ニュース, ブログ, ...

Hydraインサイド:カルダノ(ADA)の野心的なレイヤー2スケーラビリティソリューション

Cryptoslateは記事で、スケーラビリティは、現在の暗号業界が直面している最大の問題の1つとなっており、”この問題に対する完璧な解決策としてレイヤー2ネットワークが登場したものの、そのほとんどがブロックチェーンを補完するものではなく、ダメージコントロールの方法として設計されている”と述べています。

そして、カルダノの親会社であるIOHKは、ブロックチェーンの容量を拡大するために、ブロックチェーンと一緒にレイヤー2のスケーリングソリューションを設計するという、異なるアプローチをとったと伝えています。

以下はCryptoslate.comに掲載された記事「Inside Hydra: Cardano’s (ADA) ambitious layer-2 scalability solution」を翻訳したものです。

Hydraインサイド:カルダノ(ADA)の野心的なレイヤー2スケーラビリティソリューション

カルダノとともに開発されたHydraは、ネットワークの使用量や普及率の増加に伴って発生する可能性のあるスケーラビリティ問題を防ぐために設計されました。

By Andjela radmilac – September 26, 2021 at 3:00 am utc

スケーラビリティは、現在の暗号業界が直面している最大の問題の1つです。業界がかつてないほどの成長を遂げたことで、DeFiを利用することは時間とコストがかかり、リスクも高いため、ユーザーはより集中的なプラットフォームへと移行しています。

そして、この問題に対する完璧な解決策としてレイヤー2ネットワークが登場したものの、そのほとんどがブロックチェーンを補完するものではなく、ダメージコントロールの方法として設計されています。

カルダノのレイヤー2のスケーラビリティソリューションは、問題が発生する前に構築されていた

しかし、カルダノ(ADA)の場合はそうではない。カルダノの親会社であるIOHKは、ブロックチェーンの容量を拡大するために、ブロックチェーンと一緒にレイヤー2のスケーリングソリューションを設計するという、異なるアプローチをとった。

Hydraと呼ばれるそのネイティブスケーラビリティソリューションは、ブロックチェーンネットワークが高スループットに対処する際に直面する最大の問題に対処するために設計されました。まず、ネットワークは、ユーザーを満足させるために料金を低く設定することと、潜在的なサービス拒否(DoS)攻撃を抑止するために料金を高く設定することのバランスを取る必要があります。また、利用者の増加に伴ってトランザクション履歴のログが増えても、ネットワークがストレージの問題に直面しないようにする必要があります。

Hydraは、これらの問題を解決するために、ネットワークに効率的なトランザクション処理方法を提供します。Hydraは、ほとんどの取引をオフチェーンで処理し、メインチェーンの台帳を安全な決済層として使用します。

Hydraはメインチェーンと疎結合になっているため、”isomorphic state channels “という概念が導入されています。このチャンネルは、オフチェーン台帳の兄弟がお互いに接続されているだけで、メインチェーンにも接続されています。

これらのチェーンはヘッドと呼ばれ、簡単に作成することができ、ネイティブアセット、NFT、Plutusスクリプティングを提供します。

IOHKの最近のブログ記事によると、Hydra Headプロトコルは現在広範囲に渡ってテストされており、近いうちに開発者が実世界のアプリケーションを構築するための強固で安定した基盤になるとのことです。

今後6~12ヶ月の間に、IOHKは複数のHydra Headを相互に接続する方法を導入し、スケーリングソリューションの範囲を拡大していく予定です。

IOHKは、「Hydraは、ユーザーの摩擦を最小限に抑えながらメインチェーンの機能を再現していますが、レイヤー2では異なる料金・コスト構造やタイミングの制約があるという柔軟性を持っています」と説明しています。

成功するエコシステムは、すべてのユーザーのニーズのバランスをとっています。私たちは、このエコシステムが、個人消費者、企業、専門家、そして増え続けるDAppsとその開発者のニーズに応えるものでありたいと考えています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。