ニュース, ブログ, ...

ホスキンソン氏は、特に「カルダノ国家」を望んでいます

2021年09月3日のクリプトYouTuberのbig peyによるジェームズ・オコナー(James O’Connor)氏のインタビューの中で、今後アフリカでカルダノの技術力を紹介していく計画(7~8カ国)を明らかにするとし、”多くの国家が我々のシステムを利用したいと考えており、すべてのインフラが単一の国でカルダノ上に構築されたカルダノ国家を目指していると述べています。これをAmbcryptoが伝えています。

関連記事:「カルダノ、エチオピアとの契約後、アフリカ大陸全体で技術を紹介する計画

John O’Connor on Cardano Nation State Adoption, and the 5 year plan in Africa | The Cardano Aura #17

以下はAmbcrypto.comに掲載された記事「Hoskinson wants a ‘Cardano nation’ among other things」を翻訳したものです。

ホスキンソン氏は、特に「カルダノ国家」を望んでいます

By Anjali Jain September 12, 2021

アフリカは、大陸の国々が経済的困難や通貨の切り下げに苦しんでいることから、最近、暗号通貨を受け入れていることがよく評価されています。ナイジェリア、ケニア、ガーナ、トーゴなどの国が、暗号通貨の導入国のトップです。暗号通貨は、国際的な商取引や、伝統的な銀行システムが存在しない場合の価値の保存手段として利用されています。

興味深いことに、大陸ではブロックチェーンが個人の金融目的以外にも利用されています。公共支出やガバナンス、電力取引、土地登記などのユースケースがあります。また、医療における透明性の確保や、データや物質の迅速な供給にも利用されています。

カルダノネットワークの開発チームであるIOHKは、4月にエチオピアで国民IDブロックチェーンシステムを構築する計画を発表しました。IOHKとエチオピア政府のパートナーシップは、東アフリカの国でブロックチェーンベースの普遍的な学生証システムを構築することを目的としています。

今年後半に開始される予定で、3,500の学校で500万人の学生を対象に、カルダノブロックチェーンベースのIDを最初に導入することになります。これにより、学生の記録を作成し、学業成績を追跡するというものです。

多くの人が、これは世界のためのブロックチェーン活用に向けた革命的な一歩だと評価していますが、IOHKはここで終わるつもりはないようです。IOHKのアフリカ事業の責任者であるジェームズ・オコナー(James O’Connor)氏は、最近のポッドキャストで、今後アフリカでカルダノの技術力を紹介していく計画を明らかにしました。

彼は、チームがすでにアフリカのいくつかの国と交渉していることを明らかにしました。ホスキンソン氏は、IDソリューションにも興味を持っている複数の国の政府関係者や大統領に会う予定です。他にも、CBDCや、送金・マイクロファイナンスの機会にも興味を持っているという。IOHKは、”ブロックチェーンが国民国家のためにできることのツールボックスをまとめたい “と考えています。

将来の計画について聞かれた幹部は、IOHKは世界中の未来の開発者にトーチを渡し、カルダノを変換してスケーラビリティを高め、世界の銀行口座を持たない人々を支援したいと述べました。そして、こう続けました。

私たちは、高い目標を掲げています。また、多くの国家が我々のシステムを利用したいと考えています。すべてのインフラが単一の国でカルダノ上に構築されたカルダノ国家を目指しています。

突拍子もない話に聞こえるかもしれませんが、アフリカは新技術の導入に関しては大きな可能性を秘めていることで知られており、ブロックチェーンも例外ではありません。ビットコインのような暗号通貨は、送金の支払いや貯蓄の保管に日常的に使われています。さらに、ブロックチェーンを活用した金融技術のオプションも、アフリカ大陸中の機関で積極的に開発・活用されています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。