ニュース, ブログ, ...

なぜ皆がカルダノを話題にしているのか?

CoinMarketCapによると、現在の価格2.82ドルで、カルダノの時価総額は906億ドル(10兆円)に達しており、その価格は、過去24時間で約11.3%上昇しています。また、その年初来の上昇率は、現在1,444パーセントで、ビットコインやイーサリアムをはるかに上回っているとmoneycontrol.が伝えています。

以下はmoneycontrol.comに掲載された記事「Why is everyone talking about Cardano?」を翻訳したものです。

なぜ皆がカルダノを話題にしているのか?

CoinMarketCapによると、現在の価格2.82ドルで、カルダノの時価総額は906億ドルに達しています。その価格は、この24時間で約11.3%上昇しています。

By Smriti Chaudhary august 23, 2021

あまり知られていない暗号通貨であったカルダノ(ADA)は、その価格が急上昇してBinanceのネイティブトークンを上回る史上最高値を記録したことで、市場評価の通り、第3位に躍り出た。

CoinMarketCapによると、現在の価格2.82ドルで、カルダノの時価総額は906億ドルに達しています。その価格は、過去24時間で約11.3%上昇しています。また、その年初来の上昇率は、現在1,444パーセントで、ビットコインやイーサリアムをはるかに上回っています。

暗号通貨市場は、過去2週間で時価総額が2兆ドルを超えて急上昇しています。ビットコインとイーサリアムは、5月中旬に急落した後、リードしています。一方、新しいアルトコインも価格競争で上昇しています。

カルダノは、プルーフオブステークのブロックチェーンで、イーサリアムやソラナの直接のライバルと考えられています。その最近の価格高騰は、先日発表された次期「アロンゾ(Alonzo)」アップグレードの後に起こりました。

9月に開始されるこのアップデートは、ブロックチェーンにスマートコントラクトを導入することが期待されています。開発チームはツイッターで、「8月末から9月初旬を目標にしている#Cardanoメインネットでの#smartcontractsの展開が大きく前進した重要な瞬間です」と述べ、テストネットも開始したことを明らかにしました。

「世界で最も厳しい上場基準」の一つとされる日本での上場が認可されたことで、カルダノの強気の流れが後押しされた。上場日は2021年8月25日の予定です。この上場により、日本の取引所で取引されているビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどのエリートコインの中にカルダノが入ることになります。

カルダノの「グリーンコイン」としての評判は、環境に優しく持続可能なデジタル資産に関わりたいと考える暗号通貨愛好家を惹きつけています。 これにより、エネルギー消費の効率が悪いとされるビットコインやイーサリアムよりも優位に立つことができます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。