備えた新モデルを祝福することで、明らかに対処しました。

ソーラー充電機能を備えたエミッションフリーのデイリードライバーとして、NebulaインフラはDaymakのSpiritus車両を環境に優しい暗号マイニングノードに変え、これはブロックチェーン技術の急速な進化における前例のないマイルストーンとなります。

暗号愛好家にとってさらに魅力的なものにするために、同社はDoge、Ethereum、Cardano、Bitcoinでの予約注文を受け付けており、一方で積極的に “さまざまな取引所と協力して、暗号によるリース支払いを提供する “としています。

月への最初のドライブではない

車に暗号マイニングハードウェアを搭載するアイデアを思いついたのは、このカナダのメーカーが初めてではありません。

半年前、暗号トレーダーであり、採掘者であり、ホドラーでもあるSimon Bryneは、「ゲーマーを困らせるために」と言いながら、6台のRTX 3080マイニングリグをBMW i8のハイブリッド車に搭載し、小遣い稼ぎをしていました。

ビットコインのエネルギー消費のドラマで大物が大活躍している間、一般の人たちはセットの舞台装置を作るのに忙しかったことがわかりました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。