ニュース, ブログ, ...

カルダノ・アロンゾ・ハードフォーク:知っておくべきこと

カルダノにスマートコントラクトをもたらすアロンゾ・ハードフォークについて、知っておくべきことがとてもよくまとめてあります。Yahoo!Financeがこれを掲載しています。

以下はYahoo!Financeに掲載された記事「Cardano Alonzo Hard Fork: What You Need to Know」を翻訳したものです。

カルダノ・アロンゾ・ハードフォーク:知っておくべきこと

By Eli Tan and Myles Sherman 2021年8月23日(月)

カルダノのアロンゾ・アップデートにより、ネットワークがその完全な能力に大きく近づいた。

アロンゾ・ハードフォークは、カルダノネットワークの大規模なアップグレードで、待望のスマートコントラクト機能が実装されます。スマートコントラクトとは、あらかじめ定義された特定の条件が満たされたときに自動的に実行されるコンピュータコードのことです。アロンゾのアップデート後は、誰もがカルダノブロックチェーン上で独自のスマートコントラクトを作成・展開できるようになり、ネイティブな分散型アプリケーション(dapps)への道が開かれることになります。

このシステムアップデートは、第3四半期中に全面的に展開される予定で、シェリー時代のカルダノが終わり、ゴグエン時代が始まることを意味しています。アロンゾ・ハードフォークの終了日は決まっていませんが、ネットワーク全体の開発者はテストネットに励み、”エラ “という形で特定のマイルストーンを含む定義されたロードマップを守ってきました。

カルダノの各時代

カルダノの開発ロードマップは、大きく6つのステージ(エラ)に分かれており、それぞれがネットワークの機能拡張に焦点を当てています。

バイロン(Byron) – カルダノの基礎コードを設定。革命的なプログラマーであるAda Lovelaceにちなんで名付けられたADA通貨の交換や、杭の証明のコンセンサスアルゴリズムによるADAの採掘を可能にする。

シェリー(Shelley) – ユーザーが自分のノードをホストするためのインセンティブを設定することで、ネットワークの分散化に重点を置く。この時代の主な目標は、ノード(個々のコンピュータ)が、小規模で中央集権的なユーザーグループではなく、ネットワーク参加者の多様なグループによって運営されるようにすることです。

ゴウグエン(Goguen) – スマートコントラクト機能をネットワークに導入し、開発者がCardanoの上に分散型アプリケーションを作成できるようにする。

バショウ(Basho) – カルダノネットワークの基本的なパフォーマンスを向上させ、より多くのトランザクションを処理できるようにし、スケールアップする。この時代には、複数のブロックチェーンを使用してネットワークをスケーリングする手段であるサイドチェーンも導入されています。

ボルテール(Voltaire) – 自立したガバナンスのための投票システムと財務システムを追加します。ユーザーは自分の資金を賭けて、ネットワークの将来の発展に影響を与えることができます。

カルダノは現在、シェリーの時代の最終段階にあります。この開発段階では、ウロボロス(Ouroboros)と呼ばれる出資証明プロトコル、参加者に報酬を与えるインセンティブと委任のスキーム、ハードウォレットのサポート強化など、多くの新機能が追加された。

フルノード(カルダノのブロックチェーン全体をダウンロードするネットワーク参加者)を運営する人に報酬を提供することで、カルダノはネットワーク参加者にインセンティブを与え、カルダノネットワークの成長を促しています。

2020年7月29日のローンチ以来、シェリーは2つの主要なハードフォークを導入しました。アレグラ(Allegra)とメアリー(Mary)です。アレグラでは、オンチェーン投票(最終開発段階のボルテールで展開予定)に備えて、ユーザーがカルダノトークンをロックできる仕組みを導入しました。一方、メアリーは、カルダノのネイティブトークン(CNT)のトークンサポートを導入しました。このネイティブトークンは、イーサリアムのERCトークン規格に類似しており、ユーザーはNFT(ノンファンジブルトークン)を含む独自のトークンを作成し、カルダノのブロックチェーン上に展開することができます。

カルダノは、独自の「ハードフォークコンビネーター」(バイロンとシェリーなどの2つの異なるプロトコルを1つの台帳にまとめ、フェーズ間のスムーズな移行を実現するシステム)を用いて運営されています。ハードフォークについて、カルダノの開発者たちが問題視していたのは、ハードフォークが合意された後も、新しいバージョンに移行しないコミュニティがかなりの割合で存在することでした。それは、変更点に同意できないからかもしれませんし、単にアップグレードするのが面倒だからかもしれません。いずれにしても、コンビネーターを使えば、ノードは複数のバージョンを同時に動かすことができるので、移行はシームレスに行われ、アップデートもスムーズに行われます。基本的には、オプトインではなく、オプトアウトでアップデートが行われます。

アロンゾ(Alonzo)のステージ

アロンゾのハードフォークは、色分けされた3つの主要な段階に分かれています。

アロンゾ・ブルー

アロンゾ・ホワイト

アロンゾ・パープル

アロンゾ・パープル(Alonzo Purple)の後には、”アロンゾ・レッド(Alonzo Red) “と “アロンゾ・ブラック(Alonzo Black )”と呼ばれる2つの小さなフェーズがあります。それぞれのフェーズでは、テストネットにユーザーを追加し、修正が必要なバグを特定します。

アロンゾ・ブルー(Alonzo Blue)では、ステークプールオペレーター(SPO)を中心とした約50名の技術参加者とともに、スマートコントラクトを導入しました。この段階では、無効化エラーやその他の簡単な修正が見つかり、微調整が行われました。これらの標準的なバグは、アロンゾ(Alonzo)がテストを経るにつれて現れ、修正されることが予想されます。

アロンゾ・ホワイト(Alonzo White)は、アロンゾ・ブルー(Alonzo Blue)にさらなる機能と幅広い参加者を追加します。この実験は、元イーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏が率いるカルダノの開発会社であるIOGによって行われます。この実験は、IOG;元イーサリアム共同創業者のチャールズ・ホスキンソン氏が率いるカルダノの主要開発会社によって行われています。この実験は、2週間から4週間程度の期間で行われる予定です。

アロンゾ・パープル(Alonzo Purple)は、完全に公開されたテストネットとなり、何千人もの参加者をネットワークに乗せることになります。この段階は、”ライトパープル “と “ダークパープル “という2つの異なるフェーズに分かれています。ライトパープルではシンプルなスマートコントラクトが可能になり、ダークパープルではより複雑なスマートコントラクトが可能になります。

この段階では、ハードフォークの最終リリースに向けて、最終的なバグ修正やクリーニングを行います。ハードフォークに対する今後の調整は、この時点を過ぎると非常に困難になるため、この2つのフェーズを非常に慎重に検討することが重要です。

ステージングを行うことで、コードが凍結され、取引所がカルダノのハードフォークに向けて準備されるため、品質が保証されます。アロンゾ・メインネット(Alonzo Mainnet)は、最終的なコードを正式に立ち上げます。

ゴウグエン・エラ(Goguen Era)は、有名なコンピュータ科学者Joseph Goguen氏にちなんで名付けられたもので、アロンゾの新しいスマートコントラクト機能により、カルダノネットワーク上で初めてdappsの開発が可能となります。スマートコントラクトは、dappsが仲介者なしで運営できるようにするための重要な構成要素です。このフェーズでは、「The Plutus Platform」と呼ばれるスマートコントラクト構築プラットフォームのリリースが予定されており、技術者と非技術者の両方のユーザーがdappsを構築できるようになります。

Plutusとは?

Plutusは、カルダノのネイティブプログラミング言語であるHaskellを使用しています。PlutusとHaskellは、オフチェーンとオンチェーンの開発に同じコードベースを使用しています。これは、スマートコントラクトを開発する際に、プログラミング言語が複雑にならないように、コア部分ではコーディングが同一であることを意味しています。これにより、Plutusのコントラクトはさらにわかりやすくなり、テストも許可されるため、開発者は大規模な機関や政府のホスティングなど、より集中的な負荷に備えて製品を完成させることができます。

IOGのCEOに就任したホスキンソンは、Haskellが選ばれた理由について、ハイアシュアランスコード(コードが意図した通りに動作することをより確実にすることができるコード)であることを説明しています。

ブロックチェーン分野では、コードが開発者の意図と完全に一致しないことが多く、その結果、数百万ドルが盗まれたり、Solidityのスマートコントラクトが完全にフレーグアウトされていなかったときのように、アプリが故障したりすることがあります。その結果、DAO(Decentralized Autonomous Organization)プロジェクトは重大なハッキングを受けました。

Haskellでは、複雑ではあるものの、正確に設計された言語であるため、意図とコードをより一致させることができます。

Plutus Core

そしてPlutus Coreは、スマートコントラクトをカルダノの最終決済層であるカルダノ・ブロックチェーンに接続するためのプログラミング言語である。開発者がPlutusでコードを作成すると、それがPlutus Coreにコンパイルされ、カルダノ・ブロックチェーン用にコードが簡略化されます。この方法により、カルダノはデータをより適切に処理することができ、実際のブロックチェーン上でのディスクスペースを少なくすることができます。

あまり技術的なことに詳しくない愛好家のためには、高度なプログラミング能力を必要とせずに、あらゆるユーザーが独自のスマートコントラクトを作成してテストすることができる、新しいドメイン固有言語(DSL)であるMarloweがあります。Marloweは、HaskellとPlutusの上に構築されていますが、スマートコントラクトを作成するためのビルディングブロックと考えることができます。

スマートコントラクトの作成が容易になり、カルダノの開発が進むことで、潜在的なプロジェクトが構築されることが想像できます。イーサリアム(Ethereum)を見てみると、Uniswap、Aaveなど、カルダノネットワーク上で再展開、再々展開、さらには改良が可能なプロジェクトが何百もあります。より速い取引速度を必要とするプロジェクトは、カルダノの低い取引コストから大きな恩恵を受けることができます。すでに、Synthesis、Miniswap、Stasis、CardWalletなど、65以上のプロジェクトがアロンゾと共にリリースされることが約束されています。

より簡単なdapp構築が登場すれば、それに伴ってプロジェクトも増えるでしょう。ホスキンソンは、アフリカ・ビジョンのビデオの中で、これらのプロジェクトが最終的には現実世界の多くの金融機関と競合し、それらをより公平なシステムに置き換え、必要としている人々に経済的自由を与えることを目指していると述べています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。