ニュース, ブログ, ...

新たな事実によると、エルサルバドルは独自のステーブルコインの立ち上げを検討しているようです。

エルサルバドルの大統領の兄弟は、新しい暗号通貨を設立するために海外の投資家と話し合っていると言われており、「コロン・ドル」と呼ばれるステーブルコインのリリースを検討しているという。この構想に参加している人々は、そのためにCardanoAlgorandWhizGridの関係者とさまざまな機会に会っているとecryptocurrencyは伝えています。

以下はecryptocurrency.coに掲載された記事「According to a new revelation, El Salvador is considering launching its own stablecoin.」を翻訳したものです。

新たな事実によると、エルサルバドルは独自のステーブルコインの立ち上げを検討しているようです。

By Alex James 2021年7月17日

エルサルバドルの大統領の兄弟は、新しい暗号通貨を設立するために海外の投資家と話し合っていると言われています。兄弟は、ビットコイン法のようなデジタル資産が年末に実施されることを示唆しました。

金曜日、ラテンアメリカのデジタル日刊紙であるEl Faroは、エルサルバドルが暗号通貨のリリースを検討していることを明らかにしました。記事によると、この構想を主導しているのは、エルサルバドル大統領ナイブ・ブケレの兄弟です。大統領の代理人とされるイブラジム・ブケレ氏とユセフ・ブケレ氏は、国際的なビジネスマンと会っているという。この暗号通貨は、「コロン・ドル」と呼ばれるステーブルコインです。

同国が提案しているビットコインの法定通貨としての受け入れについては、懸念が生じています。CNFによると、JPモルガンは、この決定の正当性を疑問視している複数の組織のひとつです。同投資銀行によると、ビットコインは流動性が低く、ビットコインの取引量が限られていることから、交換手段としては失敗する可能性が高いという。

それにもかかわらず、国は前進しており、9月には法律が発効する予定です。エルサルバドルは、元気で若々しく創意に富んだ大統領のおかげで、ビットコインの法定通貨を宣言した最初の国になります。この法律が9月に完全施行されると、すべてのエルサルバドル国民は、商品やサービスの提供に対する支払いとしてビットコインを受け入れることが法的に義務付けられます。

しかし、同大統領は、ビットコインを国家的な暗号通貨で補完することを目指している可能性が高いようです。同誌によると、この構想に参加している人々は、そのためにCardanoAlgorandWhizGridの関係者とさまざまな機会に会っているという。同誌は政府の広報担当者にも回答を求めたが、同氏はこの話を否定し、この提案は “破棄された “と主張した。

エルサルバドルは、暗号通貨を発行する2番目のラテンアメリカ政府になります。ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、2017年に同国固有のトークンである「ペトロ」を導入しました。この暗号通貨は、同国の鉱物と石油の埋蔵量に裏付けられたものである。さらに、米国の制裁を回避するための支援に活用することも意図していた。しかし残念ながら、この構想はガバナンスの弱さが原因でほとんど失敗に終わっている。

Weiss Cryptocurrency RatingsがPetro Whitepaperを調査したところ、石油や鉱物に基づいてPetroの価格を決定する仕組みがなく、その結果、この通貨は “価値のないトークン “という烙印を押されてしまいました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。