ニュース, ブログ, ...

カルダノ、エチオピアとの契約後、アフリカ大陸全体で技術を紹介する計画

2021年09月3日のクリプトYouTuberのbig peyとのインタビューの中で、IOHKのアフリカ運営ディレクターのJames O’Connor氏は、カルダノ(ADA)と、エチオピアでのデジタルIDインフラに関する計画について語り、さらにアフリカの大陸の7~8カ国でブロックチェーン技術を紹介する計画があると伝えています。

10月にチャールズ・ホスキンソン氏とロードショーを行い、そしてIAチームの他の数名が、現在のところ7〜8カ国を回る予定とのこと。

John O’Connor on Cardano Nation State Adoption, and the 5 year plan in Africa | The Cardano Aura #17

以下はDaily Hodlに計さされた記事「Cardano Plans To Showcase Tech Across African Continent After Ethiopia Deal」を翻訳したものです。

カルダノ、エチオピアとの契約後、アフリカ大陸全体で技術を紹介する計画

Daily Hodl Staff September 4, 2021

Input Output(IOHK)のアフリカ事業ディレクターが、エチオピアをはじめとする大陸の国々でカルダノの技術力を紹介する計画を発表しました。

クリプト(暗号)YouTuberのbig pey氏とのインタビューの中で、IOHKのアフリカ運営ディレクターのJames O’Connor氏は、カルダノ(ADA)と、エチオピアでのデジタルIDインフラに関するグループの計画を強調しています。

4月に同国政府との大規模な契約を獲得したカルダノADAは、エチオピアの教育産業を立ち上げ、デジタル化を支援する予定です。

また、他の国での導入が進むかどうかについて質問されたO’Connor氏は、アフリカのさらに7~8カ国でブロックチェーン技術を紹介する計画があると答えています。

10月にロードショーを行います。チャールズと私、そしてIAチームの他の数名が、現在のところ7〜8カ国を回る予定です。私たちは、政府の高官や大統領などのトップレベルの人たちと会いますが、彼らは皆、私たちのIDソリューションに興味を持っています。

その中には、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に興味を持っている人もいます。また、送金やマイクロファイナンスに興味を持っている人もいます。このように、ブロックチェーンが国家にとってどのような役割を果たすのか、ツールボックスを用意しようとしているのです。

O’Connor氏は、5年後の計画として、IOHKがカルダノADAネットワークの規模を拡大し、銀行口座を持たない人々に金融サービスを提供するために、世界中の他の開発者にバトンタッチすることを期待しています。

そのためには、Input Outputからよりスケーラブルなものへとバトンタッチしていくことが必要になります。アタラプリズムのユーザー数を1億人にしたい。私たちのシステムを使っている国家の数を増やしたいのです。一つの国ですべてのインフラがカルダノで構築されたカルダノ国家を目指しています。

しかし、これは私たちだけでは実現できません……規模を拡大したいのであれば、より広範なコミュニティとの関わりを始めなければなりません。私たちの技術を活用して、私たちのミッションである10億人の銀行口座を持たない人々に貢献できるようなパートナーや開発者などのエコシステムを各国に構築することが必要なのです。

本稿執筆時点で、カルダノは3ドル弱で推移しており、CoinGeckoによると、現在2.95ドルで取引されています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。