カルダノ財団, ニュース, ...

ヘルスケアデータのブロックチェーン化

患者のデータと医療従事者のデータは、互いに通信できないサイロ化したデータベースに保存された複雑な関係性のネットワークによって分離されています。ブロックチェーンはこれをどのように改善できるでしょうか?

「ヘルスケアデータのブロックチェーン化」についてカルダノファウンデーションが記事にしています。

以下はカルダノファウンデーションのブログ記事「Healthcare data on the blockchain」を翻訳したものです。

ヘルスケアデータのブロックチェーン化

By カルダノファウンデーション 2021年6月3日

患者のデータと医療提供者のデータは、管轄、専門サービス、専門家、その他の提供者の関係が複雑に絡み合ったネットワークによって分離されています。しかも、これは世界的なパンデミックの前の話です。

COVID-19のパンデミックでは、医療システムのさらに大きな非効率性が明らかになりました。健康データは、組織的にサイロ化されたデータベースに保存されており、相互に通信することができず、個人やその他の関係者がアクセスできない状態になっています。具体的には、従来の医療システムでは、患者の健康記録をチャネル間で共有することができず、医療従事者の対応にも時間がかかります。

よりよく説明するために、以下のような例があります。

プライマリーケアの医師がある患者さんにアレルギー用の薬を処方した場合、そのデータはその医師のデータベースに保存されます。しかし、同じ患者さんが救急外来で手術を受ける必要が生じた場合、病院側は患者さんが服用している薬やアレルギー反応などの健康記録を知る必要があります。なぜなら、患者さんの健康記録はプライマリケアのデータベースに隔離されており、情報を共有する効率的な方法がないからです。逆に言えば、患者さんが主治医のもとに戻ったときには、手術の記録がないため、手術の詳細を説明する必要があります。これは、患者さんが検証可能な自分の健康データを所有し、医師と病院の両方と効率的に健康データを共有できるようになれば解決します。

また、医療関係者のレジストリの非効率性の例として、人材に関わるものがあります。パンデミック時のある病院では、疫学者がどうしても必要でした。しかし、現在のプロセスでは、資格を持った専門家の採用と導入に時間がかかりすぎています。この問題は、人材の不足やスキルセットの不足が原因ではありません。しかし、地域、病院、開業医、さらには部署が異なるなど、身近なネットワークの外にいるプロフェッショナルを効率的に見つけることができません。

この問題もまた、異なる管轄区域でサイロ化されたデータベースが相互に通信できず、医療専門家の正しい資格や免許を確認するのに時間がかかることに起因しています。グラスビーズ・コンサルティングでは、これを「タレントマネジメントのパラドックス」と呼んでいます。すべての専門家が検証可能で信頼できる専門情報を持っていれば、このタレントマネジメントのパラドックスを解消し、必要な人材をより早く、より効率的に確保することができます。

今回のパンデミックでは、患者データの共有における非効率性を解消するために、より優れた技術の必要性が強調されました。そして次に、医療従事者の登録と採用をより迅速に行うことが求められました。これらの非効率性を解決できる技術の一つがブロックチェーンです。

ブロックチェーンの健康データへの活用

ブロックチェーンは、多くの異なる当事者がアクセスできる分散型の不変のデータベースであり、単一の当事者によって制御されたり操作されたりすることはありません。ブロックチェーンに保存されている情報は、メタデータと呼ばれます。メタデータは、アイデンティティ、トランザクションの詳細、クレデンシャルなど、何でもあります。ブロックチェーンとメタデータを使えば、デジタルアイデンティティを作ることができます。

デジタルアイデンティティにより、患者や医療従事者は、健康記録やワクチンなど様々なソースのデータを証明書やライセンスに追加することができます。ブロックチェーンに保存されたデータはすべて暗号化され、デジタル署名されているため、安全性と信頼性が確保されています。医療提供者は、患者の医療情報へのアクセスを要求することができ、患者が同意すれば、医療記録が利用可能になります。

ここでは、ブロックチェーンが健康データ管理を改善できる最たる理由を紹介します。

  • ブロックチェーンでは、健康データとアイデンティティを所有者自身が所有・管理することができます。また、所有者が望めば、このデータを第三者と共有することもできます。
  • 医療機関や保険会社ではなく、ユーザーがデータの所有者であることから、ブロックチェーンは、ユーザーが自分のプライベートデータを臨床医や政府と共有することにインセンティブを与えるシステムを提供することができます。
  • このソリューションでは、医療従事者のスキルや人材の登録を分散して行い、資格のある人材を雇用したい企業がアクセスできるようにします。

さて、ブロックチェーンはデータの「流動性」を高めます。その流動性の高いデータがどれだけ安全なのかを見てみましょう。

ブロックチェーンの安全性について

ブロックチェーンベースのデジタルアイデンティティソリューションを健康データに使用する場合、健康データをよりアクセス可能で効率的にすることに加えて、安全でプライベートなものでなければなりません。ここでは、ブロックチェーンが安全である5つの方法を紹介します。

非中央集権的であること:ブロックチェーンが非中央集権的であることの利点は、単一のエンティティにコントロールされないことです。単一のエンティティは、個人情報を販売したり、個人がデータにアクセスするのを妨げたり、さらには許可なくアカウントを停止したりすることができます。

分散型であること:ブロックチェーンが非中央集権的であることの利点は、単一のエンティティに支配されないことです。単一のエンティティは、個人情報を販売したり、個人がデータにアクセスするのを妨げたり、さらにはアカウントを勝手に停止したりすることができます。

真正性の即時検証:認証情報は、ブロックチェーンを介してどこからでも即座に検証できるため、第三者による検証サービスの必要性がなくなります。

情報の安全な記録:取引に添付され、ブロックチェーン上で確認されたメタデータは不変です。これは、誰も変更や改ざんができないことを意味します。

タイムスタンプ:前回の診察日やワクチン接種日など、ある行動がいつ発生したかの詳細は、自動的にタイムスタンプが押され、変更や調整ができない。

ハッキングが困難であること:ブロックチェーンは分散型データベースなので、ハッカーはすべてのノードをハッキングして、同時に情報を変更する必要があります。カルダノのブロックチェーンをハックすることがいかに難しいかを例示すると、ハッカーは約600億米ドルのネットワークのリソースの51%をコントロールする必要があります。これまでに起こったことはないし、カルダノのネットワークが大きくなればなるほど、それは難しくなる。

(カルダノブロックチェーンのメタデータについて詳しく知りたい方は、こちらのスタートアップ記事16をご覧ください)

つまり、データはより流動的になり、データは少なくともブロックチェーン上では、サイロ化された独自のソリューションと同じくらい安全です。しかし、それは現在のプロセスと同じくらいプライベートなものなのでしょうか、それともプライバシーを向上させることができるのでしょうか。

デジタル・アイデンティティによるプライバシー

デジタル・アイデンティティは、擬似的に匿名にすることができます。つまり、身元を完全に明かすことなく情報を共有することができるのです。例えば、バーに入るときに運転免許証を見せることを考えてみてください。彼らが知る必要があるのは、あなたが入店できる年齢に達しているかどうかです。しかし、私たちは自宅の住所、体重、臓器提供者であるかどうかなどを伝えています。デジタルアイデンティティでは、ユーザーは必要な情報(この場合は年齢)だけを提供することを選択できます。

カルダノがお手伝いできること

患者の健康記録をチャネル間で共有することや、医療専門家のためのレジストリを持つことから、プライバシーを強化し、共有するデータをよりエレガントにすることまで。カルダノはソリューションを構築しています。

Atala PRISMは、カルダノブロックチェーン上に構築された分散型のデジタルアイデンティティソリューションです。PRISMを使用することで、ユーザーは自分自身のデジタルアイデンティティを作成することができます。患者の健康記録や予防接種から、専門家の資格や証明書まで。ブロックチェーン技術を活用することで、ユーザーは自分のデータを完全に管理することができますが、本人の同意があれば、さまざまなチャネルでデータを共有することができます。ユーザーは一貫した最新のプロファイルを構築できるため、政府や臨床医は、誰が予防接種を受けたか、どの資格を持っているかを知るための最適なデータセットを得ることができます。そのデータセットは、改ざんすることも、破壊することもできません。

では、実際にAtala PRISMがどのように役立つのかを見てみましょう。COVID-19の発生により、多くの人が集まる場所では、ワクチン接種の証明が必要になることがあります。カルダノのPRISMを使えば、スマートフォンを使うだけで予防接種を受けていることが確認できます。しかも、その情報はブロックチェーン上に保存されているので、安全で本物であることがわかります。先ほどの例で言えば、医師と病院の双方が、患者がワクチンを接種したことを同時に知ることができます。

PRISMを使えば、医療従事者のタレントマネジメントのパラドックスも解決できます。ブロックチェーンは、医療従事者のスキルや資格を分散して透明に登録することができます。人事部門からもアクセスでき、迅速な処理が可能になります。さらに、異なる地域間の調整をより効率的かつ透明性を持って合理化し、必要な場所に人を配置することができます。

検証の詳細については、こちらをご覧ください。Atala PRISMの詳細をご覧ください。カルダノで素晴らしいものを作ることに興味がありますか?docs.cardano.orgにあるリソースをチェックするか、Plutus pioneer programに参加してください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。